>   >   > 

花粉症で肌が荒れる方にぜひ試して欲しいこと

  • Check

花粉症は症状だけでもとっても辛いものですが、アレルギー反応そのもの以外の肌トラブルの原因にもなってしまいます。刺激に敏感なときのスキンケアはどのように行えばよいのでしょうか。

花粉症

花粉の季節の肌トラブルが増えています。

花粉シーズンの肌トラブルは連鎖のように悪化するため、なかなか症状が引かないことで悩まれる方が増えています。
花粉症と言えば喉や鼻、目などに症状が出るものなのに、どうして肌まで荒れてしまうの?という疑問をお持ちの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?花粉シーズンに肌トラブルが起きてしまうメカニズムを以下にまとめました。

免疫の過剰反応

わたしたちの体には、侵入して来ようとする異物(ウイルスなど)を排除し、体を守ろうとする働きが生まれつき備わっています。これを、「免疫機能」と呼びます。
花粉は本来ならばそれほど人体に害を及ぼすものではないのですが、免疫機能が花粉を異物と勘違いしてしまうことがあります。この場合、体内では花粉を撃退するためのIgE抗体というものが作り出され、肥満細胞というものに付着することでヒスタミンという物質が放出されます。このヒスタミンが刺激となって体がアレルギー反応を起こした結果、くしゃみ・鼻水・涙などが止まらなくなるというわけです。一度異物と認識されてしまった花粉は、体の表面に付着しただけでもアレルギー反応を引き起こす原因となり、目のかゆみ・肌のかゆみ・かぶれ・肌荒れなどが現れます。
花粉シーズンの肌荒れは、花粉を異物と勘違いした免疫機能が過剰に反応してヒスタミンを出してしまった結果起こるものと言えるのです。

摩擦による肌荒れ

花粉に過剰反応するようになってしまった免疫機能はどんどんヒスタミンの放出を促し、体にはさまざまな症状が出てきます。
中でも厄介なのがくしゃみ・鼻水です。これらの症状が出てしまった時、最初に行う対策と言えば、マスクをする、鼻をかむといったことだと思います。実は、どちらも摩擦の原因となるため、肌には負担なのです。花粉症用のマスクは大きく、顔にフィットするものが多くなっています。これは、肌とマスクの間に起こる摩擦の面積や強さを大きくしてしまうことにつながります。鼻のかみすぎも、ティッシュとの摩擦で肌を傷めてしまうことになります。
また、花粉による目のかゆみがひどい時などは無意識に目をこすってしまうことがあります。これもデリケートな目元の皮膚に負担を与える“摩擦”であると言えます。

肌のバリア機能の低下

肌の表面近くにある角質層は、肌のうるおいを保持するとともに刺激や異物から肌を守ってくれる働きを持っています。これを、肌の「バリア機能」と呼びます。
花粉の時期に荒れてしまった肌は角質層にもダメージを受け、バリア機能が低下した状態にあります。ただでさえバリア機能が低下しているところに、肌荒れでキメが乱れた角質層から花粉が入り込み、ダイレクトに肌に刺激を与えてしまうことでさらなる肌荒れや炎症を引き起こしてしまうという、負のスパイラルにあるのです。

ひとくちに「花粉症による肌荒れ」と言ってもこのように何通りもの原因があり、花粉が侵入した体内や花粉に触れた体の表面ではいろいろなことが作用しあっているとわかります。

試してみよう!すぐできる花粉症シーズンの肌トラブル対策法

花粉→免疫過剰反応→肌荒れ…。悪循環を繰り返す花粉シーズンの肌トラブル。さらに悪化させないためにも、身の回りで実践できることをご紹介します。

刺激を与えないことが第一

炎症中の肌はバリア機能が低下していることもあり、とても敏感な状態です。肌荒れが気になるからと言ってむやみに触れたり、必要以上に念入りにお手入れをしようとしたりすると、そのこと自体が刺激となってしまう可能性があります。
大切なのは、「触らない・こすらない」こと。普段の生活ではもちろん、ケアの時も同様です。スクラブ入りのアイテムや過剰なマッサージなどは避け、クレンジング→洗顔→保湿というプロセスがなるべくシンプルになるようなお手入れに切り替えましょう。

バリア機能をUPさせよう

皮膚のバリア機能UPのためには、生活習慣の改善が効果的です。規則正しい生活を心がけるとともに、バリア機能を高める栄養素(ビタミンA・E・B2・B6・C)を多く含む食材を意識的に摂ること、部屋を適切な湿度(50~60%)に保つこと、入浴時のお湯の温度を上げ過ぎないことなどに気を付けるようにしましょう。

屋内に花粉を持ち込まない

家の中に花粉を持ち込まないことも大切です。マスクなどで鼻や口からの侵入を防いだつもりでも、花粉を洋服や持ち物などに付着させたまま帰宅してしまうのはよくある失敗です。
部屋に入る前に上着を脱いで花粉をはらう、手洗い・うがいをする、洗濯物は部屋干しもしくは乾燥機で乾かす、空気清浄機を置くなど、屋内での対策も忘れずに行いましょう。

