>   >   > 

シミは種類によってケアも変わる!それぞれの特徴との対策法とは

  • Check

「シミ」には種類があることをご存知ですか?見分け方や原因を知って、適切な予防・対策をしましょう。

スキンケア

老化サインの代表「シミ」とは?

シミの原因には、メラニンが大きく関係しています。メラニンは、色素細胞の中にあるチロシンというアミノ酸が、酸化酵素(チロシナーゼ)により変化したものです。

こうして産生されたメラニンは、通常、肌のターンオーバーによって、古い角質とともに垢として排出されていきます。ところが、紫外線の刺激やホルモンバランスの乱れにより、角化細胞(ケラチノサイト)に異常が起こると、過剰にメラニンが作られます。メラニンが排出しきれず肌に蓄積すると、やがてシミとなって現れるのです。

また、加齢によるターンオーバーの乱れ、摩擦による刺激や激しいストレスなども、シミを引き起こす要因となります。

シミの種類

シミ

シミには、さまざまな種類があります。原因やできる部位・見た目も違うため、悩んでいるシミがどのタイプなのかを知り、対策しましょう。

老人性色素斑

頬骨の高いところやこめかみにできやすいシミです。一般的にいわれるシミは、老人性色素班がほとんどでしょう。大きさは数ミリ~数10ミリほどで、平らで丸い形になるケースが多くみられます。過去に蓄積し続けてきた紫外線ダメージがシミになり、早い人では20代から現れはじめます。紫外線対策など、日々の予防が大切です。

雀卵斑(そばかす)

鼻の上から頬周りを中心に、小さな斑点が散らばったように現れる「そばかす」も、シミの一種です。遺伝的な要素が大きく、10代のころから現れることが多くあります。淡褐色で、三角形や四角形などの不規則な形をしているのも特徴です。成長とともに斑点が増えたり、紫外線の影響によって濃くなることもあります。

肝斑(かんぱん)

肝斑は、頬骨や目尻の下に左右対称に現れるのが特徴で、濃いものも薄いものもあります。30~40代の女性によく見られ、女性ホルモンが大きく関係しているといわれています。個人差はあるものの、妊娠中やピルの服用中に現れやすく、閉経とともに消えたり、加齢とともに薄まったりすることがあります。治りにくいとされるシミの一種で、ストレスなどによるホルモンバランスの乱れや、肌への過剰な刺激で悪化する可能性があります。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

シミの原因となるメラニンは、表皮の一番下ある基底層に存在しています。しかし、ADMは、基底層よりさらに深部、真皮に存在します。あざやくまと間違われることが多くあります。加齢や普段のスキンケア、遺伝性によるものなどさまざまな原因が疑われていますが、いまだ明らかになってはいません。主に、頬骨のあたりに成人になってから現れます。

炎症性色素沈着

ニキビや肌荒れ・傷などが、茶色くシミになって残ったものを「炎症性色素沈着」と呼びます。虫刺されの跡や、むだ毛の処理も原因となります。時間が経てば薄くなっていきますが、消えるまでには2~3年かかることもあります。

花弁状色素斑

海水浴などで急速に日焼けした後に、肩から背中にかけてできる黒色や茶色のシミのことで、花びらのような形をしていることから「花弁状色素斑」と呼ばれています。色白な方にできやすい傾向にあります。日焼けをすると真っ赤になってしまう方は注意が必要です。

スキンケアによるシミの対策

ビタミンC

一度できてしまったシミが、数日で消えることは残念ながらありません。紫外線ダメージを蓄積しないためにも、根気強い日々のスキンケアが大切です。

シミ対策のスキンケアに使いたいのが美白化粧品やピーリング。美白化粧品が有効なシミは、初期の老人性色素斑や炎症性色素沈着です。余分な角質を除去するピーリングは、炎症性色素沈着に効果があります。

シミ対策に有効な美白成分

美白化粧品に含まれている代表的な美白成分に「ビタミンC誘導体」や「ハイドロキノン」があります。

ビタミンC誘導体は、酸化の原因となる活性酸素を除去し、メラニンが濃くなるのを抑止する効果があり、褐色化したメラニンを還元する効果も期待できます。また、ハイドロキノンはメラニンを生成するチロシナーゼの活性を抑え、シミを薄くするはたらきがあり、「肌の漂白剤」と表現されることもあります。

ビタミンC誘導体が効果的なシミは、老人性色素班、炎症性色素沈着。ハイドロキノンは、老人性色素班、炎症性色素沈着をはじめ、花弁状色素班、雀卵斑(そばかす)への効果も期待できます。また、肝斑には、トラネキサム酸が効果的です。ADMは、真皮まで届くレーザー治療でなければ効果は見込めません。

しかし、高濃度の美白成分や強い力での摩擦は、肌にダメージを与える場合もあります。必ず、自分の肌の状態にあった化粧品を選びましょう。

レーザー治療によるシミ対策

レーザー治療

美白化粧品が効きにくい、濃くなった老人性色素斑や雀卵斑(そばかす)、花弁状色素斑に対しては、クリニックでのレーザー治療が効果的です。

シミのある箇所に麻酔クリームを塗り、レーザーを照射して治療を行います。個人差はありますが、輪ゴムで弾かれた程度の痛みだといわれています。小さなシミであれば1回の照射で終わることもありますが、経過によっては再度治療が必要な場合もあります。そのため、ひとつのシミの治療にかかる期間は2~3ヶ月程度といわれています。

注意したいのは、シミの種類に応じて適切なレーザーを使用しないと、かえって濃くなる場合があることです。丁寧なカウンセリング、治療説明をしてくれるクリニックを選びましょう。

シミはできる前に防ぐのが重要

紫外線を感じる女性

シミはできてから対処するのが難しく、程度によってはクリニックでの治療が必要なケースもあるため、予防を続けることが得策です。一番の予防策は、紫外線対策。外出時はもちろん、室内にいるときも、日焼け止めを塗ることをおすすめします。特に4~9月は紫外線が強いため、サングラスや帽子、日傘などで肌をガードしましょう。

まとめ

シミは、「老人性色素斑」や「肝斑」以外にもさまざまな種類があり、特徴や原因もさまざまです。自身が悩んでいるシミの種類を知った上で、原因にあった予防と対策を心がけましょう。近年では、レーザー治療や医薬品も注目されています。信頼できるクリニックを探し、医師に相談するのもひとつの方法です。

  • Check

シミは種類によってケアも変わる!それぞれの特徴との対策法とはの関連ページ

シミは種類によってケアも変わる!それぞれの特徴との対策法とは ページトップへ