>   >   > 

白髪は改善できる?早めのケアでの対策方法を紹介

  • Check

監修:シロノクリニック恵比寿院 大野 由実 医師

白髪ができるとショックを受ける方は多いのではないでしょうか。少しでも白髪を改善させたいですよね。必ず効果があるとは限りませんが白髪をケアする方法があるため、早めに始めることをおすすめします。白髪の改善方法と対策方法についてわかりやすく解説します。

白髪を改善する方法とは

一度、白髪になったら、そこからは白髪が生え続けるとは限りません。髪を色付けしているメラニン色素を分泌するメラノサイトのトラブルが白髪の原因です。そのためメラノサイトを活性化させる栄養を摂ることが大切です。またメラノサイトに十分な栄養と酸素が送り込まれるように血流を促すことも必要といえるでしょう。それではメラノサイトを活性化させる方法をご紹介します。

サプリメント

メラノサイトの活性化に役立つ栄養を摂ることが大切ですが、なかなか栄養に気を使えない方もいるでしょう。おすすめは白髪の改善に役立つ栄養を含むサプリメントを摂ることです。手軽に飲めて様々な栄養を補えます。

漢方薬

漢方では、人のからだが気・血・水の3つで成り立っていると考え、それぞれの要素の状態から症状の原因を突き止めます。十分に血液が行き渡っていない血虚(けっきょ)という状態になると、白髪ができやすくなると考えられています。

そのため血虚を改善する漢方薬が白髪の改善に役立つとされているのです。どのような漢方薬を使うかは、その人の体質で異なります。まずは漢方を処方できる医療機関を受診してみてはいかがでしょうか。

白髪に特効薬はありません。そのため薬で改善させることは現時点では不可能です。しかし今後研究が進むことで白髪の特効薬が開発されるかもしれません。

頭皮マッサージ

メラノサイトに十分な血液を供給するために、頭皮マッサージをしましょう。基本的に両手の全ての指を使います。親指は固定して、残り4本の指で円を描くようにマッサージしましょう。爪を立てると頭皮を傷つけるため、指の腹で気持ちいいと感じる強さでマッサージすることが大切です。

白髪を改善するのに必要な栄養素を摂る

白髪の改善に役立つ栄養素は、アミノ酸のひとつ「チロシナーゼ」です。チロシナーゼは、メラニン色素を作るために必要な酵素とされています。チロシナーゼは、大豆やアーモンドなどに多く含まれています。またチロシナーゼをサポートしたり、メラノサイトを活発にしたりする次の栄養素を摂りましょう。

・銅
チロシナーゼの働きを活発にするミネラルです。銅は人の体内で合成できないため、大豆製品やにんにく、ごぼう、モロヘイヤなどの食品から摂る必要があります。

・チロシン
メラニン色素の生成を促す栄養素です。チーズやバナナ、かつお、アーモンド、大豆などに多く含まれています。

・ヨード
メラノサイトを活発にする栄養素です。昆布やヒジキ、イワシ、ブリなどに多く含まれています。

・カルシウム
メラノサイトを活発にするミネラルです。海藻類やナッツ類、小魚、乳製品などに多く含まれています。

早めのケアで白髪は改善できる?

適切なケアによって白髪の悪化を抑え、しっかり着色した髪が生えるようになる可能性があります。また頻繁なカラーやパーマは、薬液に含まれる過酸化水素の影響で白髪になるという説もあるため避けた方がいいでしょう。

カラーやパーマを控えつつ、次のようにケアすることが大切です。

紫外線から頭皮を守る

紫外線が頭皮にダメージを与え、メラノサイトに悪影響を与えるという説があります。しかし、よほど髪が薄く直接強い紫外線が頭皮に降り注がない限りは、基本的にメラノサイトに問題が起こることはないともいわれています。

頭皮を紫外線から守っても、白髪のリスクを大きく減らせるとは考えにくいでしょう。しかしながら紫外線は白髪以外の頭皮トラブルの原因になるため、ヘアー用の日焼け止めスプレーなどを使うことも大切といえます。

血行促進マッサージをする

メラノサイトへの栄養の供給を促すために、血行促進マッサージを習慣づけましょう。頭皮だけではなく、全身をマッサージして血液の循環を整えることが大切です。定期的にマッサージに通うなど、血行を悪くしないよう注意しましょう。

いつから白髪対策をはじめるべき?

