>   >   > 

どれを選ぶ?リフトアップが期待できる美顔器の種類と特徴

リフトアップする美顔器が欲しい!でも、世に出回る美顔器は数多く、種類やメリットがわからない…。そんな人は必読です!

40代女性

リフトアップに効果的な美顔器は?

顔のたるみをケアしたいのであれば、リフトアップの機能を持った商品を選ぶ必要があります。リフトアップが期待できる美顔器は下記の4種類。種類ごとに特徴を紹介します。

超音波美顔器

超音波美顔器は、私たちの耳では聞くことのできない18,000Hz(ヘルツ)以上の周波数の「音」の振動により、美肌効果をもたらす美顔器です。顔の汚れを取り除き、美容成分を受け入れやすい肌の状態にするクレンジング作用、老廃物の排出効果などによってむくみの改善が期待できるマッサージ効果、めぐりを向上する温熱作用の3つが期待でき、フェイスラインのたるみケアに効果的です。

●価格帯:1,000円以下の安価なものから、クリニックやエステの技術を応用した5万円以上のものまで

●選び方のポイント:細部までのケアができるものが良いでしょう。また導入などの機能がセットになっているものもあるので、得たい効果に合った機能をチェックしましょう。

●使い方:洗顔後、化粧水やゲルを塗布し、ゆっくりと滑らせるように美顔器をあてていきます。下から上へ、筋肉に沿って動かしましょう。肌の状態に合わせて、取り入れたい美容成分が配合されている化粧品を使用するとよいでしょう。

●注意点:油分が多いと振動が伝わりにくくなるため、洗顔後の清潔な肌でケアすることがポイント。また、おすすめの使用頻度は商品によって違うため、取扱説明書を確認しましょう。

EMS美顔器

EMS美顔器イメージ

EMS(Electrical Muscle Stimulation=エレクトリック・マッスル・スティミュレーション)という、直接筋肉に電気信号を与えるシステムを活用した美顔器です。筋肉は脳から電気信号が送られた指示により運動しますが、EMS美顔器を使うことで表情筋に働きかけて顔のたるみを解消し、リフトアップ効果が期待できます。

●価格帯:1万円~5万円以上

●選び方のポイント:リフトアップ効果を重視するなら、マッサージ力で選びましょう。ローラータイプのEMS美顔器などがおすすめです。また、人によって刺激の感じ方は異なるため、強弱の選択ができるものがよいでしょう。超音波やラジオ波など、美肌機能も付加されている商品なら、相乗効果で高いリフトアップ効果が期待できます。

●使い方:クレンジングの後、必ず専用のゲルを顔に塗ります。あご下から耳の下、あごから頬の横といったように、下から上へ美顔器をあてていきます。

●注意点:筋肉に直接刺激を与えるため、やりすぎは禁物です。取扱説明書に書かれている使用時間・頻度を守って使用しましょう。また、必ず専用のゲルを付けて使用するようにしましょう。

フェイスローラー

美顔ローラーとも呼ばれ、ローラーを顔の上で転がして表情筋のマッサージができたり、刺激を与えることで血行をよくしたりと、肌の活性化が期待できる美容機器です。スティックタイプのものもあり、ピンポイントで気になる顔のたるみにアプローチしてくれます。充電の必要がないので、どこでも手軽に行えるのが大きなメリットです。

●価格帯:100円均一で手に入る安価なものから、3万円前後まで

●選び方のポイント:形状のタイプは主に2種類。Y型のボールタイプとスティックタイプがあります。リフトアップや小顔を目指すなら、Y型のボールタイプ。リンパの流れも促してくれます。また、選ぶときは、使いやすい大きさ・重さであるかもチェックするとよいでしょう。スティックタイプは、美肌を目指す人向き。ローラー部分にプラチナなどの金属が埋め込まれており、発生したマイナスイオンが肌のイオンバランスを整えます。

●使い方: 下から上へ、中から外へが基本的な使い方です。リフトアップしたい場合は、上下に往復させず、下から上への動作を心掛けましょう。

●注意点:力強く転がしたり、ローラーを逆回転させたりしないようにしましょう。また、乾燥した肌に使うと、ローラーの刺激でシワやたるみを引きおこす可能性も。取扱説明書をチェックして、適度な使用頻度を守りましょう。

手袋タイプ

グローブタイプとも呼ばれ、EMSや、もともと人体に流れている微弱な電流・マイクロカレントによってケアを行うタイプのものが多い美顔器です。はめた手で顔を包みこみ、ゆっくりとマッサージすることで血行を促し、顔のたるみをケアします。

●価格帯:1万円前後が相場。機能性によっては3万円前後まで

●選び方のポイント:有線タイプのものとコードレスタイプのものがありますが、コードレスタイプの商品が使いやすい場合が多いです。また、顔だけではなくボディにも使え、お風呂で使う方もいます。ボディも気になる方は、防水タイプが便利です。

●使い方:手袋をはめて気になる部位に触れていきます。使う前に水で湿らせるタイプのものもありますので、取扱説明書をチェックしましょう。

●注意点:感電事故を防ぐため、絶縁用の手袋の装着が必要です。必ず取扱説明書をよく読んで、使用方法を守りましょう。

年代別!美顔器の選び方

皮脂の分泌が多い10~20代は、毛穴汚れをスッキリ除去してくれる超音波美顔器を選ぶとよいでしょう。小ジワが気になり始める30代は、保湿力をアップさせてくれる超音波美顔器がおすすめです。乾燥・シワ・たるみなど、さまざまな肌悩みが出始める40代以降の方は、EMS美顔器や、多機能な超音波美顔器を選ぶと満足度もアップします。

部位別!美顔器の選び方

超音波美顔器、EMS美顔器、フェイスローラーは、主に顔に使用します。二の腕やお腹、足などの体をリフトアップしたい方は、ボディ兼用のアイテムもあるので、商品購入の前にチェックするとよいでしょう。フェイスローラーや手袋タイプであれば、ボディ兼用にもしやすいのでおすすめです。

まとめ

家電量販店やインターネット通販などで購入できる美顔器も増えており、超音波美顔器やEMS美顔器、フェイスローラーなど、種類はさまざま。近年は1万円前後とお手軽価格のものも増えています。

どれを選ぶ?リフトアップが期待できる美顔器の種類と特徴の関連ページ

どれを選ぶ?リフトアップが期待できる美顔器の種類と特徴 ページトップへ