>   >   > 

どうして白髪になるの?原因と予防方法とは

  • Check

監修:シロノクリニック恵比寿院 大野 由実 医師

年齢を感じさせる白髪。1本でもあるとショックを受ける方もいるのではないでしょうか。白くなった髪を再び黒くすることはできないため、原因を知って予防することが大切です。しかし間違ったケアをして白髪のリスクが上がらないか心配になることもありますよね。そこで今回は、白髪になる原因と正しい予防法についてわかりやすく解説します。

白髪の原因

白髪は、髪を色付けしているメラニン色素が失われた状態です。メラニン色素を作るメラノサイトの不調によって、十分な量のメラニン色素が作られなくなります。その結果、髪の色が失われ、光が反射したときに白く見える白髪となるのです。メラノサイトが減少しているタイプと、完全に失われているタイプがあります。多くはメラノサイトが完全に失われているタイプといわれています。

それでは、なぜメラノサイトが減ったり失われたりするのか、白髪の原因をみていきましょう。

加齢

年齢を重ねるとメラノサイトの働きが低下し、メラニン色素が十分に作られなくなります。加齢は、誰にでも起こる現象であるため、加齢による白髪を防ぐことは難しいでしょう。

遺伝的要因

白髪のなりやすさには個人差があります。これは白髪が遺伝的な要因と深く関わっているためだといわれています。中には若白髪といわれる10~20代で白髪になる人もいます。白髪の人は、そうでない人よりもメラノサイトの機能の維持や髪を黒くするために必要な遺伝子が少ないともいわれています。

精神的ストレス

精神的ストレスも白髪と関係があるといわれています。これは老化現象とストレスの関係を唱える説があるためです。ストレスを受けると体内で活性酸素が発生し、細胞のDNAを損傷させることで老化を促すとされています。その結果、メラノサイトも損傷し、メラニン色素を作る能力が低下して白髪になるのです。

ただし白髪の原因は複雑で、複数の要因が重なることで白髪になるといわれています。そのためストレスを受けているから必ず白髪になるという訳ではありません。

白髪を予防するには

白髪を予防するためには、白髪の要因をできるだけ取り除く必要があります。様々な予防法を実践することで、白髪になるリスクを抑えられるでしょう。白髪の予防法は、次のとおりです。

食生活の改善

メラニン色素の生成には、アミノ酸のチロシンとチロシナーゼが必要であるため、意識的に摂ることで白髪の予防につながる可能性があります。アミノ酸は肉類や魚類、卵、大豆類など様々な食品に含まれています。特に大豆やチーズ、ピーナッツなどを摂るといいでしょう。

頭皮マッサージ

髪の元となる毛母細胞やメラノサイトに血行を良くしてしっかり栄養と栄養が行き渡るように頭皮マッサージをしましょう。両手の親指以外の4本の指を耳の上あたり、親指は耳の後ろに当て、4本の指だけで円を描くようにマッサージしてください。少しずつ頭頂部へと動かしていきましょう。また、頭皮をやわらかくすることで毛根の血行循環が改善し、白髪・脱毛を予防できます。

爪を立てると頭皮が傷つくため、指の腹を使うことが大切です。

ストレスフリーな生活

ストレスを全く受けずに暮らすことは困難ですが、できるだけストレスを受けないようにすることは可能です。考えすぎたり、自分を責めたりしないよう注意しましょう。場合によってはメンタルクリニックなどを利用し、ストレスを減らす対策をすることが大切です。またストレスを溜めないように十分な睡眠や適度な運動、好きなことをして過ごす、思いっきり笑うなど、ストレスをこまめに解消させましょう。

若白髪の対策方法って?

