>   >   > 

ニキビの原因別!繰り返さないための対策

  • Check

ニキビの改善には、発生のメカニズムをきちんと理解し、生活習慣やスキンケアを見直すことが大切です。

シミ・肌荒れ

肌トラブルの代表「ニキビ」の原因はいったい何?

思春期のニキビも大人のニキビも、できる原因は同じです。皮脂や不要な角質が毛穴につまり、そこにアクネ菌が繁殖して炎症が起こることで発生します。しかし、ニキビを引き起こす根本的な原因は、年代や部位などによってさまざま。そのため、原因に応じた対策をとることが大切です。

思春期ニキビの原因と対策

10代のイメージ

Tゾーンや頬骨の部分を中心にできやすい思春期ニキビ。大人になると自然に治ることも多いですが、間違ったケアで跡になることもあるので、注意してください。

思春期ニキビの原因

思春期は、ホルモンの分泌量が急激に変わる時期。男性だけではなく女性も、男性ホルモンの分泌量が増加します。男性ホルモンには、皮脂の分泌を促す作用があるため、毛穴に皮脂がつまり、アクネ菌が繁殖しやすくなります。また、思春期の肌はハリがあり、毛穴が小さいため、皮脂がつまりやすいのも原因のひとつです。

思春期ニキビの対策

ホルモンバランスが安定するまで、皮脂や汚れで毛穴がつまらないようにすることがポイントです。洗顔は、朝と夜、石けんや洗浄料を使って行いましょう。ぬるま湯や水だけの洗顔では、皮脂が落としきれない場合があります。

洗顔後は、皮脂の分泌を抑える「ビタミンC誘導体」が配合された化粧水で肌を整え、油分の少ないゲルや美容液で保湿します。アクネ菌を殺菌する成分や、抗炎症成分が配合された、ニキビ予防効果が認められた薬用化粧品を選びましょう。 根気よくケアを続けることが大切ですが、赤く腫れたり膿んだりしたニキビが増えたときは、皮膚科の受診も検討してください。

大人ニキビの原因と対策

思春期に比べ、皮脂の分泌量が減少するのにできる大人ニキビ。乾燥しやすいフェイスラインやあごなど、顔の下の部分にできやすい特徴があります。主な原因は、古い角質の蓄積による「毛穴づまり」ですが、その背景にはさまざまな原因があります。

大人ニキビの原因

毛穴をつまらせる原因の一つは、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)の乱れです。これには、生活習慣やストレスが大きく影響します。

不規則な生活やストレスの多い生活をしていると、自律神経のバランスが乱れ、交感神経が優位な状態に。すると、血行が滞り、肌のターンオーバーが乱れて、本来排出されるべき古い角質がいつまでも肌の表面に残ります。乾燥して硬くなった古い角質が毛穴をふさぐと、アクネ菌が繁殖しやすくなるのです。

また、自律神経と関わりの深いホルモンバランスが乱れ、皮脂の分泌を促す黄体ホルモンが優位になると、ニキビができやすくなります。そのため、黄体ホルモンが増える月経前にできやすいのも特徴です。

大人ニキビの対策

乱れた生活習慣の改善や、古い角質を溜めないためのスキンケアが基本です。まずは、十分な睡眠時間を確保すること。深い睡眠は、ストレスの発散にもなります。なるべく決まった時間に寝起きすることを心がけましょう。 スキンケアでは、洗顔後にしっかりと保湿して、やわらかい肌を保つこと。また、古い角質を取り除くフルーツ酸(AHA)が配合された、ピーリング化粧品でのケアが有効です。

ニキビができやすい部位別の原因と対策

おでこのイメージ

ニキビは、皮脂腺が多い部位にできやすくなります。そのため、顔だけでなく、背中や頭皮にもできることがあります。

おでこ

皮脂が多いオイリー肌の方は、おでこにニキビができやすくなります。前髪をおろしたスタイルの場合は、髪がおでこに接触して刺激となり、ニキビができることもあります。なるべく前髪はおろさないようにしましょう。洗顔時のすすぎ残しも、おでこニキビの原因になるため注意してください。

おでこに続いて、皮脂の分泌が多い鼻。鼻は毛穴が大きく、古い角質やメイク汚れが溜まりやすいため、ニキビができやすい部位です。角栓除去などの過剰なケアによって肌が乾燥し、角質が硬くなると、かえって毛穴づまりを起こし、ニキビができてしまう可能性があります。帰宅後はなるべく早くメイクを落とし、石けんや洗浄料でダブル洗顔。その後は、油分の少ないゲルや美容液でしっかり保湿することがポイントです。

フェイスライン

大人ニキビができやすいフェイスライン。ターンオーバーの乱れによる古い角質の蓄積や、ホルモンバランスの乱れでできやすくなります。睡眠をしっかりとること、保湿成分が豊富に含まれた化粧品で、ていねいに保湿することが大切です。また、洗顔時の洗い残しや、ふとんカバーの汚れが原因になっていることもあります。