白髪対策は、いつから始めればいいのでしょうか。白髪は何歳頃から生え始めるのか、どの程度の白髪になってから対策すればいいのか、詳しくみていきましょう。

白髪が生え始めるのは平均で何歳くらい?

白髪は遺伝的な要因やストレスが関係しているため、白髪が生える時期には個人差があります。一般的に20代後半から30代にかけて白髪が生える方が多いとされています。また、この年齢になると、ある程度の地位に就いて責任ある仕事を任され、日常的なストレスを受ける方が多くなります。その結果、白髪が生え始めるという背景もあるのです。

どのくらいの白髪で対策をすべき?

白髪対策は、白髪を隠したいと思ったときに始めましょう。白髪が気になることでストレスが溜まり、白髪が増える可能性があります。白髪が少ないうちは、ヘアカラーで対策しましょう。またヘアマスカラを塗ることで、白髪を他の髪となじませることもできます。その際には、髪と頭皮に優しい植物由来のものを選びましょう。

さらにヘアアレンジで白髪を隠すこともできます。白髪の位置を確認して、髪になじませるように工夫しましょう。難しい場合は、美容師に相談することをおすすめします。

まとめ

一度白くなった髪を元に戻すことは困難です。しかし、メラノサイトを活発にする栄養を摂ったり、栄養と酸素の供給を促したりすることで白髪の増加を防げる可能性があります。またストレスも白髪と関係しているといわれているため、できるだけストレスを溜めないようにしましょう。白髪が気になってストレスが溜まらないように、早めに対策を始めることが大切です。白髪を正しくケアして、少しでも改善させましょう。

監修:シロノクリニック恵比寿院 大野 由実 医師

白髪ができるとショックを受ける方は多いのではないでしょうか。少しでも白髪を改善させたいですよね。必ず効果があるとは限りませんが白髪をケアする方法があるため、早めに始めることをおすすめします。白髪の改善方法と対策方法についてわかりやすく解説します。

白髪を改善する方法とは

一度、白髪になったら、そこからは白髪が生え続けるとは限りません。髪を色付けしているメラニン色素を分泌するメラノサイトのトラブルが白髪の原因です。そのためメラノサイトを活性化させる栄養を摂ることが大切です。またメラノサイトに十分な栄養と酸素が送り込まれるように血流を促すことも必要といえるでしょう。それではメラノサイトを活性化させる方法をご紹介します。

サプリメント

メラノサイトの活性化に役立つ栄養を摂ることが大切ですが、なかなか栄養に気を使えない方もいるでしょう。おすすめは白髪の改善に役立つ栄養を含むサプリメントを摂ることです。手軽に飲めて様々な栄養を補えます。

漢方薬

漢方では、人のからだが気・血・水の3つで成り立っていると考え、それぞれの要素の状態から症状の原因を突き止めます。十分に血液が行き渡っていない血虚(けっきょ)という状態になると、白髪ができやすくなると考えられています。

そのため血虚を改善する漢方薬が白髪の改善に役立つとされているのです。どのような漢方薬を使うかは、その人の体質で異なります。まずは漢方を処方できる医療機関を受診してみてはいかがでしょうか。

白髪に特効薬はありません。そのため薬で改善させることは現時点では不可能です。しかし今後研究が進むことで白髪の特効薬が開発されるかもしれません。

頭皮マッサージ

メラノサイトに十分な血液を供給するために、頭皮マッサージをしましょう。基本的に両手の全ての指を使います。親指は固定して、残り4本の指で円を描くようにマッサージしましょう。爪を立てると頭皮を傷つけるため、指の腹で気持ちいいと感じる強さでマッサージすることが大切です。

