> > >

とにかくシミを撃退したい

相談者:ゆきさん

相談日時:2013/08/18 15:41:26回答残り時間:受付終了

とにかくシミを撃退したい

40代後半、どんどん増えていくシミ
そしてくすんでいく頬のあたりが気になって仕方ありません。
ハイドロキノンが効果的だとネットで知って、
今HC-119 3%を使用して1ヶ月経とうとしています。
顔全体が明るくなったようで、少しですが効果は実感しているところです。
私は、なるべく価格を抑えて効率的に美白を実践したいと考えているのですが
このサイトで、いろいろな商品を調べていくうちに
スーパーホワイト377EXの方が美白効果が高い様に思えてきたのです。
次回はこの商品を購入しようかと思っています。
この2つの商品は一体どのような効果の違いがあるのでしょうか?
購入の判断が出来ません。。。
カテゴリ:
肝斑(かんぱん)
解決済み
あるある〜

5

回答4:マメタローさん

回答日時:2013/08/21 18:48:43

まずは、美白成分の働きで商品を選ぶと良いと思います。

くすみやシミに効果があるとなると、総合的にバランスの良いのは、SW377EXの方ではないかと思います。
私の経験ですが:
小さなシミや薄いシミであれば、SW377EXで充分な効果を得られます。かなり頑固な濃いシミですと、ある程度までは薄くなりますが一定レベルまで薄くなると変化はなくなります。
SW377ウルトラ使用開始で、短期間でシミのサイズが半分になり色がこげ茶からベージュにまでなりました。効果や速効性はこちらの方がありますが、美白成分の含有量が高いので、SW377EXで様子を見て肌トラブルがなければウルトラにするのも良いかと思います。

必ずパッチテストを行ってください。赤み、痒み、湿疹、炎症などが起きた場合は使用を中止してください。

頑固なシミもあるのでしたら、SW377EXとHC-119の併用が良いかと思います。

あくまでも個人的な見解ですが、各美白成分の相乗効果を狙うケアが1番良いと考えています。
実際に愛用中の商品:
・VC100ポアホワイトローション
・PWCレーザープラス
・HC-119 5%(夜のみ)
・SW377ウルトラ
・美白ゲル
PWCレーザープラスとSW377ウルトラで相当薄くなった頑固な炎症後色素沈着を完全に消すための仕上げ用としてHC-119を併用をしているところです。
使い方としては、紫外線リスクを避けるため夜だけですが、PWCレーザープラスの後にHC-119をシミにピンポイント塗り→SW377ウルトラ顔全体塗りです。
使用効果ですが、即効性は感じませんが確実にシミは薄くなっています。効果のあらわれ方は、肌のターンオーバーの影響もありますから1~3ヶ月を目安にした方が良いです。
なんとなくうっかり日焼けが気になるのでハイドロQブライトニングパックを追加予定です。ハイドロキノン配合ですが少量なのでHC-119 5%を使用中でも安心して使えます。

ーーー
以下参考まで:
美白に特化している一般的な成分のみ簡単に説明します。
SW377EXの場合:
○WHITE377成分と呼ばれている[フェニルエチルレゾルシノール]が配合されています。既存の美白成分(ハイドロキノン、コウジ酸、アルブチン、ビタミンC誘導体)とは比べものにならないほど高いチロシナーゼ活性化阻害力があります。これから出来るシミの予防に効果があります。加えて、ビタミンE(トコフェロール)と同等の抗酸化作用やメラニンの生成を抑制する効果、メラニン色素を薄くする還元作用もあり、バランスのとれたアンチエイジング美白成分です。
○VCIPや油溶性ビタミンC誘導体と呼ばれる[テトラヘキシルデカン酸アスコルビル]は皮膚吸収が高く、抗酸化作用もありメラニンの生成を抑制します。
○[パルチミン酸レチノール]は、ビタミンAをより安定化させ吸収力をあげたビタミンA誘導体です。肌の角化・硬化を防ぎ肌のターンオーバーを促進してシミを排出しやすくします。
○[アスタキサンチン]は、肌に発生した活性酸素を強力に抑制します。肌老化の原因である紫外線から肌を守りコラーゲン生成の促進することで健やかな肌に導きます。メラニン色素の沈着抑制効果があります。
○[パンテノール]は、ビタミンB群の一つでパントテン酸のアルコール型誘導体です。皮膚細胞の活性化作用により日焼けや肌荒れ(かぶれ)を予防します。

以上の成分だけでも、シミが出来る過程全てを網羅できる成分が配合されていることが分かると思います。

HC-119の場合:
○[ハイドロキノン]は、メラニン色素を薄くする還元作用が非常に高く、出来てしまったシミに効果を発揮します。チロシナーゼ酵素活性化阻害作用とメラニンの生成抑制作用も多少あります。
○[VCIPや油溶性ビタミンC誘導体と呼ばれる[テトラヘキシルデカン酸アスコルビル]