10~20代の比較的若い世代に起こる若白髪は、遺伝的な要因が関係しています。遺伝的な要因を対策することはできないため、栄養バランスのとれた食事や適度な運動などで、できるだけ白髪のリスクを減らすことが大切です。

食事は肉類や野菜、果物などをバランスよく摂りましょう。血行を促すために適度な運動を習慣づけることも必要です。血行が促されればメラノサイトへの血流もよくなり、白髪のリスクを抑えられるでしょう。

白髪との上手な付き合い方

白髪ができることは仕方のないことともいえるため、うまく付き合う方法も確認しておきましょう。

できてしまった白髪をカバーするには

白髪になった場合は、ヘアアレンジで白髪を隠すといいでしょう。まずは合わせ鏡などを使って、白髪の位置を確認する必要があります。その白髪が隠れるようにヘアスタイルを工夫しましょう。アップしたりするなど、白髪の位置や本数に応じて工夫することがポイントです。

どうしても白髪が隠れない場合は、白髪用のマスカラを使うといいでしょう。白髪に色を塗ることで、他の髪の色となじんで目立たなくなります。他の毛との色の差もあまり気にならないでしょう。

白髪をカバーするアイテム

全体的な白髪が気になるのであれば、ヘアマニキュアで染めてしまうのがおすすめです。ヘアマスカラやヘアアレンジにも時間がかかります。ヘアマニキュアで染めてしまえば、白髪をカバーする時間を省けるでしょう。また繰り返し使うことで、少しずつ白髪を染めていく白髪染めシャンプーやリンスを使うこともおすすめです。

肌に刺激となる染料が含まれていないため、頭皮や髪のダメージを抑えながら白髪染めできます。ごく一般的なシャンプーやリンスと同じ使い方ですが、すぐに洗い流さずに10分程度放置した方が染まりやすいといわれています。

まとめ

白髪の主な原因は、加齢や遺伝、ストレスです。加齢や遺伝を防ぐことはできませんが、少しでも白髪のリスクを減らすことは可能です。栄養バランスのとれた食事や運動習慣、ストレスケアを心がけましょう。また白髪ができた場合は、むやみに抜くのではなく、ヘアマニキュアやヘアマスカラなどで対策することをおすすめします。

白髪は目立つためショックを受ける方は少なくありませんが、重く受け止めすぎるとストレスで白髪が悪化することも考えられます。できるだけ白髪を予防しつつ、できてしまった白髪とうまく付き合っていきましょう。

監修:シロノクリニック恵比寿院 大野 由実 医師

年齢を感じさせる白髪。1本でもあるとショックを受ける方もいるのではないでしょうか。白くなった髪を再び黒くすることはできないため、原因を知って予防することが大切です。しかし間違ったケアをして白髪のリスクが上がらないか心配になることもありますよね。そこで今回は、白髪になる原因と正しい予防法についてわかりやすく解説します。

白髪の原因

白髪は、髪を色付けしているメラニン色素が失われた状態です。メラニン色素を作るメラノサイトの不調によって、十分な量のメラニン色素が作られなくなります。その結果、髪の色が失われ、光が反射したときに白く見える白髪となるのです。メラノサイトが減少しているタイプと、完全に失われているタイプがあります。多くはメラノサイトが完全に失われているタイプといわれています。

それでは、なぜメラノサイトが減ったり失われたりするのか、白髪の原因をみていきましょう。

加齢

年齢を重ねるとメラノサイトの働きが低下し、メラニン色素が十分に作られなくなります。加齢は、誰にでも起こる現象であるため、加齢による白髪を防ぐことは難しいでしょう。

遺伝的要因

白髪のなりやすさには個人差があります。これは白髪が遺伝的な要因と深く関わっているためだといわれています。中には若白髪といわれる10~20代で白髪になる人もいます。白髪の人は、そうでない人よりもメラノサイトの機能の維持や髪を黒くするために必要な遺伝子が少ないともいわれています。

精神的ストレス

精神的ストレスも白髪と関係があるといわれています。これは老化現象とストレスの関係を唱える説があるためです。ストレスを受けると体内で活性酸素が発生し、細胞のDNAを損傷させることで老化を促すとされています。その結果、メラノサイトも損傷し、メラニン色素を作る能力が低下して白髪になるのです。

ただし白髪の原因は複雑で、複数の要因が重なることで白髪になるといわれています。そのためストレスを受けているから必ず白髪になるという訳ではありません。

白髪を予防するには

白髪を予防するためには、白髪の要因をできるだけ取り除く必要があります。様々な予防法を実践することで、白髪になるリスクを抑えられるでしょう。白髪の予防法は、次のとおりです。

