>   >   > 

ニキビのケアに!活用したい成分「ビタミンC」のパワーに迫る

  • Check

ニキビの予防や改善に効果的なビタミンC。ニキビケアにビタミンCを取り入れる際のポイントを紹介します。

鏡を見る女性

ビタミンCはニキビに対してどうはたらく?

ニキビなどのトラブルが起きている肌は、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)が乱れている可能性があります。ビタミンCには、この肌サイクルをサポートしてくれるはたらきが期待できます。肌に不要な古い角質をきちんと排出することができれば、毛穴をつまらせるリスクが減るため、ニキビができにくくなります。また、過剰な皮脂の分泌を抑えることで、ニキビの原因菌(アクネ菌)を繁殖しにくくするはたらきも期待できます。

さらに、ビタミンCには「活性酸素」に対する効果もあります。活性酸素とは、本来は有害物質を攻撃し、肌細胞を守るためにはたらくもの。体内に入った酸素が、紫外線やストレスなどの影響で活性酸素になります。しかし、活性酸素が増えすぎると細胞まで傷つけてしまい、炎症を引き起こすことに。ニキビを悪化させたり、シワ、シミをつくったり、肌状態を悪化させる原因になります。

ビタミンCは、強い抗酸化作用により、活性酸素を無害化。炎症を抑えるため、できてしまったニキビの改善にも力を発揮します。

ビタミンCとビタミンC誘導体の違いって?

鏡を見る女性

そもそもビタミンCは、即効性がある反面、成分自体が壊れやすく、肌に浸透しにくい成分です。「ピュアビタミンC」「純粋なビタミンC」と呼ばれるものは、高濃度で化粧品に配合すると壊れてしまい、効果が発揮されにくいという欠点があります。

純粋なビタミンCを、肌に浸透しやすく改良したものが「ビタミンC誘導体」。大きく分けると、油溶性ビタミンC誘導体、水溶性ビタミンC誘導体、浸透型ビタミンC誘導体(APPS)の3種類になります。

油溶性ビタミンC誘導体は、肌表面の皮脂や肌内部の脂質となじみやすいため、浸透性がよく刺激が少ないのがメリット。ただし、吸収に時間がかかり、すぐに効果を得にくいのがデメリットです。

一方、水溶性ビタミンC誘導体は、安定性と即効性にすぐれていますが、肌の奥までは浸透しにくい性質があります。また、べたつきやすく乾燥しやすい面もあり、使いにくさを感じる方もいるでしょう。

油溶性ビタミンC誘導体と水溶性ビタミンC誘導体の欠点をカバーし、長所を引き出すために改良されたのが、「浸透型ビタミンC誘導体(APPS)」です。肌のすみずみまですばやく浸透し、ビタミンCのパワーが持続します。

ビタミンCの摂り方

ビタミンCの果物

ビタミンCは、外側からだけでなく、内側からもはたらきます。毎日の食事、サプリメント、医薬品など、ライフスタイルや目的に合わせて選ぶとよいでしょう。

食事から摂取する

ニキビを早く治したいのなら、普段の食事でビタミンCを積極的に摂ることを意識しましょう。ビタミンCは、ストレスによって体内で発生した活性酸素をやわらげることが期待されているためです。

ビタミンCを多く含むのは、パセリやブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜や、いちご、みかんなどの果物。ただし、ビタミンCは熱に弱く、水に溶けやすい性質を持っているため、調理の方法によっては、含有量が減ってしまうことが…。サラダなど、生のままで食べるのがおすすめです。

サプリメントや医薬品で摂取する

普段の食事から補うのが難しい場合は、サプリメントを活用するのも手段のひとつ。 食事とは違い、調理の過程で含有量が減少せず、より効率的にビタミンCを摂取することが可能です。ただし、ビタミンCは過剰に摂取しても、尿として排出されてしまいます。食事のタイミングなど時間を決めて、1日数回に分けて飲むのがおすすめです。

なお、市販のサプリメントやビタミンC剤は、大きく「健康食品」と「医薬品」に分けられます。

健康食品の分類はあくまでも「食品」であり、治療や予防を目的としたものではありません。健康・美容のサポートとして取り入れましょう。

医薬品は、効能効果が認められたビタミンCが一定量配合されています。ニキビ、シミ、疲労回復など、商品によって効能効果が異なるため、パッケージに記載されている「効能効果」をよく確認して選んでください。

美容医療で活用されるビタミンC

女医・医師のイメージ

美容医療の現場でも、ビタミンCを使った施術が行われています。イオン導入は、塗布するだけでは皮膚の深部に浸透しにくい成分を、微弱な電流を流すことで、より深く、より多く、肌の奥まで浸透させていく施術です。化粧品で肌に塗るよりも高い浸透力があり、ビタミンCによる美肌パワーをしっかりと届けることができます。

ビタミン注射やビタミン点滴は、サプリメントや内服薬では摂取が難しい高濃度のビタミンCを、血液中に直接投与することで血中濃度を急激に上げます。美容面のみならず、免疫力を高めたり、疲労回復も期待できるとされています。

まとめ

ニキビの予防や改善に効果が高いビタミンC。皮膚に直接つけるだけでなく、食事やサプリメントをプラスすることで、より効果的なケアが期待できます。ビタミンCの力を味方につけて、ニキビに悩まされないすべすべな肌を目指しましょう。

  • Check

ニキビのケアに!活用したい成分「ビタミンC」のパワーに迫るの関連ページ

ニキビのケアに!活用したい成分「ビタミンC」のパワーに迫る ページトップへ