>   >   > 

3ヶ月で15kg痩せたドクターが伝授「おこづかいダイエット法」

  • Check

監修:シロノクリニック 城野親徳総院長

なんと3ヶ月で15kgのダイエットに成功したシロノクリニック院長の城野ドクターの経験を元にご紹介したいのが「おこづかいダイエット」。1日の摂取カロリーを“おこづかい”と考えて、その範囲でやりくりするだけで無理なく痩せることができるといいます。

簡単キレイ! おこづかいダイエット法 7つのルール

ルール①

1日の摂取カロリーは”おこづかい”。
その中で3食をやりくりする

1日の摂取カロリーを”おこづかい”とし、1,500kcal=1,500円と考えます。朝・昼・晩・間食を含め、その予算内で「あといくら残っているか」を引き算しながら、自分が満足できるように好きな食べ物を選んでいきます。たとえば、外食で夜1,000円(1,000kcal)の食事を摂る予定なら、朝昼あわせて500円(500kcal)でやりくりするといった要領です。

ルール②

置き換えダイエット食品を
上手に取り入れる

食欲が抑えられずについ量を食べてしまうという方は、3食のうち1食を低カロリーの置き換えダイエット食品や、野菜、スムージーなどに置き換えると、1日のカロリーバランスを取りやすくなります。

ルール③

タンパク質を摂り、
筋肉量をキープする

きれいに痩せるために欠かせないのが、肉や魚などのタンパク質。タンパク質がきちんと摂れていると、体重が減っても筋肉量が減らないため、体力も落ちません。また、筋肉はエネルギーを消費するので、基礎代謝のよい体になり、より痩せやすい体質に変わっていきます。

ルール④

ビタミン・ミネラルは
栄養補助商品で補う

ダイエット時は気をつけていても栄養不足になりがちです。ビタミンやミネラルを多く含む野菜をたくさん摂ることはもちろん、良質のサプリメントや健康食品を上手に取り入れて栄養を補ってあげましょう。他にも新陳代謝を促す発酵食品をたっぷり摂るのもおすすめです。

ルール⑤

たまにはスイーツOKにして
ストレスをためない

あまり厳しい食事制限はストレスになり、せっかく始めたのに挫折なんてことに。チョコレートなど甘いものも1日の総摂取カロリー以内であれば、そこまで大きなデメリットになりません。食べ過ぎてしまうという人は、低糖質のスイーツなどを利用するのもいいでしょう。

ルール⑥

1日に2回、体重計に乗って
体重を記録する

朝・晩2回、体重測定をしましょう。はじめは面倒かもしれませんが、痩せはじめるとモチベーションに変わります。食べ過ぎた翌日は体重が増えているため「今日はセーブしよう」という自己管理する意識も高まります。体重をカレンダーに記録しておくと分かりやすくておすすめです。

ルール⑦

生活の中に
適度な運動を取り入れる

日常生活の中で体を動かすことを習慣にすることが大切です。筋肉量を落とさないためにも、あいている時間にスクワットやウォーキング、ストレッチなど、無理なく続けられる範囲で適度な運動を取り入れましょう。

監修:シロノクリニック 城野親徳総院長

なんと3ヶ月で15kgのダイエットに成功したシロノクリニック院長の城野ドクターの経験を元にご紹介したいのが「おこづかいダイエット」。1日の摂取カロリーを“おこづかい”と考えて、その範囲でやりくりするだけで無理なく痩せることができるといいます。

簡単キレイ!
おこづかいダイエット法 7つのルール

ルール①

1日の摂取カロリーは”おこづかい”。
その中で3食をやりくりする

1日の摂取カロリーを”おこづかい”とし、1,500kcal=1,500円と考えます。朝・昼・晩・間食を含め、その予算内で「あといくら残っているか」を引き算しながら、自分が満足できるように好きな食べ物を選んでいきます。たとえば、外食で夜1,000円(1,000kcal)の食事を摂る予定なら、朝昼あわせて500円(500kcal)でやりくりするといった要領です。

ルール②

置き換えダイエット食品を
上手に取り入れる

食欲が抑えられずについ量を食べてしまうという方は、3食のうち1食を低カロリーの置き換えダイエット食品や、野菜、スムージーなどに置き換えると、1日のカロリーバランスを取りやすくなります。

ルール③

タンパク質を摂り、
筋肉量をキープする

きれいに痩せるために欠かせないのが、肉や魚などのタンパク質。タンパク質がきちんと摂れていると、体重が減っても筋肉量が減らないため、体力も落ちません。また、筋肉はエネルギーを消費するので、基礎代謝のよい体になり、より痩せやすい体質に変わっていきます。

ルール④

ビタミン・ミネラルは
栄養補助商品で補う

ダイエット時は気をつけていても栄養不足になりがちです。ビタミンやミネラルを多く含む野菜をたくさん摂ることはもちろん、良質のサプリメントや健康食品を上手に取り入れて栄養を補ってあげましょう。他にも新陳代謝を促す発酵食品をたっぷり摂るのもおすすめです。

ルール⑤

たまにはスイーツOKにして
ストレスをためない

あまり厳しい食事制限はストレスになり、せっかく始めたのに挫折なんてことに。チョコレートなど甘いものも1日の総摂取カロリー以内であれば、そこまで大きなデメリットになりません。食べ過ぎてしまうという人は、低糖質のスイーツなどを利用するのもいいでしょう。

ルール⑥

1日に2回、体重計に乗って
体重を記録する

朝・晩2回、体重測定をしましょう。はじめは面倒かもしれませんが、痩せはじめるとモチベーションに変わります。食べ過ぎた翌日は体重が増えているため「今日はセーブしよう」という自己管理する意識も高まります。体重をカレンダーに記録しておくと分かりやすくておすすめです。

ルール⑦

生活の中に
適度な運動を取り入れる

日常生活の中で体を動かすことを習慣にすることが大切です。筋肉量を落とさないためにも、あいている時間にスクワットやウォーキング、ストレッチなど、無理なく続けられる範囲で適度な運動を取り入れましょう。

  • Check

3ヶ月で15kg痩せたドクターが伝授「おこづかいダイエット法」の関連ページ

3ヶ月で15kg痩せたドクターが伝授「おこづかいダイエット法」 ページトップへ