>   >   > 

リフトアップなら!クリーム&マッサージ+ハリ肌美容液で対策しよう

  • Check

リフトアップしたい方に!クリームでのマッサージと肌にハリを与える美容液の合わせ技で、効果的に対策する方法をお教えします!

たるみ原因

リフトアップしたい方に!たるみの原因と対策

どんなにきれいな顔立ちでも、実年齢より上に見せてしまう「顔のたるみ」。ある程度の年齢になるまでは関係ないと思っていませんか?
実は、顔のたるみは20代からすでに起こっていると言われています。フェイスラインだけでなく、まぶた、口角、毛穴などに変化が出てきた、老けて見られるようになったと感じるようになったら、それはたるみが始まった証拠かもしれません。

たるみの原因とは?

では、たるみとはどうして起きてしまうのでしょうか?
おもな原因は、やはり加齢による肌の老化です。肌のハリや弾力を生み出しているコラーゲンやエラスチンが年齢とともに減少することでたるみが現れます。
コラーゲンやエラスチンは紫外線によってもダメージを受けます。紫外線を浴びることで生成された活性酸素がコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうためです。
肌を乾燥状態にしておくことも、たるみを引き起こしてしまう要因の一つです。皮膚に水分が不足すると、細胞同士が結びついている密度や肌のバリア機能が低下し、シワやたるみが起こりやすくなります。
また、長時間のパソコン使用などによる首の筋肉の緊張や表情筋の退化、リンパ液の停滞による老廃物・脂肪の蓄積やむくみなどもたるみにつながる原因としてあげられます。
たるみを引き起こすのは、肌自体の原因(コラーゲンやエラスチンの減少、乾燥による弾力の低下)と、それ以外の原因(首・顔の筋肉の緊張や退化、老廃物の蓄積)とに分けることができると言えます。

リフトアップにマッサージが効果のある理由

たるみの予防や緩和に重要なのは、顔のリフトアップです。
リフトアップに効果があるものとしてマッサージを思い浮かべる人も多いことと思います。
マッサージがリフトアップに効果的なのは、先ほどご紹介したたるみの原因のうち “肌以外の原因”たちを軽減させてくれるためです。
マッサージによってリンパをスムーズにし、溜まった老廃物を流すことや筋肉の緊張をほぐすことはいずれもたるみの解消につながります。
加えて、マッサージを行う際にリフトアップに効果のあるクリームを使用すれば “肌自体の原因”であった弾力・水分不足を補うことができ、クリームそのものを肌へ丁寧になじませることもできます。
それでは、短時間かつ簡単にできるリフトアップマッサージの方法をご紹介します。

3分でできるリフトアップマッサージ

(1) クリームもしくはゲルを多めに手に取る
洗顔やクレンジングの後、マッサージに使用するクリーム・ゲルなどを多めに用意してください。
(2) 顔全体・首・デコルテにのばす
ムラができないよう、まんべんなくのばしてください。クリーム・ゲルが足りないと摩擦で肌を傷めてしまう原因となるため、たっぷりと使用してください。
(3) 首のリンパを流す
耳下から鎖骨にぶつかるあたりまでを上から下へ、左右10回ずつ流します。人差し指と中指を使い、“痛気持ちいい”くらいの力加減で。
(4) あごの老廃物を流す
あご先に親指を当て、耳の下へ向かってすべらせます。こちらも“痛気持ちいい”くらいの力加減で、5~10回行います。
(5) 頬の老廃物を流す
首・あごと同様の力加減で口角から耳へ、頬骨の下から耳へ、小鼻の横から耳へと親指の腹で3回ずつ流します。この時点でクリームやゲルが乾いてしまっている場合はつけ足してから行ってください。
(6) 目の周りのツボを押す
中指の腹で目の下と眉の上を、親指の腹で眉の下をそれぞれ3か所に分けて押し、こめかみを中指で刺激します。一か所につき3~4秒を目安に行ってください。
(7) 首のリンパと鎖骨を刺激する
仕上げにもう一度首のリンパを左右10回ずつ流し、鎖骨の両端と真ん中の3か所を左右それぞれ押します。鎖骨は中指の腹を埋め込むようにプッシュしてください。

マッサージに適したゲルもご紹介したいと思います。
以下に記載している成分名が製品に記載している全成分表示の名称と異なる場合は、すべて注釈で表示名称の記載が必要です。また、配合目的も記載してください。
コラーゲンとエラスチンなどからなる金のコラーゲン*1が配合されていて、肌への効果を発揮してくれるアクアコラーゲンエンリッチゲルです。
のびが良く、保湿力も高いため、マッサージをサポートしながら肌を整えてくれます。
*1;金、白金、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチン、 ナールスゲン(カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロ ピルホスホン酸メチル)[整肌成分/保湿成分/抗酸化成分]

アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
ピーンとくるエイジングゲル

肌にハリを与える美容液って?

