>   >   > 

美白成分大百科

美白成分大百科〜定番から話題の成分まで、美白に効果的な成分をまとめました。デイリーケアやスペシャルケアに積極的に取り入れて、透明美肌を手に入れましょう!

美白成分

美白成分って?

日焼け後のお手入れや、美しく白い肌を作りたいときに頼りたい美白成分。一口に美白成分といっても、たくさんの種類があるのをご存じでしょうか。その効果も、即効性のあるもの、ゆっくりと効果が出るものなどさまざまです。それぞれの美白成分はどんな特徴を持っているのか、おさらいしてみましょう。

美白成分一覧

ではまず、代表的な美白成分について解説していきます。美白成分の働きは「メラニン色素の働きを抑制する」ことと、「メラニンの色素を単色化する=還元効果」の2つに大別されます。

ビタミンC誘導体
ビタミンCは野菜や果物に多く含まれている有名な美白成分です。ビタミンCそのままでは不安定なため、壊れにくく肌への浸透がよいビタミンC誘導体として化粧品に使用されています。 ビタミンC誘導体は、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑えると同時に、メラニン色素の色を薄くする還元作用も持ち合わせています。
ハイドロキノン
皮膚科でも使われるハイドロキノンはメラニン色素抑制に加えて、メラノサイトを減らす役割をもち、さらに還元作用も持っている頼れる美白成分です。かなり即効性があると言えるでしょう。すでに皮膚に沈着しているメラニン色素にまで効果をもたらすため、海外では美白といえばまず使われることが多い成分です。 日本では化粧品に加えることが可能になったのは2001年からと、比較的新しい成分です。
アルブチン
梨やコケモモなどに含まれている成分です。肌に吸収されるとハイドロキノンになる美白成分です。ハイドロキノンは強力なため肌荒れを起こすこともありますが、アルブチンの作用は穏やかです。主な作用はメラニン色素の生成を行うチロシナーゼを阻害すること。αアルブチン、βアルブチンの2つがあります。
エラグ酸
イチゴやブラックベリー、クルミ、ザクロやクコなどに含まれる抗酸化物質、ポリフェノールの一種。アルブチンと同じようにチロシナーゼの働きを阻害する物質です。サプリメントとしてもよく知られています。
コウジ酸
コウジとはみそや醤油に含まれる麹のことです。ハイドロキノンやアルブチン、エラグ酸と同様に、チロシナーゼの働きをじゃまする作用があり、美白をもたらします。
ルシノール
モミの木から発見された美白効果を持つ成分です。ルシノールもチロシナーゼの働きを阻害し、メラニン色素が作られるのを抑制します。
トラネキサム酸
メラニン色素が作られるのを抑制する働きを持つトラネキサム酸は、人工的に合成されたアミノ酸です。炎症を抑える効果、止血の効果もあります。そのため、じんましんや口内炎、扁桃腺などの治療の際にも投与されることがあります。
プラセンタエキス
アンチエイジングにも効果を持つとされているプラセンタエキスは、動物の胎盤から抽出されます。美白成分としては、チロシナーゼの働きを阻害してメラニン色素の生成を抑制します。10数種類のアミノ酸を含むこの成分は、美白以外にも効果があり、今も研究が進んでいます。

このほかにも美白成分はありますが、代表的なものを挙げてみました。お使いの化粧品にこれらの名前を見つけたら、今一度、どのような効果があるのかをチェックしてみてください!

皮膚科で使う美容成分

今までご紹介した美白成分は市販されている化粧品に含まれているものですが、これらの中には美容皮膚科の治療でも使用しているものもあります。たとえばビタミンC誘導体を配合したビタミンCローションやハイドロキノンのクリームは、美容皮膚科で美白目的で処方されているものです。美白への期待が高まりますね。使うからには100%その成分の力を引き出すように使いたいものです。

美白成分の効果を発揮させるには

美白成分の効果を十分に発揮させるためにはいくつかのポイントがあります。

(1)肌のコンディションを整える

美白成分は、敏感肌の人は刺激を感じることがあるので、肌のコンディションをきちんと整えてから使うことが大切です。

  • 睡眠時間をしっかり取る
  • 野菜などビタミンをきちんと食べる
  • ストレスをためない
  • できるだけ規則正しい生活をする

……などの対策で、健康的な肌の状態にしてから使いましょう。

(2)使うときにはゆっくりと、ていねいに

どんなに有効成分が多いものでも、急いでパパッと顔につけるだけでは効果を発揮できません。急いでいるときでもていねいに。化粧水ならコットンでお手入れした後、ハンドプレスでじっくり、しっかり浸透させましょう。

(3)日焼け止めをしっかりと

美白成分でメラニン色素が作られるのを阻害したり、すでに沈着したメラニンを淡くしたりと美白に励んでも、日焼け止めを付けずに紫外線を浴びていてはメラニンはどんどん形成されます。日焼け止めは1年を通じて使用して、外出時はできる限り太陽光を防ぐようにしましょう。

 


フォトホワイトC薬用ホワイトニングローション

ビタミンC*の効果に加え、ナノ化した植物エキスを12種類配合したローション。
* L-アスコルビン酸2 グリコシド(整肌成分)

00012624
薬用アクアコラーゲンゲル美白

持続型ビタミンC誘導体*1、持続型ビタミンE誘導体*2、グリチルリチン酸2Kという3つの薬用有効成分を配合した薬用オールインワンゲルです。
*1 L-アスコルビン酸 2グルコシド(整肌成分)
*2 酢酸DL-α-トコフェロール(有効成分)

メラニン色素を沈着させず、シミのない美しい肌を作るのは今からでも大丈夫です!美白成分を理解してしっかりお手入れしましょう。

美白成分大百科の関連ページ

美白成分大百科 ページトップへ