>   >   > 

肌のハリを取り戻したい!老け顔を防ぐ方法

  • Check

「最近、肌のハリがなくなった」とお悩みの方へ。ハリが失われる原因と対策を知って、上向き肌を目指しましょう。

肌のハリを生み出す

肌のハリを生み出す要素とは

肌のハリを左右するのは、表皮の下にある「真皮」です。真皮には、線維状のタンパク質であるコラーゲンとエラスチンが網目のように張り巡らされ、表皮を支えています。まるでベッドのスプリングのように、肌のハリと弾力を生み出しているのです。また、肌の一番上にある角層がうるおっていると、一つ一つのキメがふっくらとし、ハリ感が引き出されます。

肌のハリが低下してしまう原因は?

もっとも大きな原因は、加齢です。年齢とともにコラーゲンやエラスチンがもろくなっていき、生産量も減っていくためです。ただし、加齢以外にも、次のような原因がハリの低下を加速させます。

紫外線

紫外線には、波長が短くパワーが強いUV-Bと、パワーは弱いものの波長が長いUV-Aがあります。UV-Aは曇りの日も地上に届き、ジワジワと真皮まで到達。コラーゲンやエラスチンにダメージを与え、肌のハリを失わせます。

乾燥

肌が乾燥すると、角層が硬くなりしなやかさが失われます。また、キメが乱れてしぼんだ印象になり、ハリ感が低下します。

一度失ったハリを回復させたい!ケアのポイントは?

食事する女性

肌のハリを取り戻すには、外側からのスキンケアはもちろん、内側からのケアも重要になります。

保湿

洗顔後、化粧水で肌を整えたら、保湿成分を豊富に含む美容液でうるおいを補給します。水分の蒸発を防ぐために、ゲルや乳液、クリームなどで肌にフタをしましょう。また、保湿成分以外の成分では、ハリを後押しする成分も大切。角層のすみずみまで浸透し、水分を抱え込むコラーゲンや、コラーゲンの合成を促すビタミンCなどがおすすめです。

UVケア

UV-Aは、照射量の季節変動が少ない紫外線です。日差しが弱くなる秋冬も、曇りの日も、1年通じて対策が必要です。UVカット効果のある化粧下地やファンデーション、メイクの上から使える日焼け止めスプレーなど、さまざまなアイテムを上手に活用して、紫外線から肌を守りましょう。

栄養バランスのいい食事

毎日の食事は、肌のうるおいやハリの維持に大きく影響します。卵や大豆に含まれるタンパク質は、肌をつくる材料に。ご飯や麺類などの炭水化物、肉や魚から摂れる脂質、野菜や果物などから摂れるビタミン、海藻などに含まれるミネラルの5大栄養素をきちんと摂取しましょう。正しいスキンケアだけでなく、バランスの取れた食生活が肌のハリをアップさせるカギとなります。

サプリメントの活用で肌にハリを!

バランスのとれた食事を…!といっても、多忙な現代人が常に食事の栄養バランスを考えるのは大変です。そんな場合は、不足しがちな栄養素を補うためにサプリメントを活用するのもおすすめ。

18種のビタミンと20種のミネラル、そして8種のアミノ酸などが含まれる必須栄養素を補うのはもちろん、コラーゲンやプラセンタなど美容成分を摂取すると肌にうれしいメリットが。

ドクターシーラボのサプリメント『プラセンタEXエンリッチリフト』は、5大栄養素であるタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルを含むプラセンタエキスを惜しみなく配合。ハリやツヤ、若々しさのサポートしてくれます。

ただし、サプリメントだけに頼るのはNG。毎日のスキンケアや生活習慣を見直すなど、トータルでケアをしていくことが大切です。

まとめ

スキンケアやUVケア、食生活、サプリメントの活用などを意識することで、肌のハリが劇的に変化することも!「年齢のせい」と諦めず、若々しいハリのある肌を取り戻しましょう。

  • Check

肌のハリを取り戻したい!老け顔を防ぐ方法の関連ページ

肌のハリを取り戻したい!老け顔を防ぐ方法 ページトップへ