>   >   > 

頭皮の保湿におすすめの化粧水成分や育毛剤など

頭皮も乾燥していること知っていますか?じつは化粧水は頭皮の保湿にもおすすめなんです。頭皮のタイプ別、おすすめの化粧水成分や育毛剤についてまとめました。

頭皮 化粧水

頭皮の皮脂バランス

頭皮の皮脂バランスを意識したことはありあますか?
顔の皮脂バランスを気にする方は多いのに、実は頭皮に関しては無頓着という方は多いものです。
しかし、顔の皮膚と頭皮は一枚の同じ皮膚。
正しい頭皮ケアをせずに放っておくと、知らず知らずのうちに頭皮の皮脂バランスを崩し、顔と同様にトラブルを起こしてしまいます。
頭皮ケアをするには、まずは自分の頭皮がどのような状態かを知ることが大切です。

脂性肌タイプ

脂性肌タイプの特徴は、頭皮にニキビやかゆみ、湿疹が発生しやすいことです。
また、頭皮特有の汗っぽいにおいを感じる人も脂性肌タイプと言えます。
脂性肌の主な原因は、皮脂の過剰分泌と毛穴の詰まり。
皮脂の分泌量が多いと、皮脂をコントロールすることができなくなり、頭皮上で皮脂が溜まって毛穴を塞いでしまいます。溜まった皮脂には汚れが付着しやすく、そのせいでニキビやかゆみ、湿疹などの皮膚疾患を起こしてしまうことになるのです。

乾燥肌タイプ

乾燥肌タイプの特徴は、フケが目立つ、かゆみや赤みがあることです。
頭皮は髪に覆われているため、顔の皮膚よりも水分を保持しやすい状態ではありますが、 空気の乾燥や紫外線、間違ったケアによる刺激、加齢などによって頭皮のターンオーバーが乱れ、健康な皮脂膜を維持することができなくなり、頭皮内部の水分が蒸発してしまいます。
十分な水分を失った頭皮は、角質が剥がれてフケとなったり、外的刺激に負けてトラブルを起こし、かゆみや赤みを発生させてしまったりすることに…。さらには、頭皮の水分が失われることで弾力を失って皮膚が下がり、結果的に顔のたるみも引き起こしてしまうことになります。

脂性肌タイプであっても乾燥肌タイプであっても、放置してしまうと、頭皮と顔の皮膚トラブルを起こしてしまいます。トラブルを未然に防ぐためには、正しい頭皮ケアが必要。
頭皮ケアと言うと、サロンに行ったり、特別なヘアケア商品が必要になったりと、手間やお金がかかりそうな気がするかもしれませんが、実は化粧水を使って自宅で簡単に頭皮ケアすることが可能です。さっそく頭皮のタイプに合わせた化粧水でのケアをチェックしてみましょう。

頭皮におすすめの化粧水・育毛ローション

頭皮の上には毛髪があるため、顔の皮膚のように化粧水を手やコットンで塗布するのは難しいもの。頭皮全体にまんべんなく化粧水を塗布するためには、ミストタイプが便利です。
お気に入りの化粧水や得たい効果を持つ化粧水をスプレーボトルに移し替えて使用するのもおすすめです。

油っぽさが気になる方は

頭皮の油っぽさやニキビが気になる方は、ニキビの原因の一つであるアクネ菌にアプローチしながら、皮脂分泌をコントロールするビタミンC誘導体配合の化粧水を選びましょう。

使いたいのは、「薬用アクネレスローション」。

薬用アクネレスローション
薬用アクネレスローション

薬用アクネレスローションは、肌のベタつきをクリアにし、さらには潤いによってさっぱりした使い心地も好評。健やかな頭皮を期待できます。

乾燥が気になる方は

頭皮のかさつきやかゆみ、赤みなど、乾燥が気になる方は、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分を含む化粧水がベスト。

おすすめは、「ハーバルセラムO2」です。

ハーバルセラムO2
ハーバルセラムO2

潤い成分配合の化粧水はトロッとしたテクスチャのものが多いですが、伸ばしにくく一か所に溜まってしまいやすい頭皮には不向き。
ハーバルセラムO2なら、サラッとしたテクスチャなので最適です。
ハーブの香りにより、頭皮も心もスッキリできるでしょう。

