>   >   > 

紫外線吸収剤は本当に危ないの?

紫外線吸収剤不使用・ノンケミカルの日焼け止めは肌にやさしく安心です。しかし、紫外線吸収剤ってそんなに肌に悪いの?そんなに悪いのにどうして使うの?とお考えの方もいるのではないでしょうか?それは、紫外線吸収剤は紫外線散乱剤より使用感がよく「紫外線防御力」、もすぐれているからなのです。

紫外線

紫外線吸収剤について

紫外線吸収剤とは、その名のとおり紫外線を吸収することで肌への紫外線を減らす素材です。紫外線散乱剤は紫外線を跳ね返すもので、天然の成分のものがほとんどです。

紫外線吸収剤・紫外線散乱剤

紫外線吸収剤は化学合成された成分になり、主なものでジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルなどになります。紫外線を自分の中に取り込んで化学反応を起こさせます。この化学反応で熱を放出するものもありますが、肌に感じるレベルではありません。その熱や、化学反応自体、そして化学反応で変化してしまった物質が肌に刺激になる場合もあるのです。
敏感肌の方が、強い日焼け止めを塗って肌があれてしまった…ということがあるのはこのせいかも知れません。

紫外線吸収剤のメリットデメリット

紫外線吸収剤も紫外線散乱剤もメリットとデメリットがあります。

>>>>>>
メリットデメリット紫外線吸収剤紫外線散乱剤
白浮き透明で白浮しない白浮きする(ただし最近ではナノ化されて白浮しにくいものもある)
塗り心地さらさらこってり
強い弱い
長持ち化学反応で効果が弱るため塗り直しが必要汗で流れるため塗り直しが必要
肌への刺激人によっては負担に刺激が少ない

このように、長所短所があり、どちらがいいとは言えないのです。紫外線吸収剤を使った製品が多い理由としては、最近では成分の研究が進み肌への刺激が最小限に抑えられるようになったことや、ジェル・化粧水のようにさらさらした日焼け止めがブームになっていることなどの背景があります。
そして、汗で流れにくいというのが一番のメリット。日焼け止めを塗ってもすぐに効果が薄れてしまっては意味がありません。防御力を求めるとやっぱり紫外線吸収剤が魅力的に見えてくるのです。

てんびん

肌への刺激を徹底的に抑えた紫外線吸収剤も存在する

紫外線散乱剤が進化を遂げて白浮しにくいものが出てきたのと同じで、紫外線吸収剤も肌への刺激を極限に抑えたものもあらわれています。シラソーマなど、マイクロカプセルに紫外線吸収剤を入れて直接肌に触れないようにする技術が開発されています。これなら敏感肌の方でも安心ではないでしょうか?さらさらとした使い心地を実現しつつ、肌への刺激が少ない紫外線吸収剤…選択肢の一つにしてみてください。

シラソーマ

シラソーマを採用した敏感肌ラインの日焼け止め

「赤ちゃんも使える」をテーマにした日焼け止め。シラソーマを採用し、デリケートな肌を守るセラミドや植物エキスを配合したスキンケアUV。「赤ちゃんから大人まで」のキャッチフレーズどおり、ママやパパとお子様が同じもの「マイルドUV」を使っていただけると嬉しいです。

マイルドUV SPF30 PA++
敏感肌用日焼け止め

紫外線散乱剤のUVケアはこちら

ドクターシーラボでは紫外線散乱剤(ノンケミカル)の日焼け止め・紫外線対策製品も用意しております。

紫外線吸収剤は本当に危ないの?の関連ページ

紫外線吸収剤は本当に危ないの? ページトップへ