>   >   > 

女性の薄毛治療最前線~皮膚科クリニックインタビュー~

  • Check

女性の薄毛も治る時代が来ています。男性の薄毛とは原因の違うびまん性脱毛症やFAGA(女性男性型脱毛症)に焦点を当てた女性の薄毛治療の最新情報を皮膚科クリニックの先生にお聞きしました。

薄毛

頭髪治療を行う女性が増えています

美容皮膚科シロノクリニックでは女性の頭髪治療・薄毛治療を積極的に行っており、その数は年々増加傾向にあると言います。来院される皆さまは、どのような薄毛の症状でお悩みなのでしょうか?そして、クリニックではどんな治療を行っているのでしょうか?先生にうかがってみることにしました。

ご協力いただいた先生

シロノクリニック 池袋 寺井美佐栄 院長
所属学会・資格
日本レーザー医学会、日本抗加齢医学会専門医、日本美容皮膚科学会、
日本産業衛生学会認定専門医、日本医師会認定産業医、
労働衛生コンサルタントなど
その他
サーマクール認定医、ウルセラ認定医
http://ikebukuro.shirono.net/

Q:女性の薄毛はどんな治療を行っていますか?

来院される方の大半は「びまん性脱毛症」と呼ばれる全体的に髪が細く薄くなるタイプの薄毛でお悩みです。頭頂部から進行するFAGA(女性男性型脱毛症)の方はあまり見られません。治療法はパントガールという女性用の薄毛治療薬に加え、プラセンタ点滴や光線療法と呼ばれる頭皮に光を当てて毛根を活性化する治療を行っています。

Q:男性薄毛治療との違いは?

男性の薄毛は男性ホルモン「テストステロン」が悪玉に変形した「ジヒドロテストステロン」が原因で、それを阻害する治療薬プロペシアに加え発毛促進外用薬リアップが有効です。しかし女性の場合、薄毛の原因は加齢による女性ホルモンの減少でバランスが崩れることと言われており、更年期障害の治療に有効なプラセンタも効果が確認されています。治療方法は大きく異なりますので、女性の薄毛に詳しいクリニックを選ぶことをおすすめします。

同じ薄毛でも、女性と男性では原因も治療法も全く違うのですね。
クリニックでは薄毛を根本から改善する治療が受けられることもわかりました。

育毛剤も、女性専用を選ぼう

男性のものとはメカニズムが違う女性の薄毛。それでは育毛剤も女性専用を使った方が良いのでは?という疑問が生まれます。
しかし、女性専用の育毛剤は、男性用の製品のようにCMや広告で宣伝しているケースがとても少ないように思えます。
薄毛に悩んでいる、髪のボリュームが気になっている…という方のために、女性のための育毛ケアをご紹介します。

女性用の育毛剤

爽快な使用感で頭皮の血行促進を促す男性の育毛剤とは違って、女性用の育毛剤には女性ホルモン様成分(エストロゲンという女性ホルモンと構造が似ている成分)や保湿剤・栄養剤が配合されていることが多く、使い心地もマイルドなものが主流です。
女性が薄毛になる理由として「女性ホルモンが減少すること」以外に挙げられるのが「貧血による髪や頭皮の栄養不足」「ヘアカラーやパーマによる髪や頭皮のダメージ」です。効果的に頭皮や毛根に栄養を補い、男性よりデリケートにできている女性の皮膚をやさしく保湿しながら成分を浸透させてくれるような育毛剤を選ぶのが良いでしょう。
育毛効果を狙って有効成分濃度が高いものを選ぶと逆に地肌への刺激となってしまう場合もあるため、頭皮の状態があまり良くない場合には使用を控える、頭皮にやさしい成分が配合されている育毛剤に切り替える、などといった対策を取りましょう。
女性ホルモンを補いながら健やかな髪と頭皮を育ててくれる、おすすめの育毛剤がこちらです。