薄毛ケアもしたい方は

40代・50代になると気になり始める薄毛。
これは女性ホルモンの低下が原因です。加えて、頭皮にトラブルがあると、抜け毛を加速させ、新たな髪の成長を阻害してしまいます。
薄毛が気になる方は、女性ホルモン様成分や、頭皮の炎症を抑えて潤いを与える成分が配合されているものをチョイスしましょう。

使いたいのは、「エスモEX 薬用育毛ローション」です。

エスモEX 薬用育毛ローション
エスモEX 薬用育毛ローション

エスモEX 薬用育毛ローションはスプレーボトルなので、簡単に頭皮に塗布することができます。
塗布後は、頭皮マッサージをすることで、さらに頭皮の血行を良くし、有効成分が浸透しやすくなります。

頭皮の状態や気になるトラブルに合うものを毎朝のスタイリング前に使用してみましょう。 使用を続けることで、きっと今の悩みはクリアになっていくことでしょう。

頭皮環境を良好に保つ生活を

頭皮 化粧水

化粧水でのケア以外にも、普段から頭皮環境を意識した生活をすることが大切です。

シャンプーの選び方

シャンプーは、アミノ酸系、高級アルコール系、石鹸系と、3種に分類されますが、 これらの中でも、頭皮の健康を考えるなら、アミノ酸系シャンプーを選ぶことをおすすめします。
アミノ酸系シャンプーは、他種と比べると洗浄力はやや弱いものの、非常に低刺激であるため、必要以上の皮脂を取り過ぎることはありません。過剰な皮脂は頭皮トラブルの原因ですが、皮脂は皮膚内側の水分や油分を維持してくれる存在。取り過ぎると、乾燥を招いたり、炎症を悪化させたりする可能性があるため、脂性肌にとっても乾燥肌にとっても良くありません。
だからこそ、毎日のシャンプーには、低刺激のアミノ酸系シャンプーです。
さらに、保湿成分の含まれたものであれば、より効果的です。

シャンプーの方法

シャンプーは、毛髪ではなく、頭皮を洗うことを意識しましょう。
汚れを浮かせるためにシャンプー前にはブラッシングをし、シャンプーが馴染みやすくなるようにぬるま湯で予洗いをして汚れを落としておきます。
シャンプーはしっかり泡立て、頭全体を包み込み、指の腹で優しくマッサージをしながら洗っていきます。有効成分配合のシャンプーであれば、数分間泡パックをすることで頭皮に成分が行きわたりやすくなります。
すすぎはシャンプーが頭皮に残らないように十分に行ってください。

ドライヤー方法

ドライヤーは髪や頭皮に良くないと敬遠する方も多いですが、実は逆です。
濡れたままで放置すると、頭皮や髪に雑菌が溜まり、炎症やにおいの原因になります。
シャンプー後は軽くタオルで水分を取り、頭からドライヤーを10~20cmほど離して丁寧に乾かしていきましょう。一部に集中してドライヤーをあてると乾燥を招いてしまうため、ドライヤーを動かしながらまんべんなく乾かしてください。

紫外線に要注意

紫外線は頭皮と髪にとって大敵。
紫外線の当たりやすい場所はできるだけ避け、乾燥を避けるために帽子をかぶりましょう。
また、頭皮や髪専用の日焼け止めスプレーを塗布するのもおすすめです。

いかがでしたか?
頭皮は顔と同じ一枚の皮膚です。
今あるトラブルを改善するため、また今後起こりうるトラブルを回避するために、顔と同様にしっかりとケアしていきましょう。
頭皮だって、手をかけてあげれば、いつまでも若々しく美しい状態を保つことができます。
頭皮の状態が良ければ、髪のトラブルで悩むこともなくなるでしょう。
さっそく今日から美しくいるための頭皮ケアを始めてみませんか?

頭皮の保湿におすすめの化粧水成分や育毛剤などの関連ページ

頭皮の保湿におすすめの化粧水成分や育毛剤など ページトップへ