>   >   > 

目の周りのシワ大全~目の下・目元ケアの教科書~

  • Check

目の下や目尻など目の周りは表情ジワができやすく、年齢が出やすい場所。そんな目元のシワ対策は何が有効でしょうか?皮膚科インタビューと合わせて詳しく解説していきます。

目の周りのシワ・目元

目の周りのシワの種類と原因・対策まとめ

目の周りのシワは主に目の下のたるみ(涙袋下)によるシワ・目尻の表情ジワ・目の周り全体の乾燥小ジワの3種類に分けることができます。
それぞれの原因や対策について、以下にまとめました。

目の周りのシワ・目元

目の下のシワ(たるみ由来)

目の下のシワは、皮膚がたるむことによって生じます。たるみのせいで目の下が陰になってクマのように見えたり、実際より老けて見られたり、何かと人目についてしまいやすいポイントであると言えます。

原因は?

目の下のたるみの主な原因は、老化によって目元の皮膚を支えるコラーゲンが減少したり筋肉が衰えたりすることにあります。

改善方法は「サーマクール」

サーマクールとは、高周波を照射することでレーザーや赤外線では届かない肌の深部に熱を加え、たるみやシワを解消する方法です。十分なカウンセリングの下、美容クリニックにて行われます。

自宅ケア

目の下のたるみ・ふくらみは、むくみが原因となっている場合もあります。定期的なリンパマッサージを行い、老廃物の蓄積や血液の滞留を防ぐようにしましょう。
手軽にできるこんなマッサージ方法もおすすめです。すべてのステップを実践してもかかる時間はたった3分。時間のない人でも無理なく続けることができそうですね。

目尻のシワ(表情癖由来)

「さざ波ジワ」「ちりめんジワ」とも呼ばれるのが目尻のシワです。浅く小さなものから深く刻まれるものまでさまざまなタイプがあります。

原因は?

笑って目を細めた時にできるくぼみが徐々にクセづけされてシワとなることが主な原因です。笑った時以外にも、ちょっとした表情のクセや遺伝なども目尻のシワに関係すると言われています。

改善方法は「ボトックス」

ボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出されるたんぱく質を用いて筋肉の動きを弱めることでシワを目立たなくする方法です。注射によって注入されることが多く、美容以外に医療分野でも広く治療に使われています。

自宅ケア

最初は浅く目立たなかった表情ジワも、加齢による乾燥から徐々に深くなっていきます。普段のお手入れに目元専用の美容液やアイクリームをプラスして、やさしくケアをしましょう。

目の周り全体の乾燥小ジワ(乾燥肌・肌老化由来)

目の下・目尻に限らず目の周り全体にできる小さなシワのことです。年齢とともにその数は増え、老け顔を作る要因のひとつとなります。

原因は?

肌の表面自体が潤い不足でシワができてしまう場合と、肌内部の潤い不足によって表面にシワがよってしまう場合とがありますが、いずれも原因は「乾燥」であると言えます。肌質から乾燥が起こりやすいケースもありますが、肌の老化からハリや潤いの減少が起こり、乾燥につながるケースもあります。

改善方法は「目元レーザー」

レーザー光を当てることで皮膚の血行や代謝を促し、シワを目立たなくする方法です。サーマクールよりマイルドな光線を用いるため、継続して施術を受けることで効果が表れます。

自宅ケア

目元は乾燥しやすい部分なので、スキンケアを重ね塗りしたり、美容液やアイクリームで保湿を心がけたりして丁寧にケアをしましょう。ただ、目元の皮膚はとても薄くデリケートにできているため、力加減や頻度には注意が必要です。

目の周りにできてしまうシワの種類や原因をご紹介してきました。そのうち目尻のシワと乾燥小ジワに対して効果的なのが美容液やアイクリーム。数ある中でも特に推薦したいのがこちらの2点です。

目元口元専用美容液・3Dディープボトリウム エンリッチリフト

ボトリウム成分*1が美容成分の50%を占めるという、贅沢な配合の美容液です。高い浸透※1力で肌へコラーゲン*2やヒアルロン酸*3をスムーズに補給し、ハリと弾力を
目元の他、口元・首筋・眉間・額などにも使用することができ、自宅にいながらお顔全体のエイジングサイン※2へアプローチするケアが可能となります。
※1 浸透は角層まで
※2 年齢に応じた肌状態
*1 アセチルヘキサペプチド-30、アセチルヘキサペプチド-8、アセチルオクタペプチド-3、ペンタペプチド-18、加水分解オクラ種子エキス、ジ酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド(整肌成分)
*2 ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン(保湿成分)
*3 ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸(保湿成分)


3Dディープボトリウム エンリッチリフト

目元にハリ・エンリッチリフトアイ

きちんと目元の保湿をしてくれるアイクリームです。塗った瞬間に感じる“ハリ”と、時間が経ってもふっくら感が続く“持続性の潤い”のW効果で目元をしっかりとケアしてくれます。
パラジウム合金でできたヘッドは、デリケートな目元にひんやりとフィットしてとても心地よい使い心地。毎日のアイケアが楽しみになる一品です。


エンリッチリフトアイ

目の周りのシワを消したい!あなたが選ぶべき皮膚科治療とは?

美容皮膚科でも大人気の目元治療。でも、種類がたくさんあるし専門用語もあまりピンと来ないし…。どれを選べば良いのか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか?
そこで、おすすめの治療や目の周りのシワを防ぐ方法を皮膚科の先生にお聞きしてきました。

ご協力いただいた先生

目の周りのシワ・目元

シロノクリニック 池袋 寺井美佐栄 院長
所属学会・資格
日本レーザー医学会、日本抗加齢医学会専門医、日本美容皮膚科学会、
日本産業衛生学会認定専門医、日本医師会認定産業医、
労働衛生コンサルタントなど
その他
サーマクール認定医、ウルセラ認定医
http://ikebukuro.shirono.net/

Q:目の周りのシワにはどの治療がおすすめですか?

一番おすすめはサーマクール、目の下のたるみによるシワ・表情ジワ・乾燥小ジワすべてに効果が出ます。表情ジワならボトックス注射もおすすめですが、65歳以上は法律により使えないのでそれ以上の方はおのずとサーマクールを選択されます。
乾燥小ジワなら目元レーザー(タイタン)も効果がありますが、複数回施術するため時間がかかります。それならと、サーマクールに人気が集中しますね。乾燥小ジワには治療薬のAHPクリームも効果的です。

Q:目の周りのシワを予防するには?

やはり乾燥は大敵です。シワの進行を早めてしまいますので、しっかり保湿することが大切です。

先生のお話から、若々しい目元を保つためにおすすめの目元治療にはどんなものがあるのかがわかりましたね。また、保湿の重要性も再認識することができました。自宅でのケアもきちんと行いたいところです。

しっかり行いたい目元ケア

シワやたるみが気になってはいても、ついついサボったり見落としたりしてしまいがちな目元。
自分でできるケアとしては、化粧品選びやアイケア方法の見直し・老廃物や血液をスムーズに流すマッサージの実践などが効果的です。と言っても、どれもそんなに大がかりなものではありません。ケアアイテムのチェンジや簡単なマッサージなどは今日からでも始められるもの。
今のうちからしっかり目元ケアを行って、数年後・数十年後の美しい目元を手に入れましょう。

  • Check

目の周りのシワ大全~目の下・目元ケアの教科書~の関連ページ

目の周りのシワ大全~目の下・目元ケアの教科書~ ページトップへ