>   >   > 

肌のキメはインナーケアから!食品ですっぴん美肌に!

思わず見とれてしまうような美しい肌の持ち主に共通しているのが、肌のキメが整っていることです。私たちの体は食べたものでできているので肌の土台を作る食べ物も美しいキメの整った肌には欠かせない要素のひとつ。キメを整える食品を積極的に摂って、内側から輝くような素肌を手に入れましょう。

肌のキメ 食品

食べるケアで肌のキメを整えよう! 効果がある栄養素や食品は何?

美肌印象を左右する要因のひとつに、肌のキメの細かさがあります。残念ながらこれは、遺伝が影響しているとも言われています。

でも、「生まれつきキメの細かさが決まっているなら、今さらどうしようもない……」なんてガッカリする必要はありません。いくら生まれついての美肌の持ち主といえども、偏った食生活や乱れた生活習慣を続けていれば、加齢とともに肌のキメも乱れてきます。
大人の肌は日頃の食生活やスキンケアで変わります!
私たちの肌は食べた物の栄養から作られるので、インナーケア次第で肌のキメを整えることは十分可能なのです。ではどんな栄養素や食品が、キメの整った肌作りに効果的なのかご紹介します。

肌のキメ 食品

ビタミンC

美肌を作る代表的なビタミンです。 喫煙により消耗されるので、本気で美肌を目指すなら、今すぐタバコはやめましょう。

効果

  • 美肌に欠かせないコラーゲンの生成をサポートする。
  • 肌の生まれ変わりをスムーズにしてくれる。
  • 抗酸化作用があり、肌の酸化を防止する。

多く含まれる食品

レモン、イチゴ、ピーマン、ブロッコリーなど。

ビタミンA

皮膚や粘膜を守り、肌のキメにも関係するビタミンです。ビタミンAは大きく分けて、動物性食品に含まれるレチノールと、緑黄色野菜に含まれるβカロテンがあります。

効果

  • 肌の新陳代謝を整え、生まれ変わりをサポートする。
  • 抗酸化作用があり、肌の老化を防ぐ。
  • 皮膚や粘膜を強化し、保湿力をアップする。

多く含まれる食品

ほうれんそうやにんじん、トマトなどの緑黄色野菜、レバー、うなぎ、牛乳など。

ビタミンE

若返りのビタミンと言われ、血行を促進して健やかな肌を保ち、肌のバリア機能を高めてくれます。 キメの細かい美肌を手に入れるために、意識して摂りたい栄養素です。

効果

  • 抗酸化作用があり、肌の老化を防ぐ。
  • 血の巡りをよくし、新陳代謝を促進してくれる。
  • 優れた保湿効果で、肌の乾燥を防ぐ。

多く含まれる食品

アーモンド、アボカド、うなぎ、かぼちゃなど。

ビタミンB2

糖質や脂質の代謝を促進し、細胞の再生や健康な皮膚の成長を助けてくれます。 また、アルコールはビタミンB2の吸収を悪くしてしまうので、お酒好きな人は要注意です。日常的に飲酒の習慣がある人は見直し、ほどほどの飲酒にとどめましょう。

効果

  • 肌のターンオーバーを正常に保つ。
  • 皮膚や粘膜の健康を維持する。

多く含まれる食品

豚肉、レバー、うなぎ、さんまやいわしなどの魚類、卵、大豆製品、乳製品など。

亜鉛

味覚を正常に保つことで有名な亜鉛は、肌のキメを整える上でもうれしい作用があります。 インスタント食品やお酒をよく飲む人は欠乏しやすいので、とくに意識して摂りましょう。

効果

  • 肌の新陳代謝を活発にする。
  • 肌にハリや弾力を与えるコラーゲンの生成を手助けしてくれる。

多く含まれる食品

牡蠣、豚レバー、牛肉、チーズ、抹茶など。

タンパク質

皮膚を形成する原料となるのがタンパク質です。美肌に欠かせないコラーゲンは、実はタンパク質の一種です。コラーゲンを構成しているタンパク質が不足すれば、肌のハリやツヤが失われてしまい、肌のキメ細かさにも影響を及ぼします。

効果

  • コラーゲンを生成する。
  • 肌のターンオーバーを正常にし、皮膚の生成を助ける。

多く含まれる食品

肉類、魚類、卵、大豆製品、乳製品など。

肌のキメ 食品

より効果を高める摂取方法は?

肌のキメを整えるためには、さまざまな栄養素が必要であることがおわかりいただけましたか?

老化の主な原因とされる活性酸素を減らすビタミンC、A、Eなどは、抗酸化ビタミンと呼ばれますが、これらは同時に摂取することにより相乗効果が期待できるので、なるべく一緒に摂りたいですね。

かといって、野菜ばかり食べるのはおすすめできません。お肉や魚を避けて、野菜サラダにパンかおにぎりという一見ヘルシーそうな食事をしている人はいませんか?そんな間違ったヘルシー志向は問題です。なぜなら肌は、いろいろな栄養素が組み合わさって作られているから。大切なのは、肉や魚、野菜などがバランスよく含まれた食事です。

また、忙しいとコンビニ弁当やインスタント食品で食事を済ませてしまうことも多くなりがちですが、保存料や添加物が使われている点が心配なので、毎日のように利用するのは考えものです。1日1食は自炊する習慣をつけることを心がけましょう。

自分の肌のキメはどんな状態? 簡単セルフチェックをしよう!

健やかな肌なら、角質ひとつひとつの形が整って、肌表面にキメが網目状に現れます。 これこそが、肌のキメが整っている状態です。でも、鏡に近寄って目を凝らしてみても、自分ではなかなか肌のキメの状態はわかりにくいものです。
コスメカウンターで美容のプロにチェックしてもらうほか、最近では、スマホアプリと連動した外付けカメラで肌チェックができるものもありますが、今回はお金をかけずに自宅で簡単にチェックできる方法をご紹介します。

セロハンテープでできる簡単チェック方法

  1. 洗顔後、肌の水気をふき取り、こめかみに透明のセロハンテープを貼る。
  2. セロハンテープを軽く押さえ、そっとはがす。
  3. 透明なグラスなどにテープを貼れば、三角形などの模様が見える。これがあなたのキメの様子!

さて、あなたの肌のキメは、以下のAとB、どちらの状態でしたか?

A網目状の溝が走り、きれいな三角形がたくさんある
⇒◎キメが整っています。正しいスキンケアを続けると同時に、肌のキメに効果的な食品を取り入れて内側からのケアを強化し、この状態をキープしましょう。

B溝が浅く、三角形が作れていない
⇒×キメが乱れています。今すぐ生活習慣や食生活を見直し、キメの整った肌を目指しましょう。

Bだった人は、肌のキメが整っていなかったからといって、落ち込む必要はありませんよ。美肌に近づくために大切なことは、自分の現在の肌のキメの状態を把握することから始まります。今日から先に紹介した栄養素を含む食品を積極的に食べる食生活に改め、睡眠など生活習慣にも気を配れば、確実に肌は生まれ変わるはずです。

まとめ

キメの整った肌に近づくために、スキンケアや紫外線対策などの外側からのケアを頑張るのは大切なことです。しかし、食生活にまで気をつけていない人は多いのではないでしょうか。肌を作る食べ物を軽視していては、せっかくのケアも焼け石に水です。スキンケアが十分効果を発揮できるように、食生活から見直してみましょう。

肌のキメはインナーケアから!食品ですっぴん美肌に!の関連ページ

肌のキメはインナーケアから!食品ですっぴん美肌に! ページトップへ