>   >   > 

たるみの原因と予防法を知って若々しいお肌をキープしよう!

  • Check

監修:シロノクリニック恵比寿院 中川 桂副院長

たるみは、一度できてしまうと解消することが難しい肌トラブルです。たるみの原因はとても多いので、1つずつ確認しておき、たるみをしっかり予防しましょう。たるみのリスクを抑えるために、普段からケアしておくことも大切です。たるみの原因と予防法をみていきましょう。

たるみの原因とは

たるみは表情筋の衰え、加齢によるコラーゲンの減少、紫外線などが主な原因です。それぞれ、どのような理由でたるみを引き起こすのかみていきましょう。

表情筋の衰え

表情筋は「泣く・笑う・怒る」など、様々な表情を作るために必要な筋肉です。表情筋は加齢によって衰え、やがて皮膚を十分に支えることができなくなります。その結果、肌が重力に従って垂れ下がり、たるみを引き起こすのです。

加齢によるコラーゲンの減少

肌がたるまないのは、コラーゲンやエラスチンといった成分が十分に機能しているため。コラーゲンやエラスチンは加齢によって減少し肌の弾力が失われていきます。加齢を抑えることはできませんが、日常的なケアでコラーゲンやエラスチンの減少を抑えることは可能です。

紫外線のダメージ

紫外線はコラーゲンやエラスチンを破壊します。紫外線対策をせずに外出する方は、将来的にたるむリスクが高いといえます。日焼け止めクリームは外出時間や紫外線の強さに合わせて選び、こまめに塗りなおすことが大切。正しい使い方ができていないのも、紫外線のダメージによるたるみに繋がります。

たるみの予防の方法とは?

たるみを予防するためには、原因を解消する必要があります。1つでも原因があると、たるみに繋がります。紫外線によるダメージ、表情筋の衰え、コラーゲンの減少にしっかり対処していきましょう。

紫外線をしっかりカット

紫外線対策は、日焼け止めクリームを塗ることだけではありません。帽子やサングラスなども使って、紫外線をしっかりカットしましょう。たとえ車で移動する場合でも紫外線対策が必要です。窓ガラスは紫外線を約70%通すため、全く紫外線対策をせずに車に乗ると肌がダメージを負ってしまいます。
日焼け止めクリームには、SPFとPAの値が設定されているので、外出先や時間に合わせて選びましょう。日常生活では、SPF20、PA+~++、屋外ではSPF30~40、PA+++、日差しが強い場合はSPF50、PA++++を目安に選びます。ただし紫外線に対する強さには体質や肌質が関係するので、自分の肌に合わせて使い分けましょう。

表情筋を鍛える

表情筋は加齢によってどうしても衰えるものですが、表情筋トレーニングによって衰えを抑えられます。表情筋トレーニングの方法は様々で、表情筋を鍛えられればどのような方法でも問題ありません。次のような方法が手軽に行えるのでおすすめ!

(1) 口に空気を目いっぱい含み、口をゆっくりすぼませます。
(2) 口角を引き上げるイメージで横に引きます。

仕事の休憩時間や、テレビを見ながらなど、隙間時間に行えるため続けやすいのもメリット。

コラーゲンを摂取する

コラーゲンは線維芽細胞によって生産されます。コラーゲンには、タンパク質をはじめとした様々な栄養が必要です。牛すじやフカヒレ、手羽先などに含まれるコラーゲンも体内でコラーゲンの材料となります。そのため、これらの食品を意識的に摂ることがコラーゲンを増やすことに繋がるのです。
またビタミンCもコラーゲンの生産において重要な栄養素なので、緑黄色野菜や果物から意識的に摂りましょう。

