>   >   > 

“やさしい白髪染め”がおすすめな理由

  • Check

30代後半ごろから早い人は悩み始める白髪。毎回美容室で染めるのもお金がかかるし、かといって家で染めるのも面倒、そして頭皮や髪を傷めてしまいそうで不安…。そんな方は「やさしい白髪染め」をおすすめします。

白髪

白髪染め、刺激が強い理由はここにあります

白髪と黒髪が混ざっているのに、一般的な白髪染めで染めると髪の色がちゃんと均一になることにお気づきでしょうか?それは、白髪染めには「過酸化水素水」で髪の色を脱色し、同時に酸化染料を酸化させて染色しているのです。つまり健康で色素がある髪もいったん白くしているんですね。

一般的な白髪染め

髪の内部までしっかり脱色する過酸化水素水は髪だけでなく地肌にも大きなダメージを与えます。過酸化水素水は別名オキシドール、ご存じの通り殺菌力が高いものですが、酸化力も高く漂白剤としても使われます。そのような刺激が強いものを受ける頭皮は、皮膚が強い人でもキシキシしたりヒリヒリしたりすることもある程。皮膚の専門家としては到底おすすめできないものなのです。

ドクターシーラボは「やさしい白髪染め」をおすすめします

ドクターシーラボで開発している白髪染めは染色剤と脱色剤を混ぜる2剤式ではなく、まぜる必要のない=脱色剤を含まない白髪染めです。今まで2剤式の脱色剤を含む白髪染めを使っていた方にもぜひおすすすめしたい低刺激で頭皮と髪にやさしいヘアカラー。脱色剤フリーを実現した白髪染め「シーラボ ヘアカラーフォーム」をぜひご検討ください。

シーラボヘアカラーフォーム

図のように脱色をせずに色素を定着させます。そのため、脱色剤を使った一般的なヘアカラーに比べると均一な髪色にはなりにくいのが欠点ですが、一見では区別がつかないくらいに奇麗に染まります。

染まり方

泡タイプですが、混ぜずにプッシュで出すタイプなので、残りは次回使えて経済的です。生え際だけ塗り足していくことも可能です。口コミでも「髪が傷まない」と多くの評価をいただいております。

白髪染めだけでなく、白髪隠しやカラートリートメントもおすすめ

頭皮敏感肌の方は、それでも染色剤がヒリヒリする!という方もいらっしゃると思います。そんな方は、白髪隠しやカラートリートメントがおすすめです。

トリートメント・白髪隠し

ドクターシーラボの「簡単ひと塗り白髪カバー」と「ヘアカラートリートメント」は髪表面を着色するだけなので、頭皮にはとてもやさしく安心です。欠点は効果が長持ちしないこと。定期的に塗ったり、トリートメントとして使って色素を維持しましょう。白髪隠しはお出かけ前に発見した部分白髪や伸びてきた根元に使うことがおすすめ。白髪隠しとヘアカラートリートメントは併用されている方も多いです。

併用

毎日のヘアトリートメントと、気になる部分だけお出かけ前に隠す…この組み合わせで頭皮を傷めないカラーリングが可能です。

ドクターシーラボのヘアケアは頭皮と髪の健康を考えて皮膚の専門家が開発したものばかり。あなたに合うヘアケアはこちらからお探しください。

ヘアケア一覧

  • Check

“やさしい白髪染め”がおすすめな理由の関連ページ

“やさしい白髪染め”がおすすめな理由 ページトップへ