>   >   > 

20代、30代、40代・・・年代別化粧水の選び方

  • Check

ニキビや肌あれが気になる、シミや毛穴が気になる、乾燥小ジワや年齢肌が気になる…。20代、30代、40代と年代によって悩みは違ってきます。年代別に化粧水の選び方のポイントをご説明します。

30代と40代

20代はお悩みがバラバラ。化粧水選びは難しい

多くの女性が20代後半から肌の老化を意識し始めます。しかしその悩みは、美白、エイジング、肌あれ・ニキビ、毛穴など、バラバラ。まずは自分の肌をきちんと知ることから始めましょう。

化粧品カウンターでは、機器によって「隠れジミ」などを見つける肌診断や、プロによる個別アドバイスが受けられます。また最近人気なのは、老化遺伝子検査です。
「シミ」「シワ」「たるみ」に代表される肌トラブルは、食生活や睡眠、ストレスや紫外線など、さまざまな要因によって引き起こされるもの。しかし、同じ外的ストレスを受けても、肌トラブルが起きやすい人と起こりにくい人がいます。それは、本来の肌質や刺激に対する影響の受けやすさに個人差があるためです。
ドクターシーラボ肌老化遺伝子検査セットは、口の内側の粘膜を綿棒でとって送るだけでとってもカンタン。遺伝的な肌質の傾向を分析し、日常のスキンケアや生活習慣に役立つビューティアドバイスをお届けします。

VC100肌老化遺伝子検査セット
あなたの老化パターンが分かる!老化遺伝子検査

20代は、まだまだ体に無理がきくので、遊びに仕事に不規則な生活をしがちです。かさつきや肌あれを感じたら、肌あれ対策化粧水を。おすすめは、ハーバルセラムO2。高濃度酸素水配合、酸素とハーブの力で肌のコンディションを整える、大人の肌あれ用化粧水です。また植物エキスが季節の変わり目などトラブル肌にやさしくアプローチ!ハーブのさわやかな香りで気持ちまでリフレッシュできます。

VC100ハーバルセラムO2
20代におすすめ!大人の肌あれに

30代の悩みは毛穴!毛穴対策化粧水が選ばれる理由

30代で自覚が避けられなく肌の老化。「最近、毛穴が目立ってきた」と気づいたら、肌のターンオーバーの衰えからくる乾燥、肌の弾力低下が始まっている証拠です。
そんな年齢毛穴対策にパワーを発揮するのが、ビタミンC。毛穴の広がりだけでなく、良いことずくめの万能美容成分なのです。そんなビタミンCの安定性を高め、お肌に浸透しやすく改良したのが「ビタミンC誘導体」、中でも高浸透型ビタミンC誘導体「APPS(アプレシエ(R))」の浸透力は、なんと通常のビタミンCの100倍!この「APPS(アプレシエ(R))」を配合した、VC100 ポアホワイトローションは、お肌にハリと弾力を与え、肌を引き締め毛穴を整えてくれるエイジングケア化粧水として、口コミサイトでもNo.1(@コスメ化粧品部門2012年第1位)の人気を集めています。
お肌の上にのせると、じんわり潤っていくのが感じられるような、トロリとした使用感がやみつきになります。

VC100 ポアホワイトローション
30代におすすめ!年齢毛穴化粧水

40代からの化粧水はハリ・弾力ケアが必須項目に

年齢を重ねると「フェイスラインがぼやけてきた」「口元や目元のゆるみが気になる」といったお悩みが加速します。40代からの対策ポイントは、ハリ・弾力ケアが欠かせません。
年齢を重ねた肌は、乾燥や紫外線などの影響によりターンオーバーが乱れやすく、古い角質が残り、蓄積していく傾向にあります。だからシミにもなりやすいのですね。
そこで、ドクターシーラボがハリ弾力を最大限に引き出す「ハリ弾力化粧水」として開発したのがエンリッチリフトモイスチャーローションです。古い角質をやわらかくする働きと、そのやわらかくなった肌に豊富な美容成分をイチ早く届ける設計を採用。濃厚な感触と、これまでにない浸透感で、つけた直後からしっとりと弾むようなハリを実感できます。

エンリッチリフトモイスチャーローション
40代に濃厚美容液のようなハリ・弾力化粧水

最後に化粧水の注意点を2つ

化粧水は、洗顔後に油分を失った不安定な状態のお肌に、いち早く水分と保湿成分を補うものですが、単体で使ってもやがて蒸散してしまいます。必ず美容液、乳液、クリームなどの油分でフタをして水分を閉じ込めてください。おすすめは、水分と油分をバランスよく配合したオールインワンゲルです。
また、エイジングケアは早く始めれば始めるほど効果が出ます。20代後半からは、30代、40代向けにご紹介したエイジングケア化粧水もおすすめです。早いうちから毛穴やハリ・弾力ケアをすることで、10年20年と年月を重ねた後に、必ず違いを実感することでしょう。

20代→50代

  • Check

20代、30代、40代・・・年代別化粧水の選び方の関連ページ

20代、30代、40代・・・年代別化粧水の選び方 ページトップへ