日常生活でできる、たるみの改善の方法とは

次のようなケアを続けることで、たるみを改善できる可能性があります。

美顔器を使う

美顔器は、顔に当てることでリンパや血液の流れを促し、美容効果をもたらすアイテム。超音波やEMS、ローラーなど様々なタイプの美顔器があります。超音波美顔器は、超音波による振動で肌細胞を刺激し、ターンオーバーを促す効果が期待できます。ターンオーバーはコラーゲンの生産に深く関係しているため、ターンオーバーの正常化はたるみケアに繋がるのです。
EMSは、パルス電流によって表情筋を鍛えることでたるみをケア。表情筋トレーニングと同じような効果が期待できるため、継続することで表情筋の衰えを防げるのです。ローラー美顔器は顔のむくみを改善できるアイテム。血液とリンパの流れが促されるため、ターンオーバーが促され、たるみ改善に繋がります。

リフトアップ化粧品を使う

たるみにアプローチするリフトアップ化粧品でケアしましょう。リフトアップ化粧品にはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸やセラミドなど、肌の弾力を守るために必要な成分が含まれています。普段のケアにリフトアップ化粧品をプラスするのもいいですが、コラーゲンやエラスチンなどが含まれたオールインワン化粧品がおすすめ。普段の保湿ケアが楽になり、たるみにもアプローチできるようになります。

頭皮をリンパマッサージする

顔のたるみ改善には頭皮のマッサージが効果的です。頭皮と顔の肌は一続きになっており、頭皮の血流とリンパの流れが悪くなると、顔にも悪影響が及びます。頭皮のマッサージで顔の血液やリンパの流れをスムーズにし、新陳代謝を促し、たるみケアに繋げましょう。
頭皮のマッサージは指の腹を髪の生え際に当てて、後頭部に向かってもみほぐしていきましょう。シャンプーで泡立ててから行うと、円滑剤の代わりになって頭皮が傷つくのを防げます。また、自動で頭皮をマッサージしてくれる美容機器を取り入れるのもおすすめです。

まとめ

たるみには、加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少、表情筋の衰え、紫外線のダメージなど様々な原因が。それぞれに対処し、たるみができにくい状態をつくりましょう。加齢を防ぐことはできなくとも、コラーゲンの摂取やリフトアップ化粧品でのケア、紫外線対策、表情筋トレーニングなどで対策することが大切です。実年齢よりも若く見られるように、早いうちからたるみケアを始めましょう。

監修:シロノクリニック恵比寿院 中川 桂副院長

たるみは、一度できてしまうと解消することが難しい肌トラブルです。たるみの原因はとても多いので、1つずつ確認しておき、たるみをしっかり予防しましょう。たるみのリスクを抑えるために、普段からケアしておくことも大切です。たるみの原因と予防法をみていきましょう。

たるみの原因とは

たるみは表情筋の衰え、加齢によるコラーゲンの減少、紫外線などが主な原因です。それぞれ、どのような理由でたるみを引き起こすのかみていきましょう。

表情筋の衰え

表情筋は「泣く・笑う・怒る」など、様々な表情を作るために必要な筋肉です。表情筋は加齢によって衰え、やがて皮膚を十分に支えることができなくなります。その結果、肌が重力に従って垂れ下がり、たるみを引き起こすのです。

加齢によるコラーゲンの減少

肌がたるまないのは、コラーゲンやエラスチンといった成分が十分に機能しているため。コラーゲンやエラスチンは加齢によって減少し肌の弾力が失われていきます。加齢を抑えることはできませんが、日常的なケアでコラーゲンやエラスチンの減少を抑えることは可能です。

紫外線のダメージ

紫外線はコラーゲンやエラスチンを破壊します。紫外線対策をせずに外出する方は、将来的にたるむリスクが高いといえます。日焼け止めクリームは外出時間や紫外線の強さに合わせて選び、こまめに塗りなおすことが大切。正しい使い方ができていないのも、紫外線のダメージによるたるみに繋がります。

たるみの予防の方法とは?

