>   >   > 

リフトアップクリームで たるみは改善できる? 効果的な使い方とは

  • Check

監修:シロノクリニック銀座院 笠井 美貴子副院長

年齢を感じさせる肌のたるみは、少しでも解消させたいと考えている方は多いのではないでしょうか。たるみが気になる肌にはリフトアップクリームがいいと聞いたものの、本当に改善できるのか気になっている方もいるでしょう。リフトアップクリームでたるみは改善できるのか、使用のタイミングや効果的な使い方などについてみていきましょう。

リフトアップクリームとは

リフトアップクリームとは、肌にハリを与えて引き締めることを目的としたアイテムです。ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなど肌の弾力を保つために必要な成分が含まれているものが多くみられます。劇的な効果は期待できませんが、たるみケアとして継続的に使うことで、肌のハリの改善を実感できる可能性があります。

リフトアップクリームを使うタイミングとは

リフトアップクリームは、スペシャルケアとして使いましょう。寝る前や朝のスキンケア後などに使うことでハリをサポートしてくれます。油分が含まれていないリフトアップクリームも多いため、保湿ケアの代わりとしては使わない方がいいでしょう。

普段の保湿ケアは化粧水や美容液、乳液、クリームなどで行い、その後にリフトアップクリームをつけることをおすすめします。またリフトアップクリームの効果が含まれたオールインワンゲルもあるので、ケアの時間を短縮したい場合に選びましょう。

リフトアップクリームの選び方とは

様々なリフトアップクリームが販売されていますが、次のようなものを選ぶことをおすすめします。

・たるみに効く成分を配合
ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲン、レチノール、ビタミンC誘導体が含まれたリフトアップクリームを選びましょう。ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンは、肌の弾力を保つために必要です。レチノールはビタミンAのことで、皮膚の形成において重要な役割を果たしています。またヒアルロン酸を増やして肌の弾力を高めることが期待できます。

ビタミンC誘導体は、肌への浸透性が低いビタミンCから作られた成分で、肌に浸透してからビタミンCに変わります。ビタミンCはコラーゲンの材料となるため、たるみケアに欠かせない成分です。

・肌質にあっているもの
肌質にあわない化粧品を使うと、肌トラブルが起こる可能性があります。乾燥肌の方は、肌への負担が少ない低刺激のリフトアップクリームを選びましょう。脂性肌の方でも保湿は必要なので、たるみケアに欠かせない保湿成分が十分に含まれたものを選ぶことが大切。

・無理なく毎日続けれられるもの
リフトアップクリームは、すぐに効果を実感できるものではありません。約1~2ヶ月は続ける必要があるといわれているため、毎日続けやすいものを選びましょう。テクスチャーや香り、価格などを確認してから購入することをおすすめします。

リフトアップクリームの効果的な使い方

リフトアップクリームの効果を引き出すために、次のように使いましょう。

・洗顔後に使用する
洗顔後は肌についた汚れや古い角質が落ちている状態であるため、リフトアップクリームの成分が肌に浸透しやすくなっています。十分に効果を得るためにも、きれいな肌にリフトアップクリームを塗りましょう。

・クリームを手のひらで温めてから使う
化粧水と同じようにリフトアップクリームを手のひらで温めてから使うことで、肌への浸透を促すことができます。叩いてしまうと肌に刺激が及ぶため、優しくハンドプレスしましょう。

たるみを改善するには

たるみの改善方法を知るために、まずはたるみの原因からみていきましょう。たるみは次のような原因で起こります。

・肌の弾力を保つ成分の老化や減少
肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンが老化したり減少したりすることで、肌がたるみます。

・紫外線、ストレス、喫煙
紫外線やストレス、喫煙は体内で活性酸素を発生させ、コラーゲンやエラスチンの老化や減少を招きます。紫外線はUVケア、ストレスはメンタルケア、喫煙は禁煙などで対策しましょう。

・乾燥により肌のハリが失われる
肌が乾燥すると、ターンオーバーが乱れて古い角質が肌の表面に残りやすくなります。古い角質はバリア機能が低下しているため、乾燥や紫外線などの外部刺激の影響を受けやすくなるのです。その結果、乾燥や紫外線の影響でコラーゲンやエラスチンが減少し、肌がたるむようになります。

肌のたるみを改善するために、高保湿化粧品で肌にハリを与えることと、マッサージなどで表情筋を鍛えることが大切です。

・高保湿化粧品で肌にハリを与える
たるみを改善させるためには、高保湿化粧品で肌にハリを与える必要があります。失ったハリを取り戻し、新たなたるみを作らないことが大切です。様々な保湿成分が含まれたリフトアップクリームを継続的に使うことで、たるみの改善が期待できます。

・マッサージなどで衰えた表情筋を鍛える
表情筋は顔の表情を作るときに使う筋肉で、脂肪や皮膚を支えています。表情筋が衰えると脂肪や皮膚を支えきれなくなり、たるみを引き起こします。表情筋は顔の表情の変化が少ないことや、加齢などの原因で衰えるため、マッサージなどで鍛えることが大切。顔を少し横向きに倒し、倒した側の手でこめかみのあたりを押さえ、舌を反対側へ出しましょう。これだけで顔全体の表情筋をほぐすことができます。

まとめ

たるみは実年齢よりも老けて見える原因となるため、普段からリフトアップクリームなどで対策しておくことが大切です。様々なリフトアップクリームが販売されていますが、有効成分が含まれており長く続けやすいものを選ぶようにしましょう。たるみはコラーゲンやエラスチンの減少、ターンオーバーの乱れ、乾燥などによって引き起こされます。たるみの原因に対処しつつ、リフトアップクリームでケアを続けましょう。

