>   >   >   >   > 

プラセンタの種類によって効果も変わる?プラセンタの選び方

プラセンタには、いくつかの種類があります。種類による違いと選ぶ際の注意点をチェックしておきましょう。

スキンケア

プラセンタの種類と期待できる効果とは?

すこやかな肌や体を維持するために役立ってくれるプラセンタ。プラセンタは、哺乳動物の胎盤から抽出され、胎児を育むための豊富な栄養を含んでいます。ひと口にプラセンタといっても、さまざまな種類があります。

豚プラセンタ

現在、化粧品や健康食品として、市場に出回っているプラセンタの大部分が豚のプラセンタです。豚は、年に2回子どもを産むため、その分胎盤の数も多くなります。また、養豚は、国内でも盛んにおこなわれているため、安定して、大量のプラセンタを確保することが可能です。

馬プラセンタ

他のプラセンタと比べて、およそ300倍のアミノ酸を含有しているといわれ、近年人気が高まっている馬プラセンタ。ただし、馬は、年に1回、1頭ずつしか出産しないため、大量生産がしづらく、どうしても高価になってしまうのが難点です。

羊プラセンタ

羊プラセンタの最大の特徴は、人間のものと似ているという点です。特に、アミノ酸の組成が類似しています。ただし、日本では、羊由来の原料の使用に制限がかかっているため、日本国内での流通量は多くありません。

ヒトプラセンタ

人間の胎盤から抽出されたヒトプラセンタは、認可された製薬メーカーのみが製造を行っています。もともと、自律神経の調整、更年期障害、肝機能の改善などを目的とした「プラセンタ療法」のために使用されてきました。現在は、美容皮膚科などのクリニックで、美容目的での注射や内服の治療をするケースも増えています。

他にも、「植物性プラセンタ」と呼ばれる成分を見かけることがありますが、そもそも植物には胎盤がありませんので、厳密には「プラセンタ」といえません。アミノ酸やビタミン、ミネラル類が豊富に含まれていることから、プラセンタという名称で呼ばれています。この場合、動物性のプラセンタにはある「成長因子(細胞の新陳代謝を促すたんぱく質の一種)」は含まれていないため、動物性のプラセンタほどの効果は期待できないかもしれません。

医療に使われるプラセンタ

注射器

複数の種類があるプラセンタですが、美容皮膚科を含む医療機関では、ヒトプラセンタを使用することができます。

ヒトプラセンタは、医薬品医療機器等法(旧・薬事法)で化粧品や食品への使用が禁止されているため、日本では簡単に手に入れることはできません。医療機関でのみ、注射や内服による治療が受けられます。

ヒトプラセンタの製造にあたっては、感染病原体などの検査や滅菌処理が厳重に行われていますが、ヒトプラセンタの注射を一度でも受けると、その後、献血ができなくなるため注意しましょう。また、美容目的での治療の場合、その費用は全額自己負担となりますので、それなりに費用がかかります。

プラセンタの取り入れ方

スキンケア

美容や健康のためにプラセンタを取り入れるには、次の方法があります。

化粧品

肌にハリを与えたり、透明感を引き出したり、肌をすこやかに美しく保つはたらきが期待できるプラセンタ化粧品。大きく分けて「プラセンタエキス配合化粧品」と、「プラセンタエキス原液」と呼ばれる化粧品があります。

プラセンタエキス配合化粧品は、配合成分の一つとしてプラセンタを含む化粧品。化粧水や乳液、ゲル、美容液、洗顔料など、さまざまな化粧品があります。

プラセンタエキス原液は、胎盤から水などを使って抽出したエキスをそのまま、あるいは主成分として商品化したもの。保湿剤などは含まれていないため、いつものスキンケアにプラスワンして使用します。

医薬品

ドラッグストアなどで購入できるOTC医薬品(市販薬)には、滋養強壮、肉体疲労時や妊娠授乳期・病中病後の栄養補給を目的とした、錠剤や液体タイプの内服薬があります。 厚生労働省に効能効果が認められたもので、プラセンタが定められた濃度の範囲で配合されています。OTC医薬品(市販薬)では、豚や馬、羊など、動物の胎盤を原料にしたプラセンタが使用されます。

サプリメント

豚や馬、羊など、動物由来のプラセンタを含む「食品」をいいます。錠剤タイプや液体タイプのほか、ゼリータイプなどがあり、健康維持や美容サポートのために摂取することを目的にしています。医薬品とは目的・分類が異なるため、薬であるかのような効能効果を表記することはできません。

また、サプリメントの場合、プラセンタエキスの純末(エキスを凝縮させた粉末)がどれくらい入っているかによって、期待できる効果が異なってきます。「プラセンタエキス○○mg配合」など、「プラセンタエキスがどのくらい入っているか」という表示が一般的ですが、サプリメントにはプラセンタエキスの濃度に基準がなく、製造時に薄めて作ることが可能です。そのため、エキスの含有量が多いからといって、純末の量が多いとは限らないので注意が必要です。

ドクターシーラボの『プラセンタEX エンリッチリフト』は、ドクターシーラボ内の従来の商品と比較して、プラセンタエキス末を200%増量しています。プラセンタサプリメントを選ぶ際には、純末がしっかり含まれた「中身の濃い」サプリメントを選びましょう。

注射

病気の改善や美容などを目的として、医療機関でプラセンタ注射を受けることができます。ヒトプラセンタを原料にした、厚生労働省に承認されている医療用プラセンタ注射薬が使われ、次のような効果が期待できます。

・肝機能障害
・美白、美肌
・更年期障害、生理不順、生理痛、冷え症など
・抗アレルギー作用、免疫機能強化など

まとめ

胎児を育て上げる胎盤から抽出される、栄養が豊富なプラセンタ。それぞれの特徴を理解して、納得して続けられるものを選んでみてください。

プラセンタの種類によって効果も変わる?プラセンタの選び方の関連ページ

プラセンタの種類によって効果も変わる?プラセンタの選び方 ページトップへ