>   >   > 

オールインワン化粧水にできること

化粧水、美容液、乳液がこれ一本で!というオールインワン化粧水があれば、もっと肌のお手入れが楽なのに・・・。でも、そんな商品をあまり見かけませんよね?それは「化粧水」の特性が関係していたのです。

オールインワン化粧水?

化粧水だけでは蒸散が!オールインワンにできない理由

洗顔後のお肌に最初につける化粧水の役目は、お肌を保湿して、キメを整えることです。洗顔した直後は、汚れと一緒に油分や保湿に必要な成分も落とされてしまった不安定な状態。そこへすかさず水分と保湿成分を補い、その後に続く美容液、乳液などが浸透しやすい状態に整えるのが化粧水なのです。多くの化粧水は、保湿成分としてグリセリンやセラミド、ヒアルロン酸やコラーゲンなどを配合することで、お肌に馴染みやすく浸透しやすい工夫がされています。

お肌にはもともとバリア機能があるので、健全で潤っているお肌なら、基本的に何もしなくても外的刺激から自分を守ることができます。しかし年齢を重ねたお肌や、乾燥のきつい冬場には、化粧水だけでは肌が必要な水分をキープできません。バリア機能が壊れた肌トラブル状態の乾燥肌や敏感肌の方なら、なおさらです。

バリア機能

その理由は、成分の7~8割が水分(精製水)だから。水分は角質層のバリア機能にはじかれて肌の奥までは浸透せず、ほとんどが蒸散してしまうのです。保湿成分が入っていてつけた後しっとり感を感じても、それは一時的なものでしかありません。化粧水の水分は、油分(乳液やクリーム)でフタをすることではじめて肌表面に留まれるのです。
オールインワン化粧水があまりないのは、「肌に水分を留めて置けない」という理由だったのですね。

“悩みケア”という意味での、オールインワン化粧水なら存在します

化粧水でお手入れのステップをひとつにまとめることはできません。しかし、「複数のお悩みに答える機能を備えている」という意味でのオールインワン化粧水なら存在します。おすすめは「VC100 ポアホワイトローション」

VC100ポアホワイトローション

口コミサイトの化粧水ラインキングで第1位を獲得したエイジング毛穴化粧水です。高浸透ビタミンVC100が肌にしみこんで年齢毛穴をきゅっと引き締め、2種類の水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体が輝く肌をサポート。また、潤い美容成分として3種のコラーゲンとヒアルロン酸その保湿成分を配合、乾燥からお肌を守ります。EGFやフラーレンをはじめとする年齢肌に嬉しい美容成分がハリ・弾力をサポートし、ふっくらプルプルのお肌に導きます。

VC100化粧水

オールインワンゲルがなぜいいの? 保湿と水分・油分の関係

化粧水と乳液、両方塗るのは面倒だとお考えの方は、オールインワンのゲルタイプがおすすめです。ぷるんとした使用感のゲルは、化粧水、乳液、美容液、クリームの両方の性質を兼ね備えているから。たっぷりの水分を与えつつ、同時にクリームと同じ皮膜の機能でフタをしてくれます。

アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX

エンリッチリフトセット
⇒現在お届けできる無料サンプル一覧(送料も無料!

さらにたるみケアにバツグンの効果を発揮するリンパマッサージのマッサージクリームのとしても使えるので、ぜひマッサージにもお使いください。

お肌をピン!と引き締める7種のリフト成分が配合されています。浸透力が高いので、お風呂上りなどに毎日マッサージを続けると、ゆるみがちなお肌にハリを実感できるはず。さらに化粧下地やアイクリームの機能もあるので、洗顔後はこれひとつでOK! ハリもツヤも引き締めも叶える基礎化粧品です。

オールインワン化粧水にできることの関連ページ

オールインワン化粧水にできること ページトップへ