シミの予防効果が不足気味であることが分かると思います。

☆美白ケアに重要なこと☆
肌のターンオーバーを常に正常にしておくことです。生活習慣や食生活にも気をつけましょう。ビタミンABCEをサプリメントなどで摂取すると美白効果が上がりますよ。

続く
ベストアンサー
なるほど〜

8

回答1:マメタローさん

回答日時:2013/08/19 10:41:37

ゆきさん、こんにちは。

簡単に言いますと、
○SW377EXは、シミの元であるチロシナーゼ酵素の活性化阻害力が高いので、シミ予防に効果的
○HC-119は、メラニンを薄くする還元作用があるので、できてしまったシミ対策に効果的

外出先ですので、取り急ぎ大まかな違いだけコメントさせていただきました。
私のスキンケアのメインは美白です。頑固なシミの撲滅にチカラをいれています。
1ヶ月の予算を決めてスキンケアをしているので、効果的な方法も日々研究しています。
参考になるかは分かりませんが、後ほど改めてコメントさせていただければと思います。

ゆきさんのシミの種類や他に使用している商品などを教えていただけますと、多少なりともお役に立てる情報を提供できるかもしれません。

なるほど〜

5

補足コメント

こんにちは!
今使用している他の商品は
無印の
①エイジングケア化粧水(これはしっとりしてベトつかずこれからも使うつもりです)

②DHC薬用エイジアホワイトシリーズの
 美白エッセンス
 ミルク



HC-119



と使っています。

②は値段の割に効果を感じられず、もうすぐなくなるので
次はこちらのゲルを検討中です。。
(ゲルも沢山種類があるので悩んでいます・・・どれも捨てがたい!!)

今まで使った化粧品の中で
HC-119は美白された実感が初めて得られた商品でした。。
少量つけた翌日は肌もプルプルしているような・・・????
本当にびっくりしました。
ドクターシーラボ全くの初心者です。
よろしくお願いいたします。

回答2:おゆきまるさん

回答日時:2013/08/20 13:03:53

ゆきさん

私も日々の美白に力を入れています♪

ハイドロキノンはできてしまったシミに効く唯一の成分です。
しかし、毒性も強く、副作用の危険もある強い成分なのです・・・
http://www.drx-web.com/bihada/seibun/hydroquinone.htm
WHITE377(フェニルエチルレゾルシノール)はマメタローさんがおっしゃるとおり予防美白ではありますが、毒性が低く安全性が高いと言われています。
全体的なトーンアップはWHITE377でも十分効果を発揮します。

私は、ハイドロキノンはポイント使い(シミだけに塗っています)、スーパーホワイト377ウルトラは頬骨あたり全体に使って美白をしています。

以前はスーパーホワイト377ウルトラ(EXの1.5倍の濃度配合だそうです)
だけで美白していましたが、それでもかんぱんはすごく薄くなり、
BBクリームを塗ると分からないくらいになりました。

両方使って、使い分けすることが一番だと思います・・・
その分お金はかかっちゃうんですけどね

他社(アメリカのドクターズコスメだったと思います)製品で、ハイドロキノン・ホワイト377両方を配合した美白化粧品もあります。
一度使ってみたいんだけど、高くて手が出ないです。

なるほど〜

2

お礼コメント

回答有難うございます

やはり両方使って使い分けが一番いいのかも???

でもハイドロキノンを使い続けると毒性も気になるところですね。。。

コスパの面も考慮して
定期購入で交互に購入したりして
実際に両方使ってみようかなと思っています。

本当にドクターシーラボの商品はすごいです!!

先日もおためしでBBパーフェクトクリームホワイト377プラスを使ったことがあります。
薄づきなのにシミも目立ちませんでした。。感激しましたよ!
今のファンデがなくなったら
BBクリームに切り替えるつもりです



有難うございました★

回答3:マメタローさん

回答日時:2013/08/21 18:36:24

ゆきさん、こんばんは。

補足コメントありがとうございます。

「無印良品 のエイジングケア化粧水」は使用したことはありませんが、お肌に合っているのならば使い続けてください。ざっと成分表示を確認させていただきましたが、こちらの化粧水にはビタミンC誘導体は配合されていないようですね。
欲を言えば、ビタミンC誘導体が配合された化粧水の方が美白ケアに効果がありますよ。
オススメは「PWC薬用ホワイトニングローション」や「VC100ポアホワイトローション」です。興味ありましたら商品ページを見てくださいね。

ゲルは、美白にはやはり美白ゲルがオススメです。私は肌状態でゲルの使い分けをしていますよ。メインは美白ゲルですが、サブでエンリッチリフトEX、ハーバル、アロエクール、アスタモイスト(生協限定のシーラボ商品)ゲルを使っています。
例えば、集中美白時は、朝夜美白ゲル。今のように暑い季節は、朝はアロエゲルで夜に美白ゲルにします。使い分けの時は、効果を優先したい方のゲルを夜のお手入れに使います。