監修:シロノクリニック銀座院 笠井 美貴子副院長

年齢を感じさせる肌のたるみは、少しでも解消させたいと考えている方は多いのではないでしょうか。たるみが気になる肌にはリフトアップクリームがいいと聞いたものの、本当に改善できるのか気になっている方もいるでしょう。リフトアップクリームでたるみは改善できるのか、使用のタイミングや効果的な使い方などについてみていきましょう。

リフトアップクリームとは

リフトアップクリームとは、肌にハリを与えて引き締めることを目的としたアイテムです。ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなど肌の弾力を保つために必要な成分が含まれているものが多くみられます。劇的な効果は期待できませんが、たるみケアとして継続的に使うことで、肌のハリの改善を実感できる可能性があります。

リフトアップクリームを使うタイミングとは

リフトアップクリームは、スペシャルケアとして使いましょう。寝る前や朝のスキンケア後などに使うことでハリをサポートしてくれます。油分が含まれていないリフトアップクリームも多いため、保湿ケアの代わりとしては使わない方がいいでしょう。

普段の保湿ケアは化粧水や美容液、乳液、クリームなどで行い、その後にリフトアップクリームをつけることをおすすめします。またリフトアップクリームの効果が含まれたオールインワンゲルもあるので、ケアの時間を短縮したい場合に選びましょう。

リフトアップクリームの選び方とは

様々なリフトアップクリームが販売されていますが、次のようなものを選ぶことをおすすめします。

・たるみに効く成分を配合
ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲン、レチノール、ビタミンC誘導体が含まれたリフトアップクリームを選びましょう。ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンは、肌の弾力を保つために必要です。レチノールはビタミンAのことで、皮膚の形成において重要な役割を果たしています。またヒアルロン酸を増やして肌の弾力を高めることが期待できます。

ビタミンC誘導体は、肌への浸透性が低いビタミンCから作られた成分で、肌に浸透してからビタミンCに変わります。ビタミンCはコラーゲンの材料となるため、たるみケアに欠かせない成分です。

・肌質にあっているもの
肌質にあわない化粧品を使うと、肌トラブルが起こる可能性があります。乾燥肌の方は、肌への負担が少ない低刺激のリフトアップクリームを選びましょう。脂性肌の方でも保湿は必要なので、たるみケアに欠かせない保湿成分が十分に含まれたものを選ぶことが大切。

・無理なく毎日続けれられるもの
リフトアップクリームは、すぐに効果を実感できるものではありません。約1~2ヶ月は続ける必要があるといわれているため、毎日続けやすいものを選びましょう。テクスチャーや香り、価格などを確認してから購入することをおすすめします。

リフトアップクリームの効果的な使い方

リフトアップクリームの効果を引き出すために、次のように使いましょう。

・洗顔後に使用する
洗顔後は肌についた汚れや古い角質が落ちている状態であるため、リフトアップクリームの成分が肌に浸透しやすくなっています。十分に効果を得るためにも、きれいな肌にリフトアップクリームを塗りましょう。

・クリームを手のひらで温めてから使う
化粧水と同じようにリフトアップクリームを手のひらで温めてから使うことで、肌への浸透を促すことができます。叩いてしまうと肌に刺激が及ぶため、優しくハンドプレスしましょう。

たるみを改善するには

たるみの改善方法を知るために、まずはたるみの原因からみていきましょう。たるみは次のような原因で起こります。

・肌の弾力を保つ成分の老化や減少
肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンが老化したり減少したりすることで、肌がたるみます。

・紫外線、ストレス、喫煙
紫外線やストレス、喫煙は体内で活性酸素を発生させ、コラーゲンやエラスチンの老化や減少を招きます。紫外線はUVケア、ストレスはメンタルケア、喫煙は禁煙などで対策しましょう。

・乾燥により肌のハリが失われる
肌が乾燥すると、ターンオーバーが乱れて古い角質が肌の表面に残りやすくなります。古い角質はバリア機能が低下しているため、乾燥や紫外線などの外部刺激の影響を受けやすくなるのです。その結果、乾燥や紫外線の影響でコラーゲンやエラスチンが減少し、肌がたるむようになります。

肌のたるみを改善するために、高保湿化粧品で肌にハリを与えることと、マッサージなどで表情筋を鍛えることが大切です。

・高保湿化粧品で肌にハリを与える
たるみを改善させるためには、高保湿化粧品で肌にハリを与える必要があります。失ったハリを取り戻し、新たなたるみを作らないことが大切です。様々な保湿成分が含まれたリフトアップクリームを継続的に使うことで、たるみの改善が期待できます。

・マッサージなどで衰えた表情筋を鍛える
表情筋は顔の表情を作るときに使う筋肉で、脂肪や皮膚を支えています。表情筋が衰えると脂肪や皮膚を支えきれなくなり、たるみを引き起こします。表情筋は顔の表情の変化が少ないことや、加齢などの原因で衰えるため、マッサージなどで鍛えることが大切。顔を少し横向きに倒し、倒した側の手でこめかみのあたりを押さえ、舌を反対側へ出しましょう。これだけで顔全体の表情筋をほぐすことができます。

まとめ

たるみは実年齢よりも老けて見える原因となるため、普段からリフトアップクリームなどで対策しておくことが大切です。様々なリフトアップクリームが販売されていますが、有効成分が含まれており長く続けやすいものを選ぶようにしましょう。たるみはコラーゲンやエラスチンの減少、ターンオーバーの乱れ、乾燥などによって引き起こされます。たるみの原因に対処しつつ、リフトアップクリームでケアを続けましょう。

  • Check

リフトアップクリームで たるみは改善できる? 効果的な使い方とはの関連ページ

リフトアップクリームで たるみは改善できる? 効果的な使い方とは ページトップへ