>   >   > 

日焼け止めのSPF・PAの意味と選び方

日焼け止めの強さを表すSPFとPA…多い方が強いとなんとなくわかっていても、人に説明できない!という方は多いはず。これを機にさっと読んで理解しましょう。

紫外線

SPF・PAの前に…ます紫外線は3種類あります

光が大きく3種類に分かれるのはご存じですか?下記のとおり可視光線、赤外線、紫外線です。

赤外線~紫外線

虹の7色は赤から始まって紫に終わっています。その赤~紫は目に見える光ということで可視光線と呼ばれています。そして目に見えない光は赤の外=赤外線、紫の外=紫外線というのです。そして紫外線も3種類存在します。

紫外線A波(UVA)>シワやたるみの原因に

紫外線A波は肌の奥深く真皮まで届き、肌内部に活性酸素を作りだします。すると、DNAを傷つけたり、コラーゲンやエラスチンも破壊し、シワやたるみなどの肌老化を招きます。窓ガラスや雲も突き抜けるため、曇りの日や室内でも注意が必要です。

UVA

紫外線B波(UVB)>シミやそばかすの原因に

紫外線B波は肌表面が赤くなる炎症を引き起こします。肌表面に発生した活性酸素は、紫外線を浴びなくても過剰なメラニン色素をつくり、やがて色素沈着となりシミやソバカスの原因に。別名「レジャー紫外線」とも言われます。

UVB

紫外線C波(UVC)>皮膚病の原因に

B波より有害な紫外線です。通常は、オゾン層によって吸収され地上まで届くことがなかったのですが、近年のオゾン層破壊によって地上まで届いてしまうことが心配されています。

日焼け止めは紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)をカットするものです。

日焼け止めのSPFとは

SPFは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、主にUV-B(紫外線B波)の防止効果を表す目安の数値です。数字が大きいほど効果が高くなります。この数値の意味ですが、50だと50時間効いて30だと30時間効くという意味ではありません。紫外線が当りだしてから日焼けしてしまう(=紅斑といって赤い斑点が出て炎症を起こしている状態)まで、人によって個人差がありますがだいたい15分~20分と言われています。それをたとえばSPF30なら30倍遅らせることができる…という意味です。ここでお気づきの方もいらっしゃると思いますが、そうです、残念ながら日焼け止めを塗ったからといって100%紫外線が防げているわけではなく、すごく少なくできているよということなのです。

SPF

つまりSPFとは「時間」ではなく防御力(強さ)であると言えます。
選び方のポイントは、通勤やおつかいなど1時間以内のお出かけには35程度、1時間以上のレジャーやスポーツには50以上を使うことをおすすめします。
また日焼け止めは時間が経つとともに効果が減ってきます。こまめに塗りなおしましょう。

日焼け止めのPAとは

PAは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略主にUV-A(紫外線A波)の防止効果を表す目安の数値です。+の多さがUV-Aに対する効果の高さを示します。++++、+++、++、+の4段階があり下記のように設定されています。

PA++++極めて高い効果がある
PA+++非常に効果がある
PA++かなり効果がある
PA+効果がある

紫外線A波で特に気にして欲しいのは、春・夏以外でも「そこそこ降り注いでいる」ということ。

紫外線(UV)年間グラフ

ご覧のとおり紫外線B波は10月~2月にガクっと減るのに比べ、A波は安定して降り注いでいるのです。シワやたるみが気になる方で、室内の窓際にいる方や外に出ることが多い方は冬もしっかりUVケアをしていただきたいです。

今流行の「スキンケアUV」って?

日焼け止めはUVをカットする能力ももちろん大切ですが、紫外線ダメージから守るために保湿力などの美容成分が合わせて入っているものがおすすめです。それが今流行の「スキンケアUV」です。各メーカーによって入っている美容成分は違いますので、あなたに合ったものを選んでください。

ドクターシーラボのスキンケアUVは、コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・リピジュアなどの保湿成分に加え、各製品に特徴的な美容成分を組み合わせています。

エンリッチリフトラインの日焼け止めはリフトケア
エンリッチリフトラインの日焼け止めはリフトケア

エンリッチリフトラインの日焼け止めは金のコラーゲン・フェイスストレッチ成分配合で肌にピーンとハリを与えるスキンケアUVです。

UVミルク
ベーシックラインの日焼け止めはWHITE377を配合

圧倒的ブライトニング成分として大人気のWHITE377を配合。日常使いのSPF35PA+++とレジャー向けのSPF50PA++++から選べます。

マイルドUV
敏感肌の日焼け止めは肌を癒す植物エキスを配合

カミツレエキスやカンゾウ根エキスをはじめとした7種の植物エキスを配合。紫外線から肌を守りながら弱った肌を癒します。

そして、先ほど述べたように、「日焼け止めは時間が経つと効果が弱くなる」のでぜひ使っていただきたいのがパウダータイプの日焼け止め。

UV
パウダー
メイクの上から何度でも!UVパウダー

メイクをしていて上塗りできない部分におすすめ!色が付かないパウダーなので首やデコルテにも使えます。

いかがでしたか?SPFとPAの意味を知って、ぴったりの日焼け止めを選びましょう。

日焼け止めのSPF・PAの意味と選び方の関連ページ


“ドクターシーラボ激安”ニセモノに注意
初めての方限定無料サンプル

お客様からのよろこびの声

期待できそう

07.19

肌悩みが多い中、シミ対策を最優先してここ数年377VCを続けていたのですが、期待の成分がたくさん入っているこちらが新登場したので購入してみました。しっとりコクのあるテクスチャーで、濃密な美容成分がしっかり肌に入る感じで、使い心地がいいです。毛穴、シミの改善を願いつつ、まずは一本分様子を見ます。

(さゆき)

日焼け止めのSPF・PAの意味と選び方 ページトップへ