美白もしたいが他の悩みも同時に発生した場合は、美白スペシャルを活用します。
悩みに合うゲルの後に美白スペシャルを重ねづけします。

回答4へ続く
なるほど〜

2

回答5:マメタローさん

回答日時:2013/08/21 19:02:24

回答4の続き

余談ですが、ハイドロキノンについて正しく認識していただきたいことがあります。

低刺激であるHC-119でも肌トラブルを起こす方が多いようです。原因として考えられることは次の通りです。
○ハイドロキノンに対する免疫反応(アレルギー)
○刺激に弱い肌質(敏感肌、ニキビ肌、アトピーやアレルギー素因肌)
○一時的に肌のバリア機能が低下しており刺激を受けやすい状態
・紫外線
・大気中の物質の影響
・激しい気温差などの影響
・生活習慣の乱れ(睡眠不足、疲労蓄積、喫煙など)
・食生活の乱れ(栄養の偏り、飲酒過多、刺激物の取り過ぎなど)
・体調不良(実際な体調をくずしている、生理中、ホルモンバランスの乱れなど)
○使用方法のあやまり
○肌に対してハイドロキノンの濃度が高すぎる

もし次のような症状(ハイドロキノンの副作用)があらわれたら、即使用を中止してください:
○赤み(うっすらと赤くなる程度から濃い赤みや赤黒い程度まで)
○痛み(軽度から重度のヒリヒリやピリピリ感)
○かゆみ
○表皮が剥がれる(薄皮が剥がれる、カサブタになって剥がれる)
○肌のカサつき(ガサガサ感やツッパリ感など)
○新たな色素沈着(ハイドロキノンの日中使用時に紫外線をあびる=紫外線対策が不十分)
○白斑(5%程度までであれば起こりませんが、稀に低濃度でも長期使用で肌の一部が白抜きになります。)
○アレルギー症状
○皮膚炎

以下、ネット上に溢れる情報で混同されている方が多い内容です。
○「ハイドロキノンは毒性が強くて危険」とありますが、これは【ハイドロキノンモノベンジルエーテル】という成分のことで化粧品に配合されるハイドロキノンとは全くの別物です。過剰な心配は無用です。

○医療用と化粧品などに配合されるハイドロキノンは別物です。配合量もそれぞれに異なります。

○「ハイドロキノンは刺激も副作用も強い」とありますが、これは純度99%の【純ハイドロキノン】のことであり、HC-119に配合されているハイドロキノンは【安定型ハイドロキノン】というもので純ハイドロキノンに他成分を加えて安定化させたハイドロキノンです。低刺激で副作用が起こりにくいようになっています。他社のハイドロキノン商品にも言えることですが、純ハイドロキノンとわざわざ記載していない場合は、安定型や新型ハイドロキノンです。断定は出来ませんが、ハイドロキノン3%や5%や10%と記載されていても純ハイドロキノンの配合量は2%程度までに抑えていることが多いです。

○HC-119の口コミなどで「赤みがでたりヒリヒリするけど我慢して薄皮がむけるまで待つとシミが消える」「シミが黒くなりカサブタが剥がれてシミが消えた」などの内容が成功例のように記載されていますが、そもそもハイドロキノンは炎症を起こして皮膚を剥がしてシミを消す成分ではありません。あくまでもハイドロキノンの副作用ですので、同様の状態にならないから肌に合わないという考え方はしないでください。

○「赤みとヒリヒリは薬が効いている証拠です。我慢すると次第に皮膚が剥がれます。繰り返すことでシミがなくなります。」という内容もたくさんネット上にあります。これは医師の指導の元に行う医療用のハイドロキノンとトレチノインを使用したハイドロキノンピーリングやトレチノイン酸療法と呼ばれるものです。HC-119にはこのような作用も使い方もありません。

以上、長文になり申し訳ありません。少しでもお役に立てれば良いのですが。

意味の分からない部分があるかもしれません。いつでも気軽に聞いてくださいね。
なるほど〜

7

お礼コメント

マメタローさん
細かいところまで、たくさんの回答有難うございました。

本当に商品・製品・成分知識が豊富でいらっしゃるのですね。

大変驚きました!!

夏の特別増刊号とPCを使って
紹介していただいた商品をなんとか確認する事が出来ました。

まだまだ初心者で商品名もピンと来なくて時間がかかりましたが、
ちゃんとお気に入り登録済ませました!!

今使っている
HC-119 3%  
がもうすぐなくなるので
次は定期購入で337EXと美白ゲルを試そうと思います。

大変参考になりました。
有難うございました

肝斑(かんぱん)のお悩み

2015/06/25顔の手入れのやり方がわからない (ひーちゃん)
2010/03/19かんぱん (ミッキー)
2014/03/12シミ (赤ワイン)
2014/03/12シミ (赤ワイン)
2013/08/18とにかくシミを撃退したい (ゆき)

肝斑(かんぱん)におすすめのアイテム

ドクターシーラボの肝斑(かんぱん)にオススメのアイテム。肝斑(かんぱん)が気になるならチェックしてみて!

肝斑(かんぱん)おすすめアイテムをもっと見る

関連リンク

初めての方限定無料サンプル

とにかくシミを撃退したい お悩み相談室 ページトップへ