>   >   > 

紫外線対策大全集~グッズ・日焼け止め・ケア法~

  • Check


シミ・しわ・たるみの原因、紫外線をしっかりブロックしつつ、夜はエイジングケアで弱った肌を労りたいですね。夏に一気に老け顔が進行してしまう場合もあるので、紫外線のメカニズムを知ってさまざまな対策を取りいれましょう。

紫外線対策

紫外線のメカニズムと影響

この記事をお読みの方は、既に「紫外線が肌に悪い」というイメージをお持ちなのではないかと思います。 では、紫外線に種類があることはご存じでしょうか?
紫外線にはA波、B波、C波の3種類があります。
紫外線A波(UVA)は肌の内部に活性酸素を作り出してDNAやコラーゲン・エラスチンを損傷させてしまう作用があります。シワやたるみなど、肌の老化を加速させてしまう紫外線です。
紫外線B波(UVB)は肌の表面に活性酸素を作り出してメラニン色素の生成を促します。過剰に作られたメラニン色素はやがて色素沈着としてシミやそばかすの原因となります。肌が赤く炎症を起こす日焼けも、この紫外線B波によるものです。
紫外線C波(UVC)はオゾン層に吸収されるため、今のところ地表で被害が出る心配や対策を取る必要はないとされているものです。

紫外線対策

詳しくは
日焼け止めのSPF・PAの意味と選び方
をご覧ください。

皮膚科医おすすめ!紫外線グッズでしっかりUVカット

化粧品の日焼け止めももちろん有効ですが、完全に紫外線をブロックできるものではありません。
そこで、UVをカットしてくれるアイテムが活躍します。紫外線グッズは、種類・デザイン・カラー展開などのバリエーションがどんどん充実してきていますので、きっとお気に入りのものに出会えるはず。ぜひチェックしてみてください。

UVカット帽子

UV対策用の帽子は直射日光が顔に当たるのを防ぐだけでなく、頭皮に降り注ぐ紫外線もカットしてくれます。
体の中でもっとも太陽に近く、腕や脚といった体の他の部分に比べて3倍近くの紫外線を浴びているとも言われる頭皮のUVケアは、うっかり見落としてしまいがちな傾向にあります。紫外線によってコラーゲンなどが破壊された頭皮は、ハリやうるおいを失ってたるみやすい状態になります。これはすなわち、顔のたるみの原因にもなるということ。頭皮と皮膚はつながっているため、頭皮のたるみ=顔のたるみと考えてしっかり紫外線を防ぐことが必要です。
なお、UV対策用の帽子を選ぶ時は通気性が良く、顔までしっかり紫外線をカットできるデザインのものを選ぶと良いでしょう。

サングラス

サングラスの役割は、目の紫外線対策だけではありません。
角膜が紫外線を吸収すると、“太陽光が強い”という情報が脳に届きます。その結果、脳が「メラニン色素を作れ」という指令を出してしまうため、肌をガードしていてもシミやそばかすができてしまうこともあるのです。
目を無防備にせず、サングラスで紫外線を防ぐということは、顔や肌にメラニン色素を発生させないための対策でもあると言えます。

紫外線対策

UVカットガラス・フィルム

家の中にいればUV対策をしなくても安心、なんて思っていませんか?
先ほど紫外線の種類についてご説明しましたが、紫外線のうちA波(UVA)は窓ガラスや雲を通り抜けてしまう性質があるのです。
そのため、曇りの日や屋内でも油断は禁物。UVカットガラスやフィルムは日焼け止めよりしっかりと紫外線をブロックしてくれるため、A波(UVA)による肌老化を防ぐためにおすすめのアイテムです。
年々需要が高まっていることもあり、「UVカットガラス」で検索するとインターネットで簡単に入手することができます。

肌をカバーするUV手袋やUVレギンス、UVカットパーカー

日焼け止めを塗る時についついサボったり見落としたりしてしまいがちなのが手先・足先。そんな方にぴったりなのがUV手袋やレギンスです。出かける前にさっと着用するだけでしっかりと手足をガードしてくれます。また、日差しが強くなってきたら頭もカバーできるUVカットパーカーも便利なアイテムです。 手袋・レギンス・パーカーとも、洗濯してもUVカット効果が薄れない製品なども発売されているため、上手に使えば効果抜群です。日焼け止めとの併用なら、さらに安心です。

