>   >   > 

女性の薄毛対策総合情報~シャンプー選びから育毛・生活法まで~

男性の薄毛とは原因が違う「女性の薄毛」。シャンプーや育毛剤の選び方から、抜け毛予防のための食事・生活法を皮膚の専門家の視点から詳しく解説していきます。

女性の薄毛

女性の薄毛、その種類と原因とは?

薄毛は男性特有の悩みと思われがちですが、実は女性にも薄毛に悩む方は多く、30代後半から徐々に「髪が細くなった、ボリュームが減った」「分け目が広がった」と気づく方も多いようです。進行速度は男性よりずっと遅いので、対策も遅れがち。また数多く市販されている男性の薄毛用の育毛剤やシャンプーを使っても、効果を得られない場合が多いのです。
まずは女性の薄毛の原因について探っていきましょう。

加齢による脱毛症

FAGA(女性男性型脱毛症)

よくテレビCMで見るAGA(男性型脱毛症)が、女性にも起こったもの。それがFAGA(女性男性型脱毛症)です。男性のAGAは額から脱毛するM型や、「ザビエル像」のように頭頂部から脱毛するO型、その両方のMO型など、局所的に脱毛する場合が多いのですが、女性のFAGAではO型が圧倒的多数です。ただし、毛髪が全体的に薄くなり、頭頂部の頭皮が透けて見えるなど、男性に比べると、脱毛部分とそうでない部分の境界腺ははっきりしません。

原因:
鍵を握るのは、血液の中を流れる男性ホルモン(テストステロン)と、「発毛促進シグナル」を出してくれる女性ホルモン(エストロゲン)とのバランスです。女性は卵巣から女性ホルモンを、また副腎からは同時に男性ホルモンも分泌しています。若い頃は圧倒的に女性ホルモンが勝っているために髪もフサフサですが、40代に差し掛かる頃、女性ホルモンが徐々に減ってくと、男性ホルモンが影響するFAGAにかかりやすくなってしまうのです。

まず毛根にある毛乳頭に、男性ホルモン(テストステロン)が入り込むと、5αリダクターゼという酵素により、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。このDHTが「毛根の母」=毛母細胞に入ると、細胞分裂が活発に行われなくなります。そして毛周期が乱れて、成長前の髪が抜けてしまったり、発毛自体が妨げられたりしてしまうのです。このメカニズムは男性のAGAと同じですが、女性ホルモンは更年期以降でも一定量は分泌され続けるため、放っておけばどんどん進行する男性のAGAとは違い、完全に脱毛することはまれです。

びまん性脱毛症

幅広い年齢の女性に見られる脱毛症の一つです。FAGAと同じく、毛髪が全体的に薄くなるのが特徴です。

原因:
女性ホルモンの減少のほか、ストレス、極端なダイエット、また1日に2回以上のシャンプーや、トリートメントのすすぎ残し、ブラッシングのしすぎといった誤ったヘアケアも原因になります。

どちらも大きな原因に「加齢による女性ホルモンの減少」が挙げられます。女性がいつまでもツヤツヤした髪であり続けるには、「体内の女性ホルモンをいかに増やすか」を意識して生活する必要がありそうです。

一時的な脱毛症

年齢に関係なく一時的に起こる脱毛症も女性を悩ませます。

分娩後脱毛症(=産後の抜け毛)

「赤ちゃんを産んだら、いきなり髪の毛がバサッと抜けた!」と驚く新米ママはたくさんいます。実はこれも女性ホルモンによる作用なのです。

原因:
妊娠後期には、発毛促進作用のある女性ホルモン(エストロゲン)が体内でマックスを迎え、お肌も髪もツヤツヤになります。しかし分娩が終わると同時にホルモンバランスは元通り。髪が一気に休止期に入ってしまうため、一時的に抜け毛が増えてしまうのです。普通は半年~1年で自然に回復しますが、高齢出産などの場合、回復が難しい場合があります。また長年服用を続けたピルをやめたばかりの女性に、同じような脱毛が起こることがあります。

円形脱毛症

ある日突然、はっきりと特定の箇所の髪の毛だけが一気に抜け落ちる症状です。一カ所だけでなく、複数にわたったり、まれなケースでは全身の毛が抜けることもあります。

原因:
一番大きな原因と考えられているのはストレスです。また遺伝的な要因や自己免疫疾患によって脱毛してしまうこともあり、一概には原因を特定できません。

そのほか、フケやかゆみを伴う脂漏性皮膚炎も、薄毛の原因になります。ただ一時的な脱毛症は、自然に治る可能性も高いもの。もし長引くようなら病院での相談をおすすめします。

女性のための育毛剤・シャンプー選びについて

女性は男性よりもともと皮脂が少なく、頭皮も乾燥しがちという違いがあります。洗浄力の強い石油系界面活性剤のシャンプーは抜け毛対策には不向きです。ぜひ抜け毛が深刻になる前に、やさしいシャンプーに変えて、正しい方法で洗髪をしてください。

髪を育てるシャンプー選び

FAGAだからといって男性の薄毛用シャンプーを使うと、皮脂