>   >   > 

耳たぶや耳の中にできるニキビは皮膚科?耳鼻科?

耳たぶや耳の中にできた痛みやかゆみを伴うニキビ。どこに相談したらいいの?原因は?治療法は?皮膚科のドクターに聞いてみました。

耳ニキビ

耳たぶにニキビ!どうして?

いつも鏡で見ている顔にできるニキビと違って、耳たぶや耳の中にできるニキビは見落としてしまいがちなものです。痛みやかゆみなどの違和感を覚えて気付いた時にはすでに赤く腫れ上がっていることも。しかも、耳は皮膚が薄いために一度ニキビができてしまうととても痛いのも特徴です。
では、耳のニキビはどうしてできてしまうのでしょうか?

耳ニキビの原因

耳のニキビは汚れや皮脂が毛穴に詰まることによって発生します。
清潔を保てなかった時の他、ホルモンバランスや生活習慣・食生活の乱れによってもできることがあります。このあたりは顔や体にできるニキビと同じです。
耳ニキビ特有の原因としてまず挙げられるのが、入浴の際の“洗い残し”“流し残し”です。耳は複雑な形をしているために外耳の細部まで洗うことが難しく、洗髪の後もシャンプーやトリートメントを十分に洗い流さないまま放置してしまうケースが多くなっています。
意外に思うかもしれませんが、耳は皮脂の分泌が多い部分でもあります。皮脂分泌の多さと洗いにくい形状とが耳のニキビを作り出してしまう主な要因であると言えます。

耳ニキビ

耳のニキビはひどくなりやすい?

「初期に見落としてしまいがちであり、気付いた時にはひどくなっている」ということ以外にも、耳のニキビがひどくなりやすい理由は潜んでいます。
たとえば、日常生活で何気なく使っているイヤホンやヘッドホン。耳の穴にフィットさせるタイプ、耳の後ろを通して引っかけるタイプ、コードレスタイプなどいろいろな形状のものが発売されていますが、いずれも不衛生になりやすく耳周辺のニキビを誘発してしまうことがあります。耳にあてて使う携帯電話やスマートフォンも同様ですね。
また、洋服と違って頻繁に洗濯などをしない帽子や枕カバーも耳の衛生事情を悪くします。その他、ヘアスタイルによっては髪の毛が常にかかっていたり、過度な耳かきをしてしまったり、耳は何かと刺激を受けやすいため、ニキビも悪化しやすい傾向にあるのです。

皮膚科の先生に聞いてみました

耳のニキビで病院にかかりたい場合、何科を受診すれば良いのでしょう?また、病院ではどんな治療が行われるのでしょう?
耳のニキビについて知りたいことを先生にたずねてみることにしました。

ご協力いただいた先生

耳ニキビ

シロノクリニック 池袋 寺井美佐栄 院長
所属学会・資格
日本レーザー医学会、日本抗加齢医学会専門医、日本美容皮膚科学会、
日本産業衛生学会認定専門医、日本医師会認定産業医、
労働衛生コンサルタントなど
その他
サーマクール認定医、ウルセラ認定医
http://ikebukuro.shirono.net/

Q:耳のニキビは皮膚科ですか?耳鼻科ですか?

耳たぶでも耳の中でも、ニキビの治療法は変わりありませんので、皮膚科にきていただければ大丈夫です。

Q:耳のニキビはどうやって治療するの?

通常のニキビと同じく、抗生物質や角質の代謝をあげる薬で治療します。
ニキビができる原因は他の場所とかわりませんが、耳のニキビがひどくなってしまった方は、おそらく無意識に触ってしまっているものと思われます。フェイスラインなどでもニキビがひどく悪化して来院される患者様がいらっしゃいますが、ほとんどは気になって触りすぎてしまった方。絶対に触らないようにと注意するだけで治ってしまう方もいらっしゃいます。
ニキビだけではなく、皮膚炎や色素沈着にも言えることですが、触って刺激を与えることが一番良くありません。症状が悪化し治りにくくなるだけでなく、跡が残ってしまう原因になります。
場所や症状に関わらず、肌にトラブルが起きたら、とにかく触らず受診することが大切です。

耳の中にできたニキビで受診したい場合であっても、皮膚科を訪れれば良いのですね。
ニキビが気になるからと言ってむやみに触ってしまってはいけないこと、治療法は他の部分のニキビと変わらないことも教えていただきました。

耳のニキビを予防するには

耳のニキビについていろいろなことがわかって安心できたところですが、もしも予防できるならそれに越したことはありません。耳のニキビを防ぐにはどうすれば良いのでしょう?
ここで、耳ニキビができてしまう原因をおさらいしてみることにしましょう。洗い残しや流し残し、イヤホン・ヘッドホン・携帯電話・スマートフォン・枕・帽子などの不衛生、髪の毛や耳かきによる刺激、などでしたね。
つまり、これらを改善してゆけば良いということになります。

  • 耳のすみずみまで良く洗うようにし、シャンプーなどの流し残しにも注意する
  • 耳に触れる小物や寝具は清潔にしておく
  • 髪の毛をきちんと洗い、なるべく耳にかからないヘアスタイルにする
  • 耳かきの頻度を減らしたり、刺激の少ない器具に変えたりする

このような点に気を付けてみましょう。 また、他の場所にできるニキビと同様、生活習慣や食事を見直すことも重要です。特に、皮膚全般にとって大切な栄養素であるビタミンが不足しないよう気を付けましょう。
そして、もしも耳ニキビができてしまったらできるだけ触らず皮膚科を受診するようと良いでしょう。
最後に、ニキビの予防や悪化防止に役立つアイテムをご紹介します。

VC6000マルチビタミン

1日1粒飲むだけで不規則な食生活をサポートしてくれる、マルチビタミンサプリです。レモン13個分ものビタミンCを始め、12種類のビタミンがバランスよく配合されていて、皮膚を健やかに保つ手助けをしてくれます。
体内からの美しさを目指したい人におすすめのサプリです。

VC6000マルチビタミン
VC6000マルチビタミン

薬用アクネレススポッツパック

塗ってはがすタイプの、手軽なニキビ用ポイントケアパックです。皮脂を吸着し、ニキビの原因であるアクネ菌の増殖を抑える効果があるため、皮脂が多く不衛生になりがちな外耳のニキビにも向いています。
もちろん、耳以外の部分への使用もOK。癒されるラベンダーの香りでニキビケアをすることができます。
塗っている間はニキビが覆われた状態になるため、つい手で触ってしまうという人にも安心です。

薬用アクネレススポッツパック
薬用アクネレススポッツパック

耳たぶや耳の中にできるニキビは皮膚科?耳鼻科?の関連ページ

耳たぶや耳の中にできるニキビは皮膚科?耳鼻科? ページトップへ