>   >   > 

シミへの効果が期待できる飲み薬とは?

  • Check

シミに効く飲み薬には、どんな成分が配合されているのでしょうか?サプリメントとの違いや活用方法について紹介します。

肌荒れをきにする女性

シミに効く飲み薬の種類

一度できたら気になって仕方がないシミ。美白化粧品やレーザー治療などのほか、シミの改善が期待できる「飲み薬」での対策もあります。美白化粧品と併用したり、肌がデリケートで、特定の化粧品しか肌に合わないという人が、飲み薬を活用しているケースもあるようです。

飲み薬(医薬品)は、OTC医薬品と医療用医薬品に大別されます。

・OTC医薬品:ドラッグストアなどで、自分で選んで購入できる医薬品。市販薬や大衆薬とも呼ばれる。
・医療用医薬品:医療機関を受診し、医師が発行した処方箋をもとに、薬剤師が調剤する医薬品。処方箋がなければ購入することはできない。

シミへの効果が期待できる、医薬品の有効成分とは

紫外線を感じる女性

シミを改善する飲み薬(医薬品)には、シミへの効能効果が厚生労働省に認められた「有効成分」が配合されています。有効成分にはいくつか種類がありますが、「L-システイン」や「ビタミンC(アスコルビン酸)」を配合したものが多く見られます。

L-システインは、肌が紫外線などのダメージを受けたときに出される「メラニンをつくれ!」という指令を阻害。メラニンの生成工場である色素細胞(メラノサイト)に存在する酵素(チロシナーゼ)の活性化を抑制して、メラニンが過剰に生成されるのを防ぎます。また、ターンオーバーを促して、メラニンの排出を促すはたらきもあります。

ビタミンC(アスコルビン酸)は、抗酸化作用があり、黒色化したメラニンを還元して無色化したり、メラニンの生成を抑えたりするはたらきがあります。

これら有効成分のほか、エイジングケア効果のある成分がプラスされた飲み薬もあります。

市販薬と病院で処方される医薬品の違い

ドクター

飲み薬には、ドラッグストアなどでも購入できるOTC医薬品(市販薬)と、医師に処方される医療用医薬品があります。これらは、同様の商品名であっても、若干の違いがあります。

たとえば、複合ビタミン剤である「シナール」の場合、医療用医薬品にはビタミンC(アスコルビン酸)、パントテン酸カルシウムが含まれていますが、OTC医薬品(市販薬)にはL-システインがプラスして配合されているものがあります。

医療用医薬品のシナールは、シミ対策だけでなく、ビタミンCの補給が必要な治療にも活用されるため、医師による処方箋が必須です。それぞれの成分配合量に違いはありますが、シミを改善する効果に大きな差はありません。

OTC医薬品(市販薬)を選ぶときは、どんな有効成分がどれくらい配合されているかチェックするとよいでしょう。また、医療用医薬品の場合、美容目的の処方は保険適用外となり、割高になる傾向があるので注意が必要です。

医薬品とサプリメントの違いとは?

サプリメント

医薬品とサプリメントには、大きな違いがあります。治療を目的とした医薬品には、厚生労働省に効能効果の認められた有効成分が、定められた濃度の範囲内で配合されています。

サプリメントは、栄養の補助や、美容のサポートを目的とした「食品」であり、医薬品のように治療や改善を目的に使用されるものではありません。ただし、美肌へのアプローチが期待できる成分が、総合的に配合されている製品も多くあります。シミ以外にも、気になる悩みに合った成分が入っているか、成分表示をチェックしてみるとよいでしょう。

シミに効く飲み薬を服用する際の注意点

水を飲む女性

医薬品を服用する際には、「副作用の有無を確認すること」「用法・容量を守ること」が重要です。

有効成分が含まれている医薬品には、個人差はあるものの、副作用がでる場合があります。持病のある人は、特定の疾患がでやすくなったり、普段から薬を飲んでいる人は、飲み合わせによる副作用がでたりする場合もあります。

また、有効成分の種類、配合量によって用法・容量が定められていますので、それを守らないと副作用がでるリスクがあります。シミを改善したいからといって、たくさん飲むのは厳禁です。

医療用医薬品を処方してもらうときは、医師や薬剤師に普段どんな薬を服用しているかを伝え、副作用についても確認しましょう。

OTC医薬品(市販薬)については、使用の難しさや副作用のリスクに応じて、要指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品に分類されています。要指導医薬品と第1類医薬品の販売に際しては、薬剤師による書面での情報提供が義務付けられています。しかし、第2類医薬品、第3類医薬品は、販売者からの情報提供は義務付けられていません。副作用や用法・容量をあらかじめ確認しておきましょう。服用前に、添付文書をしっかり読み、捨てずに保管しておくことも大切です。

医薬品だから必ず効果がある…!?

医薬品はサプリメントよりも効果が高い、というイメージを持っている方も多いでしょう。しかし、医薬品だからといって、シミがすぐ治るということはありません。「これだけ飲んでいれば安心」と普段のケアを怠ると、シミが悪化することもあります。紫外線対策やスキンケアで対策することも大切です。

まとめ

シミの飲み薬は、用法・容量を守り、副作用などのリスクも知っておくことが大切です。また、効き目にも個人差があるので、飲み薬に頼りきらないこと!紫外線対策や美白化粧品でのケアも行いながら服用するのが、賢い活用方法です。

  • Check

シミへの効果が期待できる飲み薬とは?の関連ページ

シミへの効果が期待できる飲み薬とは? ページトップへ