>   >   > 

くすみやゴワつきに!自宅でできるピーリングの種類とその効果とは

  • Check

古い角質の蓄積による、くすみやゴワつき。それを改善してくれる「ピーリング」には、いくつかの種類があります。

スキンケア

ピーリングの目的とは

私たちの肌では、絶えずターンオーバーが行われています。ターンオーバーとは、肌の内側で細胞が生まれ、約28日かけて肌表面(角層)へと押し上げられた後、古い角質が垢となって剥がれ落ちるまでのこと。ターンオーバーが規則的に繰り返されることで、肌はすこやかな状態を保っています。

ところが、年齢とともにターンオーバーの周期は長くなっていき、40代では約40日かかるといわれています。年齢だけでなく、睡眠不足やストレス、メイクをしたまま寝てしまうなど、生活習慣の乱れも大きく影響します。

ターンオーバーが乱れると、古い角質が剥がれ落ちにくくなり、肌表面に蓄積。その結果、肌の透明感ややわらかさが失われ、くすみ、ゴワつき、乾燥、小ジワなどの原因になります。また、古い角質によって毛穴がふさがれると、アクネ菌が繁殖し、ニキビもできやすくなります。

古い角質が積み重なったままでは、ますますターンオーバーの周期が長くなり悪循環に。そこで取り入れたいスキンケアが、ピーリングです。ピーリングは、肌表面に蓄積した古い角質を取り除き、正常なターンオーバーへとサポートする役割があります。

自宅でできるピーリングの種類

化粧品選び

AHA(アルファヒドロキシ酸)などのピーリング成分が配合された化粧品を使えば、自宅でピーリングを行うことができます。AHAは、古い角質を分解して剥がれやすくする成分の総称。フルーツ酸、乳酸、グリコール酸などの種類があり、刺激になりにくいのが特徴です。

ピーリング石鹸

AHAなどが配合された石鹸で、汗や皮脂とともに、古い角質を洗い流すことができます。石鹸をよく泡立て、泡を肌の上で転がすようにやさしく洗いましょう。ただし、使いすぎると肌が乾燥してしまうことがあるため、注意が必要です。

ピーリングジェル

洗顔後の清潔な肌に使用します。ピーリングジェルをなじませ、指先でマッサージすることで、古い角質をポロポロと絡めとることができます。強い力でマッサージすると肌を傷めるため、やさしいタッチで行うことがポイント。1週間に1~2回が使用の目安です。

ピーリング美容液

古い角質を「取り除く」のではなく、「ためにくい肌」へと導く美容液。洗顔の直後、化粧水の前に使用します。低刺激のAHAが、古い角質をゆっくりとやわらかくすることで、その後に使用する化粧品の浸透力がアップ。古い角質が自然に剥がれ落ちやすい状態へ整えます。使い続けるうちに、くすみやザラつきのない、みずみずしくなめらかな肌が目指せます。

美顔器によるピーリング

ピーリング化粧品を使わずに、自宅でピーリングができる美顔器も販売されています。超音波の振動によって古い角質を浮かせ、水や化粧水とともに取り除くタイプがあります。

クリニックで行うケミカルピーリングとは?

ドクター

主に、グリコール酸やサリチル酸、乳酸などの薬剤が使用されます。クリニックでは、市販のピーリング化粧品に配合されるAHAよりも、高濃度で用いることができるのが特徴。そのぶん、ピリピリとした刺激などを感じることがあります。洗顔後の肌に薬剤を塗布し、古い角質を分解させ、しばらく時間をおいてから洗い流す施術が一般的です。

また、ドクターの指示のもと、肌の状態や悩みに応じた方法を選択することも可能。薬剤が作用する深度が「角層」程度のピーリングから、表皮より下の「真皮」に及ぶピーリングまで、4段階に分類されています。シミやニキビ、ニキビ跡の治療など、目的がはっきりしている場合に有効です。

自宅でピーリングをするときの注意点

敏感肌

どのピーリング化粧品を使う場合にも、注意したいのは「使用頻度」です。特に、ピーリング石鹸、ピーリングジェル、美顔器は、週に1回程度からスタート。慣れてきても、説明書に書いてある使用頻度は必ず守りましょう。

頻繁に行いすぎると、肌に負担がかかり、乾燥や肌あれを招きます。肌に必要な角質まで取ってしまうことで、紫外線などの外部刺激から肌を守ったり、肌内部のうるおいを保持したりする「角層のバリア機能」が損なわれるためです。

また、かゆみや炎症、傷など、肌にトラブルを抱えている時の使用は、状態を悪化させてしまいます。絶対に避けてください。

まとめ

角質が厚くなり、くすみやゴワつきを感じた時に、効果の高いピーリング。スキンケアにピーリング化粧品を取り入れて、美しくすこやかなすべすべ素肌を保ちましょう。説明書をよく読んで、使用頻度の目安を超えないことが大切です。

  • Check

くすみやゴワつきに!自宅でできるピーリングの種類とその効果とはの関連ページ

くすみやゴワつきに!自宅でできるピーリングの種類とその効果とは ページトップへ