>   >   > 

あきらめないで!生理前の肌荒れは予防できる

  • Check

生理前になると起こる肌荒れに悩まされてはいませんか?諦めかけているあなたに朗報!事前に対策しておけば、生理前の肌荒れに悩まされることはありません。生理前にしておくべき予防法を紹介します。

生理前肌荒れ

生理前の肌トラブル

そろそろ生理が近づいてきて体調にも変化が表れてきた…と思っていたらお肌にもその影響が。生理の前はお肌のトラブルが起きやすい時期です。
生理前に起こる具体的な肌トラブルは以下のようなものがあります。

  • 顔全体が脂っぽくなる。
  • フェイスラインや顎にニキビができる。
  • 乾燥してカサカサになり、かゆみを感じる。
  • 敏感になって少しの刺激でヒリヒリする。
  • むくんで表情がぼやける。

とくに、普段は脂性肌ではないのに生理前になると皮脂分泌が過剰になり、顎を中心に大きなニキビができるという悩みを抱えている女性が多いです。
ニキビは一度できると治りにくいもの。そのニキビが刺激となって、さらなる肌荒れを起こすこともあるので注意しましょう。

生理前に起こる肌荒れの原因

このような肌荒れはどうして起きるのでしょうか?生理前に起こるニキビなどの肌トラブルの大きな原因はホルモンバランスです。
そこでポイントとなるのが女性ホルモン。
女性ホルモンには、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の2種あり、それぞれが生理前の肌トラブルに密接に関係しています。

プロゲステロンは、生理サイクルや妊娠を司るホルモンで、生理前に分泌されます。
プロゲステロンには皮脂を過剰分泌してお肌のコンディションを乱す働きがあるため、生理前には、お肌の状態が悪化し、ニキビやむくみを引き起こしてしまうことがあります。
一方、エストロゲンは、女性らしさを実現するホルモンで、プロゲステロンとは逆に、生理後に分泌が高まり、排卵期にはもっとも多く分泌されるのが特徴。
エストロゲンには、お肌の水分を維持し、コラーゲン生成を活発にする働きがあるため、生理後から排卵までの間は、お肌のバリア機能がアップし、もっともきめ細かく美しい状態となります。

このように、ホルモンとお肌の関係を知ると、「生理前は仕方がない」と思ってしまいがち。
でも、生理前の肌荒れが生理後も続く、以前よりも深刻な肌荒れが起こるようになった、という人は要注意。 実は、不規則な生活や過度のストレス、過剰なダイエットによって生理サイクルが乱れてしまうと、よりプロゲステロンの影響を受けやすくなってしまうのです。

生理前肌荒れ

日々の生活を気を付ける

生理前の肌荒れを引き起こさないために、生理が近づいたら日々の生活を見直してみましょう。
生活を見直すポイントは、「十分な睡眠」、「バランスの良い食生活」、「適度の運動」 の3つです。

睡眠はしっかりと

生理前や生理中の夜更かしは禁物です。夜更かしはホルモンバランスを崩し、エストロゲンの分泌量を減少させるからです。
お肌のことを考えるなら22時~23時には眠るようにするのがベスト。この時間帯は、ターンオーバーを促す成長ホルモンがもっとも分泌されるため、「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれているぐらいお肌にとっては重要です。
毎日ゴールデンタイムに眠りにつくのが難しい場合は、生理前と生理中だけでも早く眠るようにする、良質な睡眠を取れるように照明や寝具などを工夫してみるだけでも、お肌が変わることを実感できるでしょう。

バランスのとれた食生活

生理になると食欲が増して、いつもより甘いものを食べたくなります。甘いもののとりすぎはニキビや肌荒れの原因にもなるので控えましょう。また油分の多いお肉や揚げ物、香辛料をたっぷり使った料理も、できれば控えておいた方がベター。
意識して摂りたいのは、お肌のハリやツヤのもととなるビタミンAやC、ターンオーバーを促すミネラルを含む食材です。

■栄養価が高い食材

ビタミンA:レバー、にんじん、小松菜、かぼちゃなど
ビタミンC:イチゴ、レモン、キャベツ、ブロッコリーなど
ミネラル:海藻類、キノコ類など

また、これらの食材と合わせて、女性ホルモン様作用を持つ、大豆イソフラボンを摂取するのもおすすめです。

お肌に良い成分を含む食材を選び、バランスの良い食生活に変えることで生理前の肌トラブルを軽減させることが可能です。
しかし、好きなものを我慢しすぎると、ストレスが溜まって肌荒れを深刻化させてしまうことも。
糖分や油分の多いものは、食べる量を少し減らすなど、工夫してみましょう。

