>   >   > 

ニキビ跡が色素沈着に!基礎化粧品は美白がおすすめ

ニキビが重症化して炎症が起こると、ニキビそのものは治っていても、赤みがいつまでもしつこく残ってしまうこと、ありませんか? これは「炎症後色素沈着」という症状。放っておくと赤みが少しずつ茶色いシミになって残る可能性があります。

ニキビ

ニキビ跡が色素沈着になってしまう原因

ニキビ跡が残ってしまう原因には、2種類の色素が関係しています。

ニキビ跡

ヘモグロビン(赤黒い色)

血液中の赤血球に含まれる赤い色素です。炎症性のニキビによって肌の深い部分まで傷つくと、毛細血管から出血して色素が周囲の組織ににじんでしまうのが原因。紫がかった赤に見える場合が多くあります。

ヘモグロビンによる色素沈着が治まると、徐々にメラニンによる茶色に変わっていきます。

メラニン(茶色)

紫外線によってできるシミの元と同じです。もともと外部刺激から肌を守るための色素のため、ニキビが炎症を起こすと活性酸素が発生し、お肌を守ろうとして大量に作られてしまいます。

メラニンの沈着を防ぐには?シミのメカニズム

ニキビが治ったあと、通常ならその跡もターンオーバーで徐々に皮膚の外側に押し出され、角質と一緒にはがれおちてきます。それが色素沈着してしまうという理由は、ニキビの炎症でダメージを受けたお肌はターンオーバーの周期が乱れているから。メラニン色素がうまく排出されないのです。また、皮膚の構造上の問題も関係しています。人間の真皮細胞はとても深いところにありますが、人間の皮膚の厚みは平均1.4mmと極薄。ニキビの炎症が重症化すればするほど、真皮層に及んでニキビ跡が残りやすいのです。
ニキビができたときや治った直後は、紫外線にも十分に注意しましょう。炎症部分に紫外線があたるとシミになりやすいのです。夏以外でもUVケアは必須です。

ケアの基本はビタミンC誘導体

それではニキビの赤みが茶色いシミとして残らないようにするには、どうすればよいのでしょう? 答えは「美白ケア化粧品を選ぶこと」。ニキビによってできるメラニンの色素沈着も、紫外線によってできるシミと原理は同じだからです。

おすすめ成分は、やはりビタミンC誘導体です。ニキビ跡の赤みや色素沈着の予防、、紫外線によるシミを防ぐ美白など美肌効果が高いのです。人気の美白化粧水・フォトホワイトC薬用ホワイトニングローションは、持続型ビタミンCに加え、ナノ化した植物ブライトニング成分が12種類になってリニューアル。ビタミンCの効果が長く深く働き、ニキビ跡のない透明肌をサポートします。

フォトホワイトC薬用ホワイトニングローション
薬用美白化粧水

もうひとつおすすめは、薬用アクアコラーゲンゲル美白です。オールインワンゲルの国内ブランドシェアNo.1(※)のドクターシーラボのアクアコラーゲンゲル。その機能はそのままに、美白のために誕生したのが、この美白ゲルです。

薬用アクアコラーゲンゲル美白
薬用美白オールインワンゲル

ビタミンCと、ブライトニング効果に優れた植物成分をナノカプセルに閉じ込めた「超浸透ホワイトケア成分」がシミやくすみ元となるメラニンの生成を徹底ブロック。肌に透明感とハリを与え、美肌をサポートします。また角層に潤いが不足すると、肌のターンオーバーが乱れ、メラニンの排出が滞ってしまうので、たっぷりの保湿成分が含まれている点も安心。さらに、紫外線をなどの外的ストレスから守るピクノジェノールRという成分が配合されており、ニキビ跡が気になる方におすすめです。
(※)富士経済によるマルチパーパスゲル(オールインワンゲル)のブランドシェアでNo.1

消えない!色素沈着してしまったニキビ跡は皮膚科で相談

日々の自宅ケアを行っても、色素沈着ができてしまった場合は、皮膚科に相談しましょう。
色素沈着になってしまったニキビ跡には、ハイドロキノンなどの塗り薬、美白剤などの院内処方薬や美白点滴などを使い、色味を薄くしていく治療を行うことができます。また、Vスターレーザーなどのレーザー治療、ピュアアクネス、クリアタッチ、フォトシルクプラスなどの光治療も効果的。症状にあわせて治療してくれるので、自宅ケアではなかなか到達できない大きな改善が期待できます。
参考:ニキビ跡治療|レーザー治療専門の美容皮膚科シロノクリニック

ニキビ跡が色素沈着に!基礎化粧品は美白がおすすめの関連ページ

ニキビ跡が色素沈着に!基礎化粧品は美白がおすすめ ページトップへ