白髪を改善するのに必要な栄養素を摂る

白髪の改善に役立つ栄養素は、アミノ酸のひとつ「チロシナーゼ」です。チロシナーゼは、メラニン色素を作るために必要な酵素とされています。チロシナーゼは、大豆やアーモンドなどに多く含まれています。またチロシナーゼをサポートしたり、メラノサイトを活発にしたりする次の栄養素を摂りましょう。

・銅
チロシナーゼの働きを活発にするミネラルです。銅は人の体内で合成できないため、大豆製品やにんにく、ごぼう、モロヘイヤなどの食品から摂る必要があります。

・チロシン
メラニン色素の生成を促す栄養素です。チーズやバナナ、かつお、アーモンド、大豆などに多く含まれています。

・ヨード
メラノサイトを活発にする栄養素です。昆布やヒジキ、イワシ、ブリなどに多く含まれています。

・カルシウム
メラノサイトを活発にするミネラルです。海藻類やナッツ類、小魚、乳製品などに多く含まれています。

早めのケアで白髪は改善できる?

適切なケアによって白髪の悪化を抑え、しっかり着色した髪が生えるようになる可能性があります。また頻繁なカラーやパーマは、薬液に含まれる過酸化水素の影響で白髪になるという説もあるため避けた方がいいでしょう。

カラーやパーマを控えつつ、次のようにケアすることが大切です。

紫外線から頭皮を守る

紫外線が頭皮にダメージを与え、メラノサイトに悪影響を与えるという説があります。しかし、よほど髪が薄く直接強い紫外線が頭皮に降り注がない限りは、基本的にメラノサイトに問題が起こることはないともいわれています。

頭皮を紫外線から守っても、白髪のリスクを大きく減らせるとは考えにくいでしょう。しかしながら紫外線は白髪以外の頭皮トラブルの原因になるため、ヘアー用の日焼け止めスプレーなどを使うことも大切といえます。

血行促進マッサージをする

メラノサイトへの栄養の供給を促すために、血行促進マッサージを習慣づけましょう。頭皮だけではなく、全身をマッサージして血液の循環を整えることが大切です。定期的にマッサージに通うなど、血行を悪くしないよう注意しましょう。

いつから白髪対策をはじめるべき?

白髪対策は、いつから始めればいいのでしょうか。白髪は何歳頃から生え始めるのか、どの程度の白髪になってから対策すればいいのか、詳しくみていきましょう。

白髪が生え始めるのは平均で何歳くらい?

白髪は遺伝的な要因やストレスが関係しているため、白髪が生える時期には個人差があります。一般的に20代後半から30代にかけて白髪が生える方が多いとされています。また、この年齢になると、ある程度の地位に就いて責任ある仕事を任され、日常的なストレスを受ける方が多くなります。その結果、白髪が生え始めるという背景もあるのです。

どのくらいの白髪で対策をすべき?

白髪対策は、白髪を隠したいと思ったときに始めましょう。白髪が気になることでストレスが溜まり、白髪が増える可能性があります。白髪が少ないうちは、ヘアカラーで対策しましょう。またヘアマスカラを塗ることで、白髪を他の髪となじませることもできます。その際には、髪と頭皮に優しい植物由来のものを選びましょう。

さらにヘアアレンジで白髪を隠すこともできます。白髪の位置を確認して、髪になじませるように工夫しましょう。難しい場合は、美容師に相談することをおすすめします。

まとめ

一度白くなった髪を元に戻すことは困難です。しかし、メラノサイトを活発にする栄養を摂ったり、栄養と酸素の供給を促したりすることで白髪の増加を防げる可能性があります。またストレスも白髪と関係しているといわれているため、できるだけストレスを溜めないようにしましょう。白髪が気になってストレスが溜まらないように、早めに対策を始めることが大切です。白髪を正しくケアして、少しでも改善させましょう。

  • Check

白髪は改善できる?早めのケアでの対策方法を紹介の関連ページ

白髪は改善できる?早めのケアでの対策方法を紹介 ページトップへ