>   >   > 

毛穴汚れをごっそりオフ♪ クレンジング方法を紹介

  • Check

キレイにクレンジングしたはずなのに、気がつくと出没する毛穴の黒ずみ。もしかしたら、クレンジングが間違っているのかもしれません。毛穴タイプに合わせた適切なケアを行って、黒ずみと決別しましょう!

毛穴 クレンジング

あなたはどの毛穴タイプ? 原因を見極めて正しいケアをしよう!

黒っぽい毛穴=皮脂汚れだからと、クレンジングですっきり洗い流せば解決できると思っていたりしませんか? しかし、その思い込みは危険です。原因が異なればケア方法も異なり、クレンジングで改善できないタイプの毛穴もあります。まずは自分がどの毛穴タイプか見極めることが大切です。

毛穴には、エイジングによる「たるみ毛穴」や、ニキビ跡が原因の「クレーター毛穴」など、原因別にさまざまな種類があります。なかでも毛穴が黒っぽく見えて目立つのは、主に「詰まり毛穴」「黒ずみ毛穴」「メラニン毛穴」「乾燥毛穴」の4つです。

詰まり毛穴

角栓が毛穴に詰まって発生するのが、詰まり毛穴です。初期段階では毛穴の色は黒くありませんが、白っぽいブツブツが出ているのが特徴です。小鼻周辺に出現し、詰まっている角栓を放置していると、皮脂が酸化して黒く変色してくるので早めの対処が肝心です。

黒ずみ毛穴

毛穴に詰まった皮脂が酸化し、黒い皮脂が毛穴に詰まったのが黒ずみ毛穴です。さらに、毛穴が塞がれて皮脂が排出されにくくなると、炎症を起こしてニキビなどになることもあります。正しいケアをして、早めに改善するようにしましょう。

メラニン毛穴

黒ずみ毛穴と似ていますが、まったく別の原因でできるのがメラニン毛穴です。黒ずみ毛穴と同じように、毛穴が黒くなっている状態ですが、触ってみてもザラザラしていないのが特徴です。紫外線ダメージによる色素沈着や、ターンオーバーの乱れにより毛穴の入口にメラニンが蓄積してしまっているのが原因です。

乾燥毛穴

肌の水分が失われて乾燥することにより、毛穴周辺の皮膚の弾力が低下し、毛穴が開いて黒く見える状態です。頬を中心に出現し、保湿を怠ると角層がはがれ落ちて、詰まり毛穴になります。

上記の4つのうち、メラニンによる毛穴の黒ずみは、クレンジングや洗顔などの落とすケアではあまり改善が期待できません。 紫外線対策、美白ケアなどでメラニンを抑制するケアが有効です。しかし、間違った洗顔方法は肌に負担をかけ、黒ずみの原因になることも考えられるので、正しい洗顔方法で肌をいたわることは基本です。 メラニン毛穴を皮脂汚れによる黒ずみだと勘違いして、過剰に洗顔している人は今すぐストップしましょう。

毛穴タイプ別・効果的なクレンジング&洗顔方法

クレンジングや洗顔による落とすケアが効果を発揮できるのが、「詰まり毛穴」と「黒ずみ毛穴」。「乾燥毛穴」は間違った洗顔により症状が悪化している場合が多いので、正しい洗顔方法でふっくらうるおいのある素肌を取り戻せば、毛穴が目立ちにくくなりますよ。

詰まり毛穴タイプ、黒ずみ毛穴タイプ

角栓の詰まりが原因の詰まり毛穴は、角栓オフが重要になってきます。角栓を形成しているのは、古い角質が70%を占めていて、残りの30%が皮脂です。余分な角質を除去するケアを重点的に行いましょう。また、詰まり毛穴がさらに悪化し、 皮脂の酸化が進んだ黒ずみ毛穴。毛穴の中はドロリと酸化した皮脂が詰まり、より皮脂による汚れが深刻です。古い角質をオフしながら、皮脂汚れも根こそぎとる、Wでの攻めがマストです。

酵素洗顔を行う

古い角質(タンパク質)を落としてくれる効果があるのが、酵素洗顔です。余分な角質をとり除くと毛穴周りの肌がやわらなくなり、毛穴が目立ちにくくなります。

使い方のポイント
  • 洗浄力が強いので毎日の使用は避け、週に1~2回を目安にします。
  • 部分的に乾燥している混合肌の人や肌の弱い人は、毛穴が気になる箇所や皮脂が多いTゾーンだけに部分使いします。
  • パウダータイプが多い酵素洗顔料は、泡立てにコツが必要です。パウダーのまま肌にのせると十分に効果を発揮できず、また肌の刺激になるので、泡立てはしっかり行いましょう。