紫外線対策のスキンケアをしよう

とはいえ、紫外線を浴びてしまう日はありますよね。長時間屋外に出ていた日に限ったことではなく、日常生活の中のほんの数分であっても肌は紫外線ダメージを記憶してしまいます。
肌に届く紫外線の量をなるべく少なくするために、また、浴びてしまった紫外線のダメージを蓄積しないために、効果的なスキンケア方法とアイテムをご紹介します。

紫外線対策

日焼け止めの塗り直し

日焼け止めはこまめに塗り直し・重ね塗りをしましょう。
日焼け止めに配合されているUVカット成分として紫外線散乱剤・紫外線吸収剤というものがあります。紫外線を反射させて肌を守ってくれる紫外線散乱剤は汗や皮脂で流れてしまいやすく、紫外線を吸収して肌に届きにくくしてくれる紫外線吸収剤は時間が経過すると化学変化を起こしてUV効果が薄れてしまいやすいという弱点をそれぞれ持っているため、こまめに塗り直すこと・重ね塗りをすることでその弱点を補ってあげることが必要なのです。
そんなに重ねたり塗り直したりして肌に悪くないの?と心配な方には、こんな日焼け止めがおすすめです。

毛穴を補正しながら、紫外線をブロックしてくれるスグレモノ

UV&WHITE モイスチャーミルク50+ SPF50+ PA++++

最強の紫外線ブロック力を誇るのに肌にはやさしく、美容成分も入ったUVミルクです。毛穴やキメを補正してくれる上にずっとサラサラ感が続くから、紫外線が気になる季節の化粧下地にもぴったりです。

UV&WHITE モイスチャーミルク50+ SPF50+ PA++++
UV&WHITE モイスチャーミルク50+ SPF50+ PA++++

メイクの上から何度も塗り直し!超使える日焼け止めパウダー

エンリッチリフトUVパウダー50(パフ付き)

顔だけでなく首や手足・肩など、うっかり日焼け止めを塗り忘れがちな部分にも使えるお手軽UVパウダーです。メイクの上からでも使えるため、塗り直しも苦になりません。お手軽なのに、紫外線はきっちりカット。スキンケア成分もたっぷり入っていて肌にもやさしい処方なので、毎日のUV対策に手放せない存在となってくれそうです。

エンリッチリフトUVパウダー50
エンリッチリフトUVパウダー50

夜に美白パック

紫外線を浴びてしまった日は、贅沢に美白パックをしましょう。パックは美白成分を肌の奥まで浸透させてくれるため、日中の紫外線ダメージをじっくり癒すことができます。

ビタミンC*をたっぷり肌へ、医薬部外品の美白※2パック

フォトホワイトC 薬用ホワイトニング※マスク

肌※1のすみずみまで浸透するビタミンC誘導体*を始めとする美白成分を、1枚につき美容液1本分配合した贅沢なホワイトニング※2マスクです。
顔の形にフィットするデザインやグレープフルーツのさわやかな香りで、美白タイムがより濃密なものに。ハリ・弾力へも効果的にアプローチしてくれます。
* L-アスコルビン酸グルコシド
※1 角層まで
※2 メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

フォトホワイトC 薬用ホワイトニング※マスク
フォトホワイトC 薬用ホワイトニング※マスク

毎日朝夜続ける美白ケア

美白は1日にして成らず。
紫外線を浴びてしまった自覚がない日でも美白ケアを続けるのが、輝く白肌への近道です。
毎日使うアイテムは、何と言っても肌へのやさしさや使い心地が大事。
そこで、こんなオールインワンはいかがでしょう?

オールインワンで簡単美白ケア・薬用アクアコラーゲンゲル美白※1(医薬部外品)

透明感※1と浸透力※2をアップさせてくれるという“スーパー美白※システム”が、その名の通り美白※1をがっちりサポート。毎日のケアに使うことで、肌の奥にひそむ「隠れシミ」までしてくれます。満足のいく保湿力と肌へのやさしさで、敏感肌の人にも。肌なじみのいいゲルをなじませるだけで朝晩の美白ケアができてしまうので、忙しい人にも大助かりです。
※1 うるおいによる
※2 浸透は角層まで

薬用アクアコラーゲンゲル美白※1
薬用アクアコラーゲンゲル美白※1

  • Check

紫外線対策大全集~グッズ・日焼け止め・ケア法~の関連ページ

紫外線対策大全集~グッズ・日焼け止め・ケア法~ ページトップへ