>   >   > 

化粧水と乳液はどっちを先につけるのが正解?順番には理由があります

  • Check

今あなたが使っている基礎化粧品、どんな順番でつけていますか? 洗顔後に真っ先につけるのは化粧水? それとも乳液? 「化粧水が先に決まってるでしょ!」という人も、「乳液を先につけるようになってから肌の調子がいいみたい♪」という人も、一度きちんとお勉強してみませんか? それぞれに理論と理由があり、順番に意味があることがわかりますよ。今さら人に聞けないスキンケアの基本中の基本、スキンケアアイテムをつける順番についてレクチャーします。

化粧水 乳液 順番

スキンケアはどの順番が正解? 一般的なセオリーはこれです!

洗顔後のスキンケアアイテムには、化粧水や乳液、美容液などさまざまな種類があります。人によって使っているアイテムは異なると思いますが、まずは基本の流れを説明します。

洗顔後、どの順番でスキンケアのアイテムを使うのがいいのでしょうか?
一般的なセオリーでは、下記の順番で使うことが基本とされています。

  1. 化粧水
  2. 美容液
  3. 乳液
  4. クリーム

“一般的”としているのは、例外もあるからです。これはあとから説明するので、まずはこの順番で使うことを覚えておいてください。

スキンケアアイテムの効果を引き出すために、順番を守ろう!

スキンケアに順番があるのは、それによってアイテムの効果が最大限に発揮されるからです。それぞれの基礎化粧品の役割と順番の意味について、詳しく解説します。

化粧水 乳液 順番

化粧水の役割

化粧品メーカーやブランドによって化粧水の位置づけは異なりますが、化粧水の主な役割は、肌に水分を与えることです。 洗顔によって汚れや皮脂を取り除いたお肌はとてもデリケートな状態なので、化粧水で保湿をしてあげましょう。

また、次につける美容液などの成分を導入しやすくするという側面もあります。 化粧水が角質層まで浸透することで水分が満たされ、ほかのスキンケアアイテムの浸透率を高めたり、有効成分を肌に行きわたらせたりする効果があります。

美容液の役割

美容液は、保湿や美白、シワ対策など、目的に合わせた集中的なケアをするためのプラスワンアイテムです。 保湿ならセラミド、美白ならビタミンCなど、それぞれの目的に合わせた有効成分を肌に与えることができます。
美容液はスペシャルケアとして、自分の肌状態やお悩みに合わせてプラスしましょう。

化粧水のあとに使うものが一般的ですが、メーカーによっては化粧水の前に使用するタイプもあります。導入美容液(ブースター)と呼ばれるもので、肌を整えてその後に使用する基礎化粧水の浸透力を高める効果が期待できます。パッケージや説明書の使用手順に沿って使うことが大切です。

乳液の役割

保湿の仕上げのアイテムで、油分と水分をバランスよく配合しているのが乳液です。美容液を使わないという人も、乳液やクリームなどの油分は欠かさないでくださいね。

洗顔後、化粧水や美容液をつけただけでは、肌表面からうるおいや有効成分が蒸発して失われてしまいます。そこで、乳液の油分で膜を作ってフタをすることで、肌の内側に水分や有効成分を閉じ込めるステップが大切になってきます。

クリームの役割

乳液よりも油分が多く含まれているので、固めのテクスチャーをしていますが、乳液と役割は同じで、油分と有効成分を補う役割があります。

乳液とクリームを両方使うか、片方だけ使うかは、メーカーの使用手順や季節によって、または個人の肌質によって使い分けてください。 たとえば、夏場やメイク前の朝のスキンケアはさっぱりした質感の乳液を、夜のスキンケアにはクリームを、乾燥がとくに気になる場合は乳液とクリームのダブル使いで仕上げるなど、好みと目的に合わせて使用しましょう。

それぞれの役割を理解すると、なぜこの順番でつけるのがいいのか、理解していただけたと思います。

油分を含む乳液やクリームを化粧水の前に使ってしまうと、肌に油分のフタができてしまうので、そのあとに化粧水を使用しても水分が浸透しません。使用する順番をきちんと守らないと、効果が得られないことはもちろん、ニキビなどの肌トラブルの原因になる場合もあります。

また単純に、化粧水などの軽いテクスチャーのものから、美容液、乳液、クリームと順にこっくりとした感触のものを使うことで、肌なじみがよく心地よいという理由もありますね。

例外もアリ! 乳液→化粧水の順につけてもOKのスキンケアって!?