外出時に花粉をくっつけない

オイル系スキンケア用品はリッチに潤う反面、その油分に花粉がくっついてしまう危険性があるため、この時期は避けた方が良さそうです。
また、長袖を着用し、マスク・メガネ・帽子などを活用して花粉から全身をガードすることも良い方法です。ニットやウールなどの花粉が付着しやすい素材は避け、ナイロン・シルクなど手ではらえば花粉が落ちやすい素材を選ぶのも重要です。

敏感になっている状態の肌はとにかく花粉や刺激からガードすることが重要。いつも以上に“肌へのやさしさ”を意識して生活してみましょう
日常のお手入れも、低刺激なものでなるべくシンプルに行うのがコツ。くれぐれもこすったりしないように気を付けてみてください。

肌が荒れて敏感になっている時のスキンケアには、こんなアイテムがおすすめです。

薬用アクアコラーゲンゲル スーパーセンシティブ

バリア機能にやさしく働きかけてくれる植物エキス*1や、肌コンディションを整えてくれる2種のビタミン*2も配合されていて、肌を守りながら保湿してくれる、敏感肌にものゲルです。
お手入れがこれ1つで完了してしまうため、肌への刺激軽減にもつながります。
*1 シソエキス、クマザサエキス、シャクヤク根エキス、トウキエキス、カッコンエキス、オウレンエキス
*2 ビタミンH(ビオチン)、ビタミンP(フラボノイド)

薬用アクアコラーゲンゲル スーパーセンシティブ
薬用アクアコラーゲンゲル スーパーセンシティブ

ハーバルゲルO2

高濃度酸素水*1がお肌の元気を呼び覚ましてくれる、自然派ゲルです。天然ハーブエキス*2が肌荒れやかさつきなどをやさしくケアしながら、トラブル肌を健やかな状態へとグリーンハーブの香りでしながらお手入れができます。
*1 ACTIVE O2
*2 ドクダミエキス、カンゾウ葉エキス、ヨクイニンエキス、ヨモギ葉エキス、アロエベラ葉エキス、シャクヤク根エキス、タチバナ果皮エキス、ノイバラ果実エキス

ハーバルゲルO2
ハーバルゲルO2

内側からも花粉症肌荒れ対策しよう

荒れてしまったお肌の回復を早めるために内側からもケアをして、1日でも早くつらい状態から抜け出しましょう。
花粉症に効果があるとされている食材をご紹介します。

花粉症に効果のある食べ物

食材名 成分・効果
甜茶(てんちゃ) 抗アレルギー作用・抗炎症作用があり、花粉症の症状を緩和・軽減する
ルイボスティー 抗酸化作用によって活性酸素を抑制し、アレルギー反応を抑える
べにふうき お茶の渋み成分であるカテキンの中でも花粉症に有効とされるメチル化カテキンを多く含む
ローズヒップ 免疫力を高めるビタミンA・C、抗アレルギー作用を持つビタミンPにより花粉症の症状を軽減させる
トマト 加工用トマトの皮からナリンゲニンカルコンという花粉症に効果的とされる成分が抽出され、注目を集めている
レンコン ビタミンCの抗酸化作用、タンニンの抗炎症作用が花粉症の症状を起こりにくくする
ヨーグルト 乳酸菌の整腸作用が免疫力を高め、免疫機能を正常化する

足りない栄養素はサプリメントで

花粉症に効果のある栄養素の中には、日々の食事から摂取するのがなかなか難しいものもあります。そんな時は、サプリメントの力を借りましょう。 花粉症に効くけれどちょっと耳慣れない成分をご紹介します。

栄養素名 成分・効果
ケルセチン アレルギー反応を起こすヒスタミンの分泌を抑える効果がある
オメガ3 体内に入ると花粉症の症状を抑えるホルモンを生成する作用がある
亜鉛 アレルギー症状を抑えるプロスタグランジンという成分を生成する作用がある
マグネシウム 花粉症による目・鼻・喉などの粘膜の炎症を抑える効果がある
ピクノジェノール 抗酸化作用が高く、アレルギー体質を改善する作用がある

これらの成分たちを摂取できるサプリメント選びに迷った時には、こちらがおすすめです。

VC6000マルチビタミン

ビタミンC、ビタミンB2やビオチン、ビタミンPを始め、12種類のビタミンがたっぷり入った優秀サプリメントです。

VC6000マルチビタミン
VC6000マルチビタミン

ドクターシーラボ青汁

栄養豊富な青野菜を5種類ブレンドし、乳酸菌も配合してある抹茶風味の青汁です。溶けやすく飲みやすいため、毎日の食事に手軽にプラスすることができます。

ドクターシーラボ青汁
ドクターシーラボ青汁

いかがでしたか?「花粉症による肌荒れは仕方のないもの」とあきらめてしまわず、自分でできる対策や生活習慣の見直しを実践して、もとの美しい素肌を取り戻しましょう。

  • Check

花粉症で肌が荒れる方にぜひ試して欲しいことの関連ページ

花粉症で肌が荒れる方にぜひ試して欲しいこと ページトップへ