>   >   > 

敏感肌化粧品の選び方・見分け方

  • Check

肌が弱く敏感肌で化粧品選びにお困りの方のために、選び方・見分け方のポイントを皮膚科医師の意見を元にまとめました。今まで自分の肌に合うスキンケアに出合えなかった方必見です。

敏感肌

敏感肌の状態と、NG成分のウワサ

わたしたちの皮膚には、異物やほこりが入り込むことを防いだり、肌を乾燥から守ったりする「皮膚のバリア機能」と呼ばれる働きが備わっています。
“敏感肌”とは、そのバリア機能の低下によって肌にうるおいが不足し、外部からの刺激にも弱くなってしまっている状態のことを言います。
言い換えればそれは、肌に雑菌やアレルゲンが侵入しやすくなったり、トラブルが起こりやすくなったりしているということ。敏感肌の人がヒリヒリ感やかぶれ、ニキビや吹き出物に悩むケースが多いのはこんな理由からなのです。

敏感肌

では、バリア機能の低下によって非常にデリケートな状態になっている敏感肌に良くないとウワサされている成分について、耳にしたことはあるでしょうか?

パラベンなど防腐剤が「悪い」というウワサ

パラベンとは、防腐剤に用いられている成分です。単独使用の場合よりも相乗効果が得られるという理由から、複数のパラベンを少量ずつ組み合わせるという方法で化粧品や食品などに配合されています。
石油系由来であるためか何かと悪者にされがちな成分ですが、パラベンの優れた殺菌効果が配合した物質の保存・防腐に役立っている側面も見落とすことはできません。パラベンを配合しないことで雑菌の繁殖が進み、かえって敏感肌への刺激となってしまうというケースも考えられます。

界面活性剤が「悪い」というウワサ

水と油のようにお互いに混ざりにくい性質を持つ成分同士をしっかりとなじませるために配合される成分です。パラベンと同じように界面活性剤にもたくさんの種類があり、用途に合わせて異なる種類が使われます。
人体や自然に良くない働きをするごく一部の界面活性剤の情報から「界面活性剤=良くないもの」というイメージを持っている人もいますが、医薬品(軟膏や保湿クリームなど)や食品にも配合されている成分であり、そのすべてが有害であるわけではないということを知っておいた方が良いでしょう。

つまり、すべての人に「この物質は悪いものだ」と断定・明示することはできないということになります。敏感肌の人にとって最も大切なのは、「肌に侵入してトラブルを起こしてしまう成分に対する正しい知識」であると言えるのです。

どう対処する?敏感肌対策を皮膚科の先生に聞いてみた

そこで、難しさを極める敏感肌の化粧品選びについて皮膚科の先生に聞いてみることにしました。

ご協力いただいた先生

敏感肌

シロノクリニック 池袋 寺井美佐栄 院長
所属学会・資格
日本レーザー医学会、日本抗加齢医学会専門医、日本美容皮膚科学会、
日本産業衛生学会認定専門医、日本医師会認定産業医、
労働衛生コンサルタントなど
その他
サーマクール認定医、ウルセラ認定医
http://ikebukuro.shirono.net/

Q:化粧品でどうして肌トラブルが起こるの?

アレルギーは細菌やウィルスから体を守るための免疫機能です。それが、化粧品に含まれる物質を異物(=入ってきてはいけないもの)と判断してしまい感作を起こしてしまうからです。実際には悪いものではないのに、肌が「悪者だ」と間違った判断をしている過敏な状態なのですね。

Q:どうしても肌が荒れる!そんな方の対処法は?

皮膚科医と一緒にスキンケアを選ぶことをおすすめしています。美容皮膚科でお出しする化粧水や美容液は少量になっており、余分な添加物が入っていません。それでもトラブルを起こす方もいらっしゃいますが、添加物がない分その成分を特定しやすいのです。

先生のアドバイスから、化粧品による肌トラブルが起こるのは「本来悪いものではない成分にまで肌が過剰反応してしまうため」であること、肌荒れのレスキューとしては「余分な添加物が入っておらずトラブルの原因成分が特定しやすいスキンケアを選ぶ(処方してもらう)こと」が良いということがわかりました。 これらのお話を参考に、敏感肌用化粧品を選ぶ方法を考えてみましょう。

敏感肌の化粧品選びのポイント

「敏感肌用」「無添加」という言葉だけに反応して化粧品を選んでいませんか?それも全く間違いというわけではありませんが、見るべきポイントと言えるのは化粧品の「全成分表示」です。

できるだけ配合が「シンプル」なものを選ぼう

化粧品の中に配合されている添加物や有効成分が多ければ多いほど、どの成分が自分の肌に悪さをしているのか特定が難しくなってしまいます。
わたしたちはあれもこれもとたくさんの成分が入っている化粧品の方が効果も高いだろうという錯覚をしてしまいがちですが、配合成分や添加物の数が多い分だけ“肌トラブルを起こす可能性”が高まるとも言えるのです。
まずはスキンケアの成分表示を確認し、できるだけシンプルな配合で作られているものを選ぶのがベターです。

何が「無添加」なのかを把握しよう

「無添加=肌にやさしい」という思い込みもまた落とし穴であると言えます。
先ほど少し触れたように、添加物のすべてが肌や体に悪いというわけではありません。また、「着色料は無添加でも人工香料が添加されている」「石油系界面活性剤は無添加でも別の成分由来の界面活性剤が添加されている」というようなケースも多々ありますので、“無添加”という表示を見かけたら「何が“無添加”なのか」を確認する習慣をつけておくと良いでしょう。

敏感肌

トラブルが起きたときに入っていたものを覚えていこう

もしも肌にトラブルが起きてしまった時には、「どのスキンケアやメイク用品を使っていたか」「そのアイテムには何が配合されていたのか」ということを記録・記憶しておくことも大切です。
次からは同じような配合のものを避けることができ、皮膚科の受診が必要な時にも役に立ちます。全成分が記載されている外箱を捨ててしまったという場合などであれば、商品のHPで配合成分を確認してみるのも一つの方法です。

このような点を踏まえると、敏感肌の人に向いているスキンケアというのはある程度限られてしまうことが分かります。
その中でも、特におすすめのアイテムをご紹介します。

薬用アクアコラーゲンゲル スーパーセンシティブ

乾燥性敏感肌の方に圧倒的な人気を誇るオールインワンです。元々の肌質が敏感肌である人以外にも、季節や環境の変化で肌にトラブルを起こしやすい人や、普段の化粧品で急に肌荒れしてしまうことがある人などの不安定なお肌もやさしく守りながら保湿してくれます。
肌にやさしい処方であることはもちろん、これ1つでお手入れが完了してしまうため、肌に与える摩擦ストレスを抑えたスキンケアが可能です。

薬用アクアコラーゲンゲル スーパーセンシティブ
薬用アクアコラーゲンゲル スーパーセンシティブ

肌トラブルが起きているときの対処法

化粧品やその他の原因で肌に炎症が起きている時は、新しい化粧品にチャレンジすることは控えるべきです。
違うものを使ってみたら症状が良くなるのでは…?という思いから使ったことのないアイテムに手を出してみたい気持ちもわかりますが、肌にとってみれば新たな刺激がやって来るだけということにもなりかねません。 トラブルが起きてしまった時は、皮膚科を受診するのが正解。自己判断でいろいろなことを試すより、まずは専門医に頼りましょう。

  • Check

敏感肌化粧品の選び方・見分け方の関連ページ

敏感肌化粧品の選び方・見分け方 ページトップへ