>   >   > 

大人に多い顎ニキビの対策法

大人の女性に多い顎ニキビの原因には、ホルモンバランスが大きく影響しています。思春期ニキビとは違って繰り返すことが多く、厄介な顎ニキビ。早く治すための対策方法をまとめました。

顎ニキビ

顎ニキビの原因とは

顎ニキビは治るまでに時間がかかり、シミや凹みとなって根強く肌に残ることも…。
対策を始める前に、まずは顎ニキビの原因を把握しましょう。

ホルモンバランスの影響

顎ニキビ

顎ニキビができるもっとも大きな原因が、ホルモンバランスの影響です。
大人女性の身体は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種のホルモンがバランスを取りながら維持しています。
総体的に考えると、どちらが良くてどちらが悪いということはないのですが、美容面においては、プロゲステロンが良いとは言い難いのが事実。
生理前になると、ニキビができやすいということはありませんか?
それは排卵~月経開始日までの間は、もっともプロゲステロンの分泌量が多い時期であるためです。実は、プロゲステロンには皮脂分泌を過剰に促す働きがあり、黄体期に入ると肌を脂性肌に傾かせます。とりわけ顎は皮脂腺が多い場所であるため、もっともニキビができやすいのです。 これが、顎ニキビが発生する理由の一つです。

ただ、ホルモンバランスが整っていれば、月経前に顎ニキビができたとしても、月経以降は美しい肌をつくるエストロゲン分泌量が増えるため、徐々にニキビは落ち着いていきます。
しかし、現代女性はストレスによってホルモンバランスを崩しがち。
生理前以外にも顎ニキビができたり、いつまでもニキビが残ったりする女性も多いのが現状です。

外的刺激による影響

顎は顔の中でも外的刺激を受けやすい部分です。
外的刺激の中でも、とくに触れることによる刺激はもっとも強いので注意です。

日頃、頬杖をついたり、知らず知らずのうちに顎を触っていたりということはありませんか?
手は身体の中で、もっとも雑菌が多い場所の一つです。
必要以上に顎に触れることは、自ら顎に雑菌を付着させているのと同じ。
雑菌が付着することで、ニキビは発生しやすくなります。

スキンケアによる影響

顎は洗顔料の洗い残しが多い場所です。
そもそも顎の下の方まで洗顔料を塗布していないという方も多いかもしれません。
先述したように、顎は皮脂分泌が盛んで、かつ外的刺激を受けて汚れやすいにも関わらず、洗顔を怠ることで、ますます頑固なニキビが発生します。

また、洗顔後の保湿忘れが多いのも顎
乾燥は肌のバリア機能を損なうため、ニキビをできやすくします。
きちんとスキンケアしているつもりでも、このように顎のケアがおざなりになってしまっていることで、顎ニキビを招いている可能性もあります。

顎ニキビの原因を把握できたら、さっそく顎ニキビを発生させない、悪化させない対策についてチェックしていきましょう。

顎ニキビ対策

スキンケアにおける顎ニキビ対策は、「肌に刺激を与えず清潔に保つこと」、「十分な保湿をすること」、「メイクで負担をかけないこと」の3点です。詳しく見ていきましょう。

刺激を与えず清潔に保つ

顎の洗い忘れを防ぐためには、シャワーを使ってデコルテ部分までキレイに洗い流すようにしてください。手によるすすぎは、顎に洗顔料が残りやすいので注意です。
ただ、あまりに勢いの強いシャワーは肌への刺激となるため、必ず水圧は弱めにし、優しく流すようにしましょう。

また、メイク時に使うパフやブラシにも気をつけます。
何度も使用するパフやブラシは皮膚の汚れが付着したままとなるため、雑菌の温床と化しています。使い捨てタイプのものを使用し、毎回新しいものに交換するようにしましょう。

保湿はしっかりと

乾燥はニキビの原因の一つ。とくにケアが怠りがちな顎はしっかりと保湿してください。
ただし、化粧水、乳液、美容液、クリームと、あれこれ塗布すると、今度は外的刺激によって顎ニキビができやすくなります。
保湿するなら、シンプルケアがベスト。肌摩擦を軽減できるオールインワンゲルを選びましょう。