化粧水 乳液 順番

一般的な正しいスキンケアは、先に説明した通りですが、例外もあります。
あなたも聞いたことがありませんか? 「洗顔後、乳液を最初につけるようになってから、肌がもっちり柔らかくなったの!」と喜んでいる人の声を……。
この話を聞いて、化粧水と乳液、どっちを先につけていいのかわからなくなった人も多いのではないでしょうか。

しかしこれは、先に紹介した乳液とは目的も性質も全く異なるので注意が必要です。あくまでも、乳液先行型の化粧品に限って有効なスキンケアなので、手持ちの乳液で代用するのはやめてくださいね。

乳液先行型の美容法では、洗顔後に以下の手順でスキンケアを行います。

  1. 乳液
  2. 化粧水
  3. クリーム

ではなぜ、乳液を先につけることで、肌がうるおうのでしょうか。

先につけるタイプの乳液は、水分、油分、保湿成分が角層のうるおいと近いバランスで配合されており、 洗顔後すぐにつけることで肌をやわらかくし、次につける化粧水の浸透率を高める役割があります。

水分の蒸発を防ぐことを目的とした乳液とは役割が異なるので、自分の肌コンディションに合ったものを選ぶことが大切です。

シートマスクはどのタイミングでつけるのが正解?

スペシャルケアとして取り入れたいシートマスク。シートマスクは、スキンケアのどのタイミングで行っていますか?

シートマスクの主な成分は美容成分なので、立ち位置としては美容液と同じです。ですから、化粧水でうるおいを与えた肌に、シートパックをのせるのが効果的です。ただし、シートマスクの種類によっては、洗顔後すぐに使うタイプもあるので、説明書に従ってくださいね。

では、美容液も使いたい場合は、どちらが先でしょうか。
この場合は、美容液を塗布してからシートマスクをのせるのがよいでしょう。 シートマスクでパックすることにより、美容液の浸透力が高まりますよ。

注意したいのは、シートマスクをのせる時間です。効果がありそうだからと長時間肌にのせるのは、逆に肌が乾燥するなどトラブルの原因になりますよ。 パッケージに書かれている使用時間を守って使いましょう。

また、シートマスクをしたあとは、乳液やクリームなど油分で保湿することも忘れずに。

スキンケアは時短に限る! そんな人にはオールインワン化粧品がおすすめ!

時間をかけてゆっくりスキンケアを行うことが、気分のリセットになるという人にとっては、スキンケアの順番を守ったり、肌状態によってプラスワンアイテムしたり、自分の肌と向き合えるスキンケアの時間が癒しのひとときになるでしょう。

しかし、忙しくてスキンケアにかける時間があまりない、あれこれアイテムをつけるのが面倒という人もいますよね。でも、だからと言って何もしないのはNGですよ。 スキンケアに時間をかけるのが苦手な方には、化粧水や美容液、クリームなどのスキンケアが1ステップで終わる、オールインワンゲルがおすすめです。

洗顔後、どの順番でどのアイテムを使うか悩む必要もなく、オールインワンゲルを塗るだけでお手入れが完了しますよ。アンチエイジングや美白など、目的別にさまざまなタイプがあるので、自分の肌悩みに合わせたものを選ぶといいでしょう。

また、オールインワンゲルは、水分、油分、美容成分がバランスよく配合されているため、肌への摩擦を減らしてケアできるメリットもあります。もちろん、オールインワンゲルは、化粧水など他のスキンケアアイテムと組み合わせても効果は抜群! 他のアイテムと一緒に使う場合は、以下の順番でスキンケアを行いましょう。

  1. 化粧水
  2. 美容液
  3. オールインワンゲル
  4. クリーム

まとめ

順番に迷ってしまったときは、テクスチャーの軽いものから重いものの順に使えば間違いありません。テクスチャーが同じくらいの場合は、効かせたい成分が含まれているものから使用しましょう。正しい順番でスキンケアを行えば、最大限の効果が発揮されますよ。

  • Check

化粧水と乳液はどっちを先につけるのが正解?順番には理由がありますの関連ページ

化粧水と乳液はどっちを先につけるのが正解?順番には理由があります ページトップへ