>   >   > 

そばかす特有の美白方法ってある?

  • Check

そばかすがコンプレックスだという方は少なくないはずです。外国人のようで可愛らしく見えるけれど、やっぱりぷるんときれいなお肌でいたいですよね。そんな方へ、そばかすを目立たなくする方法を紹介します。

そばかす

そばかすとシミの違い「どうしてそばかすはできるの?」

そばかすは正式には雀卵斑と呼ばれる色素斑の一種です。
主に顔の目の下や鼻の頭に見られます。そばかすとシミの違いを知らないという方は結構多くいるのではないでしょうか?「そばかすを可能な限り目立たなくしたい!」という方のために、ここではまずそばかすとシミの違いについて説明していきたいと思います。

シミは加齢とともに目立ち始めます。紫外線によって活発になった酵素によってメラニン色素が生成されることが原因です。通常、正常なターンオーバーが行われる肌であれば28日周期でこのメラニン色素は剥がれ落ちるのですが、加齢によってターンオーバーの乱れた肌の場合には剥がれ落ちることなく蓄積され、その結果シミとなって肌表面に現れてしまうのです。

一方で、そばかすの多くは遺伝性によるもので、小さい子供にも見られることから加齢など長期間の紫外線ダメージが原因であるシミとの違いは明らかでしょう。
さらに、そばかすは子供のころにできるものと、大人になってからできるもので原因が異なります。
子供のころにできるそばかすの原因は、ほとんどが遺伝といえるでしょう。両親(またはそのどちらか)がそばかすのできやすい体質であったなら、それが子供に遺伝する可能性があるのです。思春期にできたそばかすの場合、時間の経過とともに自然に消えることもあります。
大人になってからできるそばかすについては原因が異なります。この場合の原因はシミと同様に紫外線の影響によるものなのです。紫外線によってメラニン色素が生成され、肌に色素として定着したものがそばかすです。

そばかすの原因は紫外線だけじゃない!

しかし、そばかすの原因は一概に紫外線だけとはいえません。
いったい他にはどんな要因がそばかすの原因として考えられるのでしょうか。
さっそく見ていきましょう。

ビタミン・ミネラル不足

特にビタミンCは不足しがちな栄養素です。
ビタミンCにはそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きがあるため、ビタミンCが不足していればメラニンが生成されやすい状態になっているといっても過言ではありません。さらに、ビタミンCの効果を発揮するためにはほかのビタミンやミネラルといった基本的な栄養素が必須です。すべての栄養素を食事やサプリメントによってバランスよく摂取することができれば、そうでないときに比べてそばかすのできにくい状態の肌であるといえるでしょう。

ストレスや疲労

ストレスもそばかすの原因です。ストレスを感じている状態が続くと、それによってターンオーバーの乱れを引き起こします。すると本来自然に剥がれ落ちるはずのメラニン色素がそのまま肌にとどまることとなり、そばかすへと変化してしまうのです。

気になる部分を集中的にケアするには

透明感のある肌を目指すにはなにかひとつのケアを取り入れるだけでなくスキンケア化粧品からメイクアップ化粧品に至るまで、トータルでのメラニン対策がオススメです。なぜなら、どれかひとつを使うより、さまざまな化粧品を使うことで1日中メラニン対策が可能になるからです。

ピーリング効果でくすみをオフ

肌から古い角質を取り除くことで明るく見せる効果があります。ただしゴシゴシ力を入れて洗うことは肌に刺激を与えてしまうため厳禁です。刺激の少ない優しい使い心地のピーリング化粧品を選びましょう。
肌の上を優しくマッサージするようになでるだけで、化粧品の持つピーリング効果に加えマッサージによる血行促進も期待できます。
古い角質をオフして透明感のある肌にしてくれる化粧品をご紹介したいと思います。

フォトホワイトC ホワイトクレンジング

油溶性ビタミンC誘導体を配合。植物由来の洗浄成分がやさしくメラニンを含んだ角質とメイクを落とすクレンジングです。毎日使うことで穏やかにピーリングを行うことができます。

フォトホワイトC ホワイトクレンジング
フォトホワイトC ホワイトクレンジング

薬用アクアコラーゲンゲル美白

高い美白浸透効果の期待できるゲル状化粧品です。

薬用アクアコラーゲンゲル美白
薬用アクアコラーゲンゲル美白

フォトホワイトC 薬用ホワイトニングマスク

お肌をしっかりと包み込むマスクがビタミンC誘導体を角質のすみずみまで行き渡らせてくれます。

フォトホワイトC 薬用ホワイトニングマスク
フォトホワイトC 薬用ホワイトニングマスク

メイクしながらスキンケア

スキンケア化粧品だけでなくメイクアップ化粧品にもブライトニング効果の期待できる成分が含まれたものを選べば、よりしっかりとしたそばかす対策が可能です。
ここではそばかすをキレイにカバーできるメイクアップ化粧品をご紹介したいと思います。

BBパーフェクトクリーム WHITE377プラス

これ1本でメイク効果だけでなくスキンケア効果を持ち、輝く白肌に整える優れものです。

BBパーフェクトクリーム WHITE377プラス
BBパーフェクトクリーム WHITE377プラス

BBパーフェクトコンシーラー スーパーホワイト377

気になるシミやくすみをしっかりとカバーしながらスキンケア効果が期待できるコンシーラーがあれば、メイクしながらシミやくすみのケアを実現することができます。

BBパーフェクトコンシーラー スーパーホワイト377
BBパーフェクトクリーム WHITE377プラス

もちろん紫外線対策もしっかりと

紫外線対策は通年で欠かすことのできないスキンケアの基本中の基本です。そばかすやシミだけでなく、シワやたるみも紫外線の影響によるところが大きいのです。面倒でもしっかりと紫外線対策をすることがとても大切です。

おすすめの紫外線対策

日焼け止めは夏のマストアイテムです。もちろん1年中紫外線対策は必要ですが、真夏の刺すような強い日差しには日焼け止めをこまめに塗りなおすなど、いつも以上の注意が必要でしょう。メイク崩れを恐れて日焼け止めをうっすらとしか塗っていないと、日焼け止めの効果は期待できません。適量を守ってしっかりと効果を発揮できる量を塗布することがポイントです。
塗り直しを面倒に感じる方の場合には、帽子やサングラス、日傘などの併用がオススメです。

UV&WHITE モイスチャーミルク50+ SPF50+ PA++++

気になる毛穴をつるんとなめらかにカバーにして皮脂やテカりを抑えてくれるUVカットミルク「UV&WHITE モイスチャーミルク50+ SPF50+ PA++++」は、SPF50だから海や山など紫外線が気になる場所でも日常でもどちらのシーンでも使えます。

UV&WHITE モイスチャーミルク50+ SPF50+ PA++++
UV&WHITE モイスチャーミルク50+ SPF50+ PA++++

  • Check

そばかす特有の美白方法ってある?の関連ページ

そばかす特有の美白方法ってある? ページトップへ