リフトアップの効果をより高めるためには、フェイスラインを引き上げる前に肌にハリを与えることも大切です。
ハリ感をアップさせたい時に注目したい成分と言えば、「ボトリウム成分」、「ヒアルロン酸」、「カイネチン」。ピンと張っているのになめらかで弾力のある肌作りを助けてくれる頼もしい味方です。 それぞれが贅沢に配合された強力美容液をご紹介します。

ボトリウム成分とは

みずみずしさの不足した肌にハリをよみがえらせてくれるのことを言います。肌をやわらかくほぐして弾力を与えてくれるため、に効果的です。

●ボトリウム成分*の配合された美容液・3Dディープボトリウムエンリッチリフト

額の中央からこめかみへ、頬の内側から外側へ、眉間の下から上へ、首の中央から外側へ、それぞれ引き上げるようになじませてみてください。特に年齢の出やすい口元はこめかみあたりまで引き上げるようにゲルをのばしたり、目元へはやさしくたたきこみを行ったりするとより効果的な美容液です。
*アセチルヘキサペプチド-8、アセチルオクタペプチド-3、ペンタペプチド-18、加水分解オクラ種子エキス、アセチルヘキサペプチド-30、ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイル ベンジルアミド(整肌成分、抗酸化成分)

3Dディープボトリウムエンリッチリフト
ボトリウム成分美容液

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は細胞と細胞の間にしっかりと水分を蓄える役割を果たしています。自身の6000倍もの保水力でお肌の水分をキープし、弾力のある肌へと導きます。セラミドと一緒になって肌機能を正常に保つ働きも持っています。

●ヒアルロン酸*1の配合された美容液・パーフェクトヒアロライン

肌の奥でボリュームを生み出し、三次元的に肌をふっくらとさせるヒアルフィクスGL*2が高配合されている美容液です。肌の内側から潤いをチャージして逃がさず効果を発揮します。3Dディープボトリウムエンリッチリフトと同じように、顔・首の各部分を引き上げるようになじませてください。
*1;ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸(保湿成分)
*2;ナンキョウソウ葉エキス(保湿成分)

パーフェクトヒアロライン
ヒアルロン酸*1の配合された美容液

カイネチンとは

植物ホルモンの一種で、芽や葉の成長を促したり植物を防いだりする役割を持っています。継続使用することで効果が出やすいと言われています。

●顔はもちろん首のケアにもカイネチン

指先に少し取って薄くのばした後、いつものスキンケアをしてください。顔にはもちろんのこと、首のケアにもおすすめです。

カイネチン
年齢の出やすい肌へのスポットクリーム

手軽にリフト対策を始めたいなら

ゲルや美容液で補給した成分をよりきちんと浸透させ、リフト効果を継続させるには、仕上げにクリームを使うのがおすすめです。肌への密着度が高いものであれば、美容成分を閉じ込める効果とリフトキープ効果の両方が期待できます。

●カタツムリエキス*1とヘビ毒様成分*2の配合されたリフトキープクリーム

肌のハリを維持するカタツムリエキスとヘビ毒様成分(ヘビ毒と同じ化学構造を用いて人工的に作った成分)が配合されたリフトキープクリームです。糸を引くほど密着度の強いテクスチャーは、一度使ったら病みつきに。コラーゲン*3・ヒアルロン酸*4・セラミド*5で潤いもしっかりチャージし、若々しい肌を
*1;カタツムリ分泌液(保湿成分)
*2;ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド(整肌成分)
*3;加水分解コラーゲン(保湿成分)
*4;ヒアルロン酸Na(保湿成分)
*5;セラミド3(保湿成分)

リフトキープクリーム
カタツムリエキス*1とヘビ毒様成分*2配合

  • Check

リフトアップなら!クリーム&マッサージ+ハリ肌美容液で対策しようの関連ページ

リフトアップなら!クリーム&マッサージ+ハリ肌美容液で対策しよう ページトップへ