たるみを予防するためには、原因を解消する必要があります。1つでも原因があると、たるみに繋がります。紫外線によるダメージ、表情筋の衰え、コラーゲンの減少にしっかり対処していきましょう。

紫外線をしっかりカット

紫外線対策は、日焼け止めクリームを塗ることだけではありません。帽子やサングラスなども使って、紫外線をしっかりカットしましょう。たとえ車で移動する場合でも紫外線対策が必要です。窓ガラスは紫外線を約70%通すため、全く紫外線対策をせずに車に乗ると肌がダメージを負ってしまいます。
日焼け止めクリームには、SPFとPAの値が設定されているので、外出先や時間に合わせて選びましょう。日常生活では、SPF20、PA+~++、屋外ではSPF30~40、PA+++、日差しが強い場合はSPF50、PA++++を目安に選びます。ただし紫外線に対する強さには体質や肌質が関係するので、自分の肌に合わせて使い分けましょう。

表情筋を鍛える

表情筋は加齢によってどうしても衰えるものですが、表情筋トレーニングによって衰えを抑えられます。表情筋トレーニングの方法は様々で、表情筋を鍛えられればどのような方法でも問題ありません。次のような方法が手軽に行えるのでおすすめ!

(1) 口に空気を目いっぱい含み、口をゆっくりすぼませます。
(2) 口角を引き上げるイメージで横に引きます。

仕事の休憩時間や、テレビを見ながらなど、隙間時間に行えるため続けやすいのもメリット。

コラーゲンを摂取する

コラーゲンは線維芽細胞によって生産されます。コラーゲンには、タンパク質をはじめとした様々な栄養が必要です。牛すじやフカヒレ、手羽先などに含まれるコラーゲンも体内でコラーゲンの材料となります。そのため、これらの食品を意識的に摂ることがコラーゲンを増やすことに繋がるのです。
またビタミンCもコラーゲンの生産において重要な栄養素なので、緑黄色野菜や果物から意識的に摂りましょう。

日常生活でできる、たるみの改善の方法とは

次のようなケアを続けることで、たるみを改善できる可能性があります。

美顔器を使う

美顔器は、顔に当てることでリンパや血液の流れを促し、美容効果をもたらすアイテム。超音波やEMS、ローラーなど様々なタイプの美顔器があります。超音波美顔器は、超音波による振動で肌細胞を刺激し、ターンオーバーを促す効果が期待できます。ターンオーバーはコラーゲンの生産に深く関係しているため、ターンオーバーの正常化はたるみケアに繋がるのです。
EMSは、パルス電流によって表情筋を鍛えることでたるみをケア。表情筋トレーニングと同じような効果が期待できるため、継続することで表情筋の衰えを防げるのです。ローラー美顔器は顔のむくみを改善できるアイテム。血液とリンパの流れが促されるため、ターンオーバーが促され、たるみ改善に繋がります。

リフトアップ化粧品を使う

たるみにアプローチするリフトアップ化粧品でケアしましょう。リフトアップ化粧品にはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸やセラミドなど、肌の弾力を守るために必要な成分が含まれています。普段のケアにリフトアップ化粧品をプラスするのもいいですが、コラーゲンやエラスチンなどが含まれたオールインワン化粧品がおすすめ。普段の保湿ケアが楽になり、たるみにもアプローチできるようになります。

頭皮をリンパマッサージする

顔のたるみ改善には頭皮のマッサージが効果的です。頭皮と顔の肌は一続きになっており、頭皮の血流とリンパの流れが悪くなると、顔にも悪影響が及びます。頭皮のマッサージで顔の血液やリンパの流れをスムーズにし、新陳代謝を促し、たるみケアに繋げましょう。
頭皮のマッサージは指の腹を髪の生え際に当てて、後頭部に向かってもみほぐしていきましょう。シャンプーで泡立ててから行うと、円滑剤の代わりになって頭皮が傷つくのを防げます。また、自動で頭皮をマッサージしてくれる美容機器を取り入れるのもおすすめです。

まとめ

たるみには、加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少、表情筋の衰え、紫外線のダメージなど様々な原因が。それぞれに対処し、たるみができにくい状態をつくりましょう。加齢を防ぐことはできなくとも、コラーゲンの摂取やリフトアップ化粧品でのケア、紫外線対策、表情筋トレーニングなどで対策することが大切です。実年齢よりも若く見られるように、早いうちからたるみケアを始めましょう。

  • Check

たるみの原因と予防法を知って若々しいお肌をキープしよう!の関連ページ

たるみの原因と予防法を知って若々しいお肌をキープしよう! ページトップへ