食生活の改善

メラニン色素の生成には、アミノ酸のチロシンとチロシナーゼが必要であるため、意識的に摂ることで白髪の予防につながる可能性があります。アミノ酸は肉類や魚類、卵、大豆類など様々な食品に含まれています。特に大豆やチーズ、ピーナッツなどを摂るといいでしょう。

頭皮マッサージ

髪の元となる毛母細胞やメラノサイトに血行を良くしてしっかり栄養と栄養が行き渡るように頭皮マッサージをしましょう。両手の親指以外の4本の指を耳の上あたり、親指は耳の後ろに当て、4本の指だけで円を描くようにマッサージしてください。少しずつ頭頂部へと動かしていきましょう。また、頭皮をやわらかくすることで毛根の血行循環が改善し、白髪・脱毛を予防できます。

爪を立てると頭皮が傷つくため、指の腹を使うことが大切です。

ストレスフリーな生活

ストレスを全く受けずに暮らすことは困難ですが、できるだけストレスを受けないようにすることは可能です。考えすぎたり、自分を責めたりしないよう注意しましょう。場合によってはメンタルクリニックなどを利用し、ストレスを減らす対策をすることが大切です。またストレスを溜めないように十分な睡眠や適度な運動、好きなことをして過ごす、思いっきり笑うなど、ストレスをこまめに解消させましょう。

若白髪の対策方法って?

10~20代の比較的若い世代に起こる若白髪は、遺伝的な要因が関係しています。遺伝的な要因を対策することはできないため、栄養バランスのとれた食事や適度な運動などで、できるだけ白髪のリスクを減らすことが大切です。

食事は肉類や野菜、果物などをバランスよく摂りましょう。血行を促すために適度な運動を習慣づけることも必要です。血行が促されればメラノサイトへの血流もよくなり、白髪のリスクを抑えられるでしょう。

白髪との上手な付き合い方

白髪ができることは仕方のないことともいえるため、うまく付き合う方法も確認しておきましょう。

できてしまった白髪をカバーするには

白髪になった場合は、ヘアアレンジで白髪を隠すといいでしょう。まずは合わせ鏡などを使って、白髪の位置を確認する必要があります。その白髪が隠れるようにヘアスタイルを工夫しましょう。アップしたりするなど、白髪の位置や本数に応じて工夫することがポイントです。

どうしても白髪が隠れない場合は、白髪用のマスカラを使うといいでしょう。白髪に色を塗ることで、他の髪の色となじんで目立たなくなります。他の毛との色の差もあまり気にならないでしょう。

白髪をカバーするアイテム

全体的な白髪が気になるのであれば、ヘアマニキュアで染めてしまうのがおすすめです。ヘアマスカラやヘアアレンジにも時間がかかります。ヘアマニキュアで染めてしまえば、白髪をカバーする時間を省けるでしょう。また繰り返し使うことで、少しずつ白髪を染めていく白髪染めシャンプーやリンスを使うこともおすすめです。

肌に刺激となる染料が含まれていないため、頭皮や髪のダメージを抑えながら白髪染めできます。ごく一般的なシャンプーやリンスと同じ使い方ですが、すぐに洗い流さずに10分程度放置した方が染まりやすいといわれています。

まとめ

白髪の主な原因は、加齢や遺伝、ストレスです。加齢や遺伝を防ぐことはできませんが、少しでも白髪のリスクを減らすことは可能です。栄養バランスのとれた食事や運動習慣、ストレスケアを心がけましょう。また白髪ができた場合は、むやみに抜くのではなく、ヘアマニキュアやヘアマスカラなどで対策することをおすすめします。

白髪は目立つためショックを受ける方は少なくありませんが、重く受け止めすぎるとストレスで白髪が悪化することも考えられます。できるだけ白髪を予防しつつ、できてしまった白髪とうまく付き合っていきましょう。

  • Check

どうして白髪になるの?原因と予防方法とはの関連ページ

どうして白髪になるの?原因と予防方法とは ページトップへ