>   >   > 

BBクリームとファンデーションの違いって何?

BBクリームとリキッドファンデーション。もともとは、BBクリームは色々な機能がひとつになったもの、リキッドファンデーションは文字通り液体のファンデーションで、カバー力がある・・・というものですが、最近その違いが曖昧になっているような気がしませんか?

ベースメイク

BBクリーム・ファンデーション、メーカーが呼び方を選んでいる

BBクリームは、ファンデーションの他に美容液や日焼け止め、コンシーラーなどの機能を兼ね備えている多機能なもので、リキッドファンデーションは毛穴やシミなどの肌トラブルをカバーしたり、色補正機能に特化している・・・というのがたてまえですが、実際はリキッドファンデーションでもスキンケアファンデーションなど別の名前でBBクリームと同様の美容成分が入っていたり、その境目が曖昧になってきています。 実は、メーカーが呼び方を選んでいるだけで、両者はあまり差がなくなってきているのです。

違いがないなら、入っている成分で選ぼう

BBクリームのいいところは、美容成分が多く、これ一本で美容液・クリームなどの機能がひとつになっていること。さらに、乾燥肌やゆるみが気になりだした肌に使用するには、保湿成分やエイジングケアができる成分が入っているものを選ぶのがベストです。

たとえば、肌の生まれ変わりをサポートするエイジングケア成分EGF。ターンオーバーが乱れがちな30代以上の方にとてもおすすめの美容成分です。BBクリームの美容成分としても入っていると嬉しいですよね。

保湿成分としては、コラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸などが良く知られています。
コラーゲンは、タンパク質の一種で、細胞と細胞をつなげるバネのような役目をしているため、肌のハリや弾力に大きく関わっています。ヒアルロン酸は肌の中で水分を保つ役目をしています。年齢と共にコラーゲン・ヒアルロン酸の生成能力は衰えていき、肌にたるみやしわができ、潤いがなくなってしまいます。セラミドは、潤いを貯え、肌を外部刺激から守る角層のバリア機能をキープするために不可欠な肌の必須成分。セラミドが不足すると、角層のバリア機能が低下し、肌が敏感な状態になり、潤いもなくなってしまいます。

BBクリーム

ドクターシーラボのBBクリームは、EGFに加え、3大保湿成分として人気の高いコラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドを配合。しっとりなめらかな肌に仕上がります。
BBクリームは大きく分けて5種類あり、通常の美容成分のもの(3色)から、ハリ・弾力ケアのBBクリーム、ブライトニングBBクリーム、キラキラ輝くBBクリーム、SPF50の夏用BBクリームと用途に応じて選ぶことが可能です。

BBクリームは伸びや肌なじみ、ヨレないかも大事

BBクリームは美容成分や天然の色を重視しているため、色数は多くないのが特徴です。肌になじむか…がとても重要なポイント。そんな方は動画をぜひご覧ください。さまざまな肌の色のドクターシーラボ社員がBBクリームを塗って検証しました。

自分の肌に合うかどうか心配・・・という人もいるかもしれません。そういう人は、サンプルを使って試してはいかがでしょう?送料も無料なので気軽にお試しできます。

エンリッチリフトセット
⇒現在お届けできる無料サンプル一覧(送料も無料!

ファンデーションよりカバー力が弱いのがBBクリームの弱点として挙げられますが、実際にいつものメイクに使ってみると、美容成分や油分が多いので、伸びや肌なじみが良く重ねて塗っても厚塗りになりませんので、納得のカバー力を発揮できるかも。朝つけてみて、夕方までヨレないかどうかというのもチェックするポイントです。

BBクリームとファンデーションの違いって何?の関連ページ


“ドクターシーラボ激安”ニセモノに注意
初めての方限定無料サンプル

お客様からのよろこびの声

高級感がある

08.10

朝晩洗顔後、一番にたっぷりとつけています。2週間たちましたが、あきらかに透明感が出てきました。部分的に濃いしみが、少しずつですが薄くなってきたと感じます。しっとりします。ビタミンCシリーズと一緒に使用しています。

(あいみん)

BBクリームとファンデーションの違いって何? ページトップへ