おすすめは、「アクネレスシリーズ Wニキビセット」。

アクネレスシリーズ Wニキビセット
アクネレスシリーズ Wニキビセット

アクネレスシリーズ Wニキビセットは、ニキビの原因となる過剰な皮脂を吸着してニキビができにくい肌を期待できる「薬用スーパーアクネレスゲル」と、たっぷりの保湿成分が肌の水分と油分のバランスを整える「薬用アクネレスモイスチャーゲル」のセットです。

乾燥しやすい大人肌は、十分な保湿ケアをしてあげることが大切。
ニキビケアと保湿がダブルでできるアクネレスシリーズ Wニキビセットは最適です。

また、できてしまったニキビに使いたいのが、ニキビを集中的にケアする「薬用アクネレススポッツパック」です。

薬用アクネレススポッツパック
薬用アクネレススポッツパック

気になる箇所に塗布するだけで、ニキビの原因菌の繁殖を穏やかにしてくれます。

顎ニキビケアには、肌を清潔にしてしっかり保湿をしながら、できたニキビにはスペシャルケアをしてあげることがポイントです。

メイク用品は肌に負担のないものにかえる

顎ニキビ対策として、もう一点注意しておきたいのがメイクです。

ニキビは、過度に触れることや紫外線の影響によって悪化します。
だからこそ、悪化させないようなメイク用品を使うことが大切。

ニキビ肌におすすめなのがBBクリームです。
ドクターシーラボのBBクリームは、美容液、クリーム、日焼け止め、化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、と6つの働きを1本で果たす優れもの。
メイクによる肌摩擦を最小限に抑え、なおかつ紫外線から肌を守ってくれるため、ニキビ肌でも使用することができます。

スキンケアにおける顎ニキビ対策3点を今日から実行していきましょう。

繰り返さないために意識すること

正しい顎ニキビ対策を把握したら、次は顎ニキビを繰り返さないことを意識しましょう。 肌のコンディションを整えるためには、ライフスタイルも改善する必要があります。

ホルモンの時期によって化粧品を変える

エストロゲン分泌量が増える卵胞期と、プロゲステロン分泌量が増える黄体期とでは、化粧品を変えましょう。

肌の調子が上がる卵胞期は、肌をトーンアップさせるような攻めのスキンケアをしてもOKですが、肌の調子が下がる黄体期は、敏感肌用やニキビ用の化粧品を使って肌をしっかりと守るスキンケアが正解。

肌の状態に合わせたスキンケアをすることで、肌へのトラブル、とりわけ黄体期に発生しやすい顎ニキビを抑え、なりたい肌を実現させることができます。

規則正しい生活

顎ニキビは、スキンケアだけでは改善することはできません。
一番大切なのは、ホルモンバランスを崩さない規則正しい生活をすることです。
とくに睡眠不足には要注意。
睡眠不足になると、肌の免疫力は一気に低下し、顎ニキビをはじめ、あらゆる肌トラブルを起こし、さらに悪化させてしまいます。
毎日同じ時間帯に寝るようにし、睡眠時間は最低でも6~7時間は取るようにしてください。

また、食事にも気を配りましょう。
動物性脂肪の多い食事はなるべく控え、ビタミンや食物繊維、ミネラルの多い食事にシフトします。ただ、忙しくて毎日栄養バランスの取れた食事を作ることができないという方も多いでしょう。そんな方は、サプリメントで効率良く栄養を補ってあげるのも手です。

「VC6000マルチビタミン」なら、手軽に12種類のビタミンを摂取することができ、ビタミンCに関してはレモン13個分に相当する量を摂ることができます。

VC6000マルチビタミン
VC6000マルチビタミン

思春期に一時的にできるニキビと違って、一度できたら治りにくい大人の顎ニキビ。
しかし、ホルモンバランスを整えながら、刺激の少ない良質なスキンケアをして、ライフスタイルに気を配るだけで、顎ニキビを改善することができます。
もう顎ニキビで悩まないために、今日から顎ニキビ対策を始めましょう。

大人に多い顎ニキビの対策法の関連ページ

大人に多い顎ニキビの対策法 ページトップへ