エスモEX 薬用育毛ローション

皮膚の専門家が女性のために開発した薬用育毛ローションです。
有効成分エチニルエストジオール(女性ホルモン様成分)をナノ化して配合することで、髪の毛を作り出すの効果的なアプローチが実現。炎症を抑えながら頭皮を健やかに保ってくれるため、頭皮にダメージを受けやすい方にもおすすめです。
ラベンダー・ローズマリー・ローマカミツレなどの天然植物オイルの香りで、毎日のヘアケアタイムを楽しむことができます。

エスモEX 薬用育毛ローション
エスモEX 薬用育毛ローション

白髪染めは頭皮にやさしいものを選ぼう

白髪を染めることで地肌の露出をカバーし、薄毛を目立たなくしてくれる白髪染め。
けれど、選び方を間違えると、白髪染めもまた薄毛の原因となってしまう場合があります。薄毛が気になる方は、頭皮へのダメージがなるべく少なくなるような白髪染めを使うよう心がけることが大切です。
白髪染めを選ぶ時、特に注意したいのが2剤式になっているもの。キューティクルを開き、髪を染まりやすい状態にする1剤(染料)と、白髪以外の髪の毛の色を脱色し、1剤の染料の発色を良くする2剤(脱色剤)を混ぜて使うタイプの白髪染めです。白髪ではない髪も一度脱色してから色を入れるため、ムラになりにくくきれいに仕上がります。ではなぜ注意が必要なのかと言うと、2剤の方に頭皮の刺激となる成分が入っているためです。
頭皮のことを考えるのであれば、2剤式でしっかり染めるよりも1剤式でやさしく染める方が安心と言えます。
1剤式の中でもおすすめなのがトリートメントタイプの白髪染めです。2剤式よりも使い方が簡単な上、頭皮や髪へのダメージが少ないものが多くなっています。でも、きちんと染まるかどうか不安…という方には、低刺激なのに高い染毛力を持つ白髪染めをご紹介します。

ヘアカラートリートメントスピード3

シャンプー後の髪になじませ、たった3分置くだけで白髪がきれいに染まる、地肌と髪にやさしい白髪染めです。
頭皮と髪をケアしてくれる成分が配合されているため、ヘアカラーの時に感じてしまうヒリヒリ感や髪のゴワつきなどはありません。ツンとするにおいがなく、美容室に行くより経済的なのも嬉しい点です。
ソフトブラック・ダークブラウン・ライトブラウンの3色展開なので、好みや元の髪色に合わせて選ぶことができて自然な仕上がりに。数回の使用で白髪をしっかりカバーしてくれます。

ヘアカラートリートメントスピード3
ヘアカラートリートメントスピード3

ボリュームパウダーで隠すテクニック

女性の薄毛は全体的に進行することが多いとはいえ、何かと人目につきやすいのは頭頂部です。特に、つむじや分け目周辺の地肌は露出面積が増え、実際よりも髪が少なく見えてしまう傾向に。
そんな気になる頭頂部については、ボリュームパウダーを使ってみるという方法もあります。色付きのパウダーを頭頂部の髪になじませ、白髪や地肌を目立ちにくくするのです。
一見難しそうに聞こえますが、使いやすい形状の商品を選べば大丈夫。自分で簡単に白髪や地肌をカバーすることができます。
ボリュームパウダーの中でも簡単に使えて、使用感の良いものがこちらです。

簡単白髪かくしボリュームパウダー&フィットミスト

なじみやすい微粒子パウダーが、透けて見える地肌と髪にしっかり密着して気になる部分をカバーしてくれます。
パフでパウダーを髪に乗せてゆくだけなので、どなたでも簡単に使えてとても便利。髪や地肌にやさしい成分入りなので、ダメージをケアしながら白髪・薄毛対策ができるんです。

簡単白髪かくしボリュームパウダー&フィットミスト
簡単白髪かくしボリュームパウダー&フィットミスト

クリニックで治療を受けることも、自分でカバーしたり育毛したりすることもできる、女性の薄毛。
メカニズムや対策が分かってしまえば、恐れることはありません。自分に合った方法で、髪や頭皮をいたわりながら薄毛と付き合ってゆきましょう。

  • Check

女性の薄毛治療最前線~皮膚科クリニックインタビュー~の関連ページ

女性の薄毛治療最前線~皮膚科クリニックインタビュー~ ページトップへ