背中

皮脂が多く分泌するうえ、洗いにくい部位であるため、ニキビができやすくなります。さらに、シャンプーなどが背中に残ると、毛穴をつまらせる原因になります。前かがみでシャンプーしたり、シャンプーの後に体を洗ったりするなど工夫しましょう。また、衣服の蒸れや、こすれによる刺激も原因になります。肌に密着する下着やパジャマは、化学繊維のものを避け、通気性の良いものを選びましょう。

頭皮

皮脂の分泌はもちろん、古い角質や汚れなどが溜まりやすいため、毛穴がつまりやすい環境です。正しく洗髪できていないこと、整髪料を落としきれていないことなどが、ニキビにつながります。

シャンプー前は、お湯で髪を濡らす程度ではなく、髪と頭皮をしっかり洗っておくことがポイント。これで汚れの大半が落ち、シャンプーの泡立ちがよくなります。シャンプー時は、指の腹で頭皮をもみこむように洗うことを意識してください。

また、帽子で頭皮が蒸れたり、枕カバーを交換しないまま使用したりすると、雑菌が繁殖しやすくなるので注意してください。

男女別でみる!ニキビの原因と対策

肌質や体質、スキンケア習慣が異なる男性と女性。ニキビができる原因や対策にも違いがあります。

女性の場合

女性は、生理周期にともなってホルモンバランスが変動し、肌の調子も変化しやすくなります。生理前にニキビができやすいのは、皮脂の分泌を促す黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が多くなるためです。出産を迎える時期もホルモンのバランスが大きく変化するため、肌トラブルが起こりやすくなる場合があります。

生理前や妊娠時は、肌に刺激を与えないことが大切です。新しい化粧品に変えたり、はがすタイプのパックやマッサージをしたりするのは避けましょう。また、皮脂の分泌は増えても、水分量は減少し、肌内部は乾燥しています。保湿成分を豊富に含む、低刺激の美容液やゲルでしっかり保湿してください。

男性の場合

男性は、女性と比べて皮脂の分泌量が多いものの、水分量は少ない傾向にあります。しかし、石けんや洗浄料を使わずに洗顔し、洗顔後は何もつけないなど、日常的にスキンケアを行っていない人が多いと考えられます。

また、ヒゲを剃る際にシェービングフォームを使わないこと、アフターケアの保湿をしないことなどもニキビの要因に。肌が刺激を感じて角層を厚くし、毛穴づまりを起こしやすくなります。

ドクターシーラボの『アクアコラーゲンゲル クールメン』は、テカリ、乾燥、毛穴づまり、ヒゲ剃り後の肌を整えるなど、男性ならではのニキビのリスクをカバーする保湿ゲル。これ1本で全身をトータルにケアします。

ニキビを繰り返さないための対策

頻繁にニキビができる人は、基本的なスキンケアの方法や生活習慣を見直すことが大切です。

スキンケア

洗顔は朝と夜の1日2回。低刺激の洗浄料をよく泡立て、泡を転がすようにして、優しく汚れを取り除きます。皮脂の多いTゾーンから泡をのせ、頬、フェイスラインの順に洗います。時間をかけすぎると肌を乾燥させるため、1分~1分半を目安にすませましょう。洗浄料が顔に残らないように、20回は入念にすすいでください。熱いお湯は肌のうるおいを奪うため、少し冷たいと感じる程度のぬるま湯ですすぐこともポイントです。

洗顔後は、皮脂が取り除かれ無防備な状態です。肌内部のうるおいがどんどん蒸散してしまうため、すぐに保湿ケアを行いましょう。化粧水をつけるだけでは、時間とともにすぐ蒸発してしまいます。与えた水分を逃さないように、保湿成分が豊富な美容液やゲルでうるおいをとじこめることが「保湿」です。

日常生活

慢性的な栄養不足や睡眠不足を自覚している人は、生活習慣を改めましょう。

野菜や果物が不足すると、すこやかな肌を保つために欠かせない、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足します。また、脂質や糖質を過剰摂取することで、皮脂が過剰に分泌され、毛穴のつまりを引き起こすこともあります。

おすすめは、洗ってそのまま食べられるプチトマト。抗酸化成分のリコピン、ビタミンB群、ビタミンC、食物繊維などが摂取できます。また、ビタミンCや食物繊維が豊富なキウイもおすすめ。半分に切ってスプーンで食べることができるので、皮をむく手間がありません。

睡眠は、なるべく毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きることが大切です。週末に寝溜めすることは、ホルモンバランスを整えるうえで意味がないと言われています。

まとめ

ニキビの主な原因は、「過剰な皮脂の分泌」と「毛穴のつまり」。それらがおきやすい部位を知り、スキンケア、生活習慣の両面から適切なケアを行うことが、改善への近道です。

  • Check

ニキビの原因別!繰り返さないための対策の関連ページ

ニキビの原因別!繰り返さないための対策 ページトップへ