>   >   >   >   > 

ビタミンC誘導体とフラーレン、一緒に配合したい理由

  • Check

多くのドクターズコスメで採用されているビタミンC誘導体とフラーレンの組み合わせ。最近目にすることが多いと思いますが、どうして相性抜群なのかご存知でしょうか?わかりやすく解説します。

ビタミンC誘導体 フラーレン

ビタミンC誘導体の仕組み

美白ケアやエイジングケアに使用される商品に配合されることが多く、万能美容成分とも言われている「ビタミンC」ですが、ビタミンCのままではなく“誘導体”という形にして化粧品などに配合されることが多くなっています。一体どうしてでしょうか?
その理由は、ビタミンCがもともと持っている性質にあります。そもそも誘導体ってどういうもの?というところも含めてご説明します。

「誘導体」とは?

美肌や健康に欠かせないビタミンCですが、不安定でこわれやすい成分です。酸化にも弱く、肌への浸透力も高くはありません。つまり、ビタミンCをそのまま皮膚に塗ってもあまり浸透せず、本来持っている美容成分としての力を発揮する前に酸化が進んでしまうというわけなのです。
そこで採られたのが、「ビタミンCと他の分子とを結合させる」という方法です。他の分子とくっつけてあげることで成分としての安定性や肌への浸透力が高まり、酸化もしにくくなるということがわかったためです。こうして開発されたのが「ビタミンC誘導体」と呼ばれる成分です。

誘導体にすることで起こること

ビタミンC誘導体には、水溶性のものと油性の成分を結合させた油溶性のもの、水溶性・油溶性どちらの性質も持ったものの3種類があり、それぞれの特徴によって使い分けられています。
水となじみやすい水溶性のものは化粧水などに、油となじみやすい油溶性のものはクリームなどに、どちらの性質も持ったものはさまざまな化粧品へ配合する、といった具合です。誘導体にすることでビタミンCはいろいろな化粧品の中に均一に混ざることができるようになり、品質も安定します。
また、それまで他の分子と結びついていたビタミンC誘導体には、肌に入る時に分子と離れて“ビタミンC”へと戻るという特性があります。この作用は、本来肌に吸収されにくかったビタミンCをきちんと肌内の角層へ届けるということにもつながっています。

エイジングケアに人気の成分「フラーレン」の実力とは?

フラーレンとは、ビタミンC60バイオリサーチ社が開発した最先端の美容成分です。
ダイヤモンドと同じような炭素の同素体で、もともとは水に溶けない性質を持っています。そのため、同社が水性・油性どちらの物質にも溶解できる技術を開発し、近年はさまざまなタイプの化粧品に配合できるようになりました。
その優れた抗酸化作用の他にも保湿・美白・シワなどに対して効果が期待できること、コラーゲンの生成作用が高いこと、肌本来の活力を目覚めさせる作用があること、などを理由にエイジングケアの観点から注目され、フラーレン配合の美容液やクリームは40代以上の年齢層において大変な人気を集めています。

ビタミンC誘導体 フラーレン

フラーレン・ビタミンC誘導体が一緒に配合されると嬉しいワケ

ビタミンC誘導体には「肌に入る時に分子と離れて“ビタミンC”へ戻る」という特性があることは先ほどご説明しました。しかし、こちらもすでにお話しした通り、ビタミンCは単独ではとても酸化しやすい成分。せっかく肌に吸収されようというタイミングでも、分子と離れた瞬間から酸化が始まってしまいます。
そこでフラーレンが活躍します。フラーレンは、肌に到着したビタミンC誘導体がビタミンCへと変化した瞬間に酸化させようと待ち構えている活性酸素という物質を吸着し、ビタミンCがきれいな状態で肌内の角層に浸透する手助けをしてくれるのです。
しかも、フラーレンは長時間弱ることなく活性酸素を吸着しておくことができ、その間ビタミンCを酸化から守り続けてくれるということがわかっています。

このように、フラーレンの持ち味は「持続性」。一方のビタミンC(中でも特に水溶性のビタミンC誘導体)は短時間で肌に吸収され、すぐにその力を発揮する「即効性」を持った成分です。こうして見てみると、フラーレンとビタミンC誘導体とはとても相性が良く、組み合わせると相乗効果が期待できるということがわかります。
もっともフラーレンは、ビタミンCを酸化から守るという“パワーアシスト成分”としての位置づけだけで化粧品に入れられているわけではなく、フラーレン自体がエイジングケアにおいて優秀な成分であるということは言うまでもありません。
自身も優れた効能を発揮しながら他成分の補助もしてくれる存在のフラーレンが配合された化粧品を使うということは、スキンケアをする上で一石二鳥であると言えるのです。

ビタミンC誘導体 フラーレン

フラーレン+ビタミンCタッグに頼れる肌悩みとは?

万能美容成分と呼ばれる「ビタミンC」と、高い抗酸化作用を誇る最先端美容成分「フラーレン」。このタッグは、年齢肌のお悩みがある方の強い味方になってくれます。
“年齢肌のお悩み”とは具体的に言うと、お肌のハリ不足、毛穴のゆるみ、大人ならではの肌荒れ、キメの乱れ、乾燥、紫外線などの蓄積ダメージ、肌サイクルの不調などです。
ぜひ、そういった大人肌にはフラーレンとビタミンCが配合された化粧水などの化粧品をお使い頂く事をおすすめします。

  • Check

ビタミンC誘導体とフラーレン、一緒に配合したい理由の関連ページ

ビタミンC誘導体とフラーレン、一緒に配合したい理由 ページトップへ