New Brand LogoのアイコンNew Brand Logo

ドクターシーラボのはじまり

ドクターシーラボ商品写真

1999年、東京・恵比寿の皮膚科医であった城野親德が、レーザー施術後の患者様に向けた保湿ゲルを開発したことが、ドクターシーラボの始まりです。

その後、乾燥や肌あれ、ハリのなさなどさまざまな肌悩みに応えるスキンケア商品を開発。国内No.1ドクターズコスメブランドへと成長いたしました。

美しさへのあくなきこだわりを通じて、すべての人が見た目の美しさはもちろんのこと、内面からもいきいきと輝けるようなお手伝いを続けていくことが、私たちの願いです

  • TPCマーケティングリサーチ株式会社「2019年ドクターコスメの市場分析調査」企業別シェア・ブランド別シェア1位

新ブランドロゴに込めた想い

その願いを支えるのは、先進皮膚科学の研究。「Simple・Result・Science」という3つの大きな柱を念頭に置きながら、イノベーションを追い求めています。

Simple シンプル

肌が本来もつ美のポテンシャルをシンプルな方法で解き放つケア。

Result リザルト

あらゆる面から肌の健康と美のポテンシャルを極め、確実な結果を追求すること。

Science サイエンス

最先端の皮膚科学と、城野の現役皮膚科医としての知見に裏打ちされた、誰よりも先に行く、独自性にあふれた商品を開発すること。

ドクターシーラボ誕生から21年が経った2020年、この3つの柱をアイデンティティの中枢に置いた、新しいブランドロゴが完成いたしました。

ドクターシーラボ・クロスのロゴ

前面の3本の横線は、私たちが提案するホリスティックビューティを構成する3つのサービス「クリニック(医療による根本解決)・エステ(美容のプロによるスペシャルケア)・スキンケア(最も大切な毎日のスキンケア)」を示しています。そして、創業以来掲げているイノベーションの3つの柱「Simple・Result・Science」が背面の3本の縦線に象徴され、支えています。

この新しいロゴは、日本伝承の木工技法である“組子細工”にインスピレーションを得ています。洗練された組子細工は、釘を使わず幾何学模様を描くように組み合わせるため、正確な技術とセンスが必要です。それによって圧倒的な美しさを得られるのです。これは、私たちの肌に対するアプローチと似ています。

ひとりひとりの美しさを引き出すための、考え抜かれた職人技。ドクターシーラボは、組子の美を体現するブランドとして、これからも進化を続けて参ります。