>   >   > 

マスクで肌荒れしてしまった!そんな時の対処法5つ

  • Check


花粉やウイルス対策に年中欠かせないサージカルマスク。そんな便利なマスクですが、マスク着用に因る肌荒れに悩む人も増えているようです。マスクによる肌トラブルの対処方法をまとめました。

マスク 肌荒れ

マスクの肌トラブル、ナゼ起こる?原因をまとめました

「マスクを使い始めた途端、肌荒れに悩むようになって…」というあなたは必見です。肌を花粉やほこりから保護してくれるマスクでなぜ肌トラブルが起こってしまうのか、原因をまとめてみました。

(1)摩擦

マスクを着用すると鼻からあご先まで覆われることになり、その部分の肌とマスクとの間に摩擦が発生します。肌にとって摩擦は刺激となるため、肌荒れが起きてしまいます。

(2)抗菌剤によるアレルギー

マスクに配合されている抗菌剤は細菌やカビを退治してくれます。一見わたしたちにとって良い作用をするもののように思えますが、逆に体内の免疫が刺激されてアレルギーの原因となってしまうケースもあります。

(3)ムレ・湿度・温度

マスクの中はいわば半密閉とでもいうべき状態にあります。呼吸で湿度と温度が上がり、常にムレが生じています。くしゃみや会話でマスク内に飛んだ唾液による雑菌がムレによって繁殖すると、にきびの発生・悪化などにつながってしまいます。

(4)ゴムの圧迫

マスクを外すとゴムの跡がくっきりついていた、という経験はありませんか?花粉やほこりの侵入を防ぐため、顔にフィットするように作られているマスクはゴムの圧迫力も強いものが多くなっています。ゴムによる締め付けの他、顔とゴムの間に髪の毛が挟まり、肌への刺激となっている場合もあります。

(5)素材

マスクの素材はガーゼと不織布が主になっています。洋服の素材でも化学繊維が苦手な人やウールのチクチク感が苦手な人がいるように、マスクの素材が合わないと肌荒れを引き起こしてしまう時があります。

マスクで肌荒れした時の応急対策5つ!

マスクで肌が荒れてしまったら、風邪や花粉症の症状が治まるまであきらめるしかないのでしょうか?肌への対策方法を今すぐ知りたい方のために、今日からできる応急策をまとめました。

ファンデーションをお休みする

肌が敏感になってしまっている時は、ファンデーションには一旦お休みしてもらいましょう。
ファンデーション自体もそうですが、どちらかというと問題なのはクレンジングです。毛穴にまでアプローチしてきちんとファンデーションを落とそうとするクレンジングは、パワフルなだけに肌への負担も大きくなってしまうもの。肌荒れ中はダメージ部分のメイクを控えめにしておくのがおすすめです。
目元だけのポイントメイクにする、クレンジング不要のBBクリームなどを使う、などが良い方法でしょう。

敏感肌用コスメでしっかり保湿

荒れた状態の肌は、いつも以上に敏感でダメージを受けやすくなっています。普段使用している化粧品でさえ刺激になって、痛みやかぶれが出現してしまうことも。
こんな時は迷わず低刺激処方のコスメにシフトしましょう。敏感肌用にも使える、肌にやさしいシリーズが発売されています。
たとえば、こんなオールインワンがおすすめです。

乾燥敏感肌から守る保湿ゲル・薬用アクアコラーゲンゲル スーパーセンシティブ

ちょっとした刺激でもすぐにダメージを受けてしまう敏感肌もやさしく包んでくれる、低刺激処方のゲルです。肌荒れを予防し、保湿もしっかりしながら肌を守ってくれるため、荒れてしまった肌にもして使えます。

薬用アクアコラーゲンゲル スーパーセンシティブ
薬用アクアコラーゲンゲル スーパーセンシティブ

サプリとバランスの良い食事

バランスの良い食事で肌への栄養をチャージしながら、内側からも元気になりましょう。肌荒れに効果があるだけでなく優れた抗酸化作用を持つビタミンC、肌や粘膜を健やかに保ってくれるビタミンB2やビオチン、抗アレルギー作用を持つビタミンPなどを積極的に摂取すれば免疫力もアップするため、一石二鳥です。
食事に取り入れるのが難しければ、サプリメントに頼るのも一つの方法です。サプリメントは発売されている種類がとても多く、メーカーによって配合されている栄養素や量も違うため、選ぶのに迷ってしまうこともあるかと思います。
そんな時にはこんな優秀サプリがおすすめです。

5種の青野菜と乳酸菌をギュッ!ドクターシーラボ青汁

栄養豊富な青野菜を5種類ブレンドし、乳酸菌も配合してある溶けやすく飲みやすい青汁です。おいしい抹茶風味なので、食事に取り入れるだけでなくスイーツやスープの材料としても活躍してくれます。

ドクターシーラボ青汁
ドクターシーラボ青汁

VCマルチビタミン

12種類のビタミンを始め、普段の食事では不足しがちな葉酸・パントテン酸・ナイアシンなども配合された、お役立ちサプリメントです。まとめて摂取するとビタミンの特性が生かされているため、常備しておけば体の健康をサポートしてくれます。

VCマルチビタミン
VCマルチビタミン

医療機関へ相談

上記のような対策をしてみても改善が見られない場合や、あまりにも痛み・荒れなどがひどい場合は医療機関を受診しましょう。合わない薬や化粧品などを使い続けることで、かえって肌の負担が増大する場合もあります。過剰な自己判断は肌荒れ悪化のもとになってしまうことがあるということを覚えておいてください。

それでもマスクを使いたい!マスクが使い続けられる肌対策5箇条!

やっぱりマスクが無いとつらい…!肌荒れを防いでマスクを使い続けるには、原因となるマスクの使い方を見直すことが必要です。

(1)こまめに取り替える

ムレや雑菌の繁殖を少しでも抑えるためには、こまめにマスクを替えて清潔を保つことが大切です。肌に接していた面を内側にして折りたたんで捨てる、他のものと分けて手洗いするなど、使い終わったマスクの捨て方・洗い方にも気を付けましょう。

(2)ガーゼをはさむ

マスクの素材が肌に合わない場合、ガーゼを挟むことで肌とマスクが直接接触することを避けられます。ただし、ガーゼは吸水性に優れていて湿りやすいため、こまめに取り替えるようにしましょう。

(3)保湿を十分にしてからマスクをする

乾燥した肌にマスクをつけると、摩擦によるダメージをより受けやすくなってしまいます。肌を十分に保湿してからマスクを着用することを習慣にしましょう。

(4)マスクの素材を変える

不織布の使い捨てマスクを愛用していて肌荒れを起こしてしまう時は、素材となっているレーヨン・ポリエステルなどの化学繊維が肌に合わないということも考えられます。その場合、肌に触れる部分だけでも天然繊維でできているマスクを選ぶと肌荒れが軽減されることがあります。

(5)マスクの使用時間の軽減

マスクを使用する時間を短くしてみるという方法もあります。ノルマのように一日中つけているのではなく、昼休みや退勤後は外してみる、休日はマスクオフの日と決めてみる…など、マスクと肌が触れている時間を減らしてあげましょう。マスクを外すタイミングで新しいものにチェンジするというルールにすれば、こまめな交換も同時に実現できることになります。

  • Check

マスクで肌荒れしてしまった!そんな時の対処法5つの関連ページ

マスクで肌荒れしてしまった!そんな時の対処法5つ ページトップへ