ピーリングを行う

角質ケアには、フルーツ酸やグリコール酸などが配合されたピーリング化粧品でのケアも有効です。

使い方のポイント
  • 石鹸タイプやジェルタイプなどの洗い流すタイプや、塗るだけの美容液タイプなどさまざまな種類があるので、好みで選んでよいですが、 最初は刺激の穏やかな美容液タイプやジェルタイプがおすすめです。ピーリングをしたあとに肌が赤くなったり刺激を感じた場合にはすぐに使用をやめ、もう少し刺激の弱いものを試してみてください。
  • 毎日の使用は避け、週に1~2回を目安にします。
  • ピーリングと酵素洗顔料の併用はNGです。どちらかひとつ、自分に合ったものを使ってください。

洗顔は朝晩2回、丁寧に行う

日々のお手入れは、朝晩の洗顔をしっかり行い、詰まり毛穴の原因になる皮脂を落とします。

使い方のポイント
  • 部分的に乾燥している場合は、Tゾーンや毛穴が気になる箇所だけ洗顔します。
  • 皮脂は夜寝ている間も分泌されているので、夜だけではなく朝も洗顔料を使って洗いましょう。

オイルクレンジングを行う

黒ずみは頑固な油汚れと同じようなものです。まずは酸化した皮脂をオイルクレンジングで浮かせましょう。 毛穴に詰まった皮脂を浮かせるのは、オイルクレンジングの得意技です。

使い方のポイント
  • メイクを落としたあと、毛穴の詰まりが気になる部分を中心に、オイルクレンジングをやさしくなじませて、毛穴の皮脂汚れをゆるませます。
  • 毛穴が気になる箇所や皮脂の多いTゾーンに使用します。

クレイを使ったケアを取り入れる

皮脂汚れや古い角質を吸着してくれるクレイも、黒ずみ毛穴に効果的です。パックや洗顔料など、好みで取り入れてみましょう。

使い方のポイント
  • クレイには、保湿力の高いガスール、さっぱりタイプのクチャ、吸着力の高いベントナイトなどがあります。肌質や使用感で使い分けてください。
  • パックや洗顔は、皮脂の分泌が多いTゾーンや、毛穴が気になる箇所に使います。

ホットクレンジングもおすすめ!

寒い季節などは皮脂汚れも固まって、なかなか皮脂汚れがゆるんでこないものです。そんなときは、肌を温めながら毛穴汚れをかきだしてくれる、ゲルタイプの温熱クレンジングが効果的です。

乾燥毛穴

乾燥毛穴は、上記の2つの毛穴タイプとは異なり、皮脂や角栓汚れによるものではありません。間違った洗顔やクレンジングで肌が乾燥した結果、水分不足で頬の毛穴が開き、影ができて黒っぽく見えてしまいます。クレンジングや洗顔を見直し、肌の乾燥がおさまれば、肌がふっくらし、毛穴が目立ちにくくなります。

  • 洗浄力の高いオイルタイプのクレンジングは使用せず、低刺激のミルクやクリームタイプを使う。
  • 肌には摩擦を与えないよう、ゴシゴシこすらない。
  • 熱いお湯ですすがない。

毛穴パックはやってもいいの?

毛穴 クレンジング

毛穴の角栓をごっそりオフしてくれるシートタイプの毛穴パック。鼻の頭に貼ってはがすだけで、にっくき角栓があっという間にキレイになる手軽さと、はがしたあとの爽快感から一時期大流行しました。

しかし、この貼ってはがすタイプの毛穴パックは、 角栓と一緒に肌表面の角層まではがしてしまいます。角層がダメージを受けて肌が乾燥し、毛穴が開きっぱなしになってしまうこともあるのでおすすめできません。

クレンジングや洗顔後は保湿ケアを徹底!

毛穴 クレンジング

毛穴の皮脂や角質をオフしたあとはお肌がデリケートになっている状態なので、保湿ケアは念入りに行いましょう。皮脂の過剰分泌を抑え、毛穴を引き締める効果があるビタミンC誘導体入りのスキンケアも有効です。

まとめ

毛穴の黒ずみと一口に言っても、原因はさまざまでケア方法も千差万別です。自分の毛穴タイプを正しく把握し、正しいケアを行うことが、毛穴レス美人への近道です。

  • Check

毛穴汚れをごっそりオフ♪ クレンジング方法を紹介の関連ページ

毛穴汚れをごっそりオフ♪ クレンジング方法を紹介 ページトップへ