適度に軽い運動も

過度な運動はかえって体調を崩す原因になりますが、適度な運動は美肌作りには必須です。
それは、運動をすることで全身の血行を促進し、新陳代謝を活発にするからです。
血液の流れが良くなることで、お肌に必要な栄養をスムーズに運ぶことができ、さらに新陳代謝が活発になることで、お肌のターンオーバーを促します。
結果、肌トラブルを防ぎ、美肌を作りやすい環境を整えることができるのです。

生理前の肌トラブル予防のために取り入れたい運動が、ヨガやストレッチです。
ヨガやストレッチは、血の巡りを良くし代謝を上げる効果と、自律神経を安定させる効果があります。
自宅で簡単に取り組むことができ、体への負担も少ないので、ぜひ始めてみましょう。
しかし、体調が優れないときには体を休め、無理をしないように注意してください。

生理前肌荒れ

スキンケア用品を見直す

生理前や生理中はいつものお肌の状態と少し違います。
この期間は、お肌が非常に敏感になっており、少しの刺激が肌荒れを起こしたり、また悪化させたりしてしまいます。普段使用している化粧品ですら刺激となるので要注意です。
スキンケア用品は敏感肌用を選び、過度な美白ケアやエイジングケアは控えましょう。

薬用アクアコラーゲンゲル スーパーセンシティブがおすすめ。

薬用アクアコラーゲンゲル スーパーセンシティブ
薬用アクアコラーゲンゲル スーパーセンシティブ

薬用アクアコラーゲンゲル スーパーセンシティブは、デリケートなお肌を守ることを徹底的に考えて開発されたゲルで、香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・アルコール・フリー。そして注目したいのは、「ただ優しい処方ではない」という点。
ドクターシーラボらしく、保湿成分として4種のセラミド*1、整肌成分として和漢植物混合エキス*2、19種類のアミノ酸*3、ビタミン2種*4という高品質で機能的な成分を贅沢に配合しています。
デリケートなお肌に使っても、ヒリヒリとしみることなく、十分に保湿しながらお肌を整えてくれるので、してスキンケアをすることができます。
*1 セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6 II (保湿成分)
*2 トウキエキス(1)、カッコンエキス、クマザサエキス、シソエキス(1)、シャクヤクエキス、コメヌカエキス、オウレンエキス、ジオウエキス (整肌成分)
*3 L-アスパラギン酸ナトリウム、DL-アラニン、L-アルギニン、5’-グアニル酸二ナトリウム、グリシン、L-グルタミン酸、L-セリン、タウリン、L-チロシン、L-スレオニン、L-バリン、塩酸L-ヒスチジ、L-フェニルアラニンン、L-プロリン、塩酸リジン、L-ロイシン (整肌成分)
*4 ビオチン、グルコシルヘスペリジン (整肌成分)

また、ゲルと一緒に使用したいのがクレンジングゲル スーパーセンシティブです。

クレンジングゲル スーパーセンシティブ
クレンジングゲル スーパーセンシティブ

クレンジングは油性汚れであるメイクを落とすために、刺激が強いものが多いので、肌が敏感になる生理前は、敏感肌用に変えるのがおすすめです。
クレンジングゲル スーパーセンシティブは、お肌を傷つけないフリー処方とバリア機能を保護しながらメイクを浮かせて落とす低刺激ジェルを実現。
しかも、和漢植物混合エキス*や保湿成分が豊富に含まれているため、メイクを落とすだけでなく、美肌を目指すこともできるのです。
* トウキエキス、クマザサエキス、シソエキス、シャクヤク根エキス、オウレンエキス (整肌成分)

悩みが深刻なのに諦めていた生理前の肌トラブル。
でも、このように日々の生活を整え、スキンケア用品を低刺激なタイプに変えるだけで、生理前特有のニキビやくすみをかなり軽減させることができます。
お肌の状態が良くなれば、それだけで気分がハッピーになるもの。生理に左右されない美肌を目指して、さっそく対策を始めてみましょう。

  • Check

あきらめないで!生理前の肌荒れは予防できるの関連ページ

あきらめないで!生理前の肌荒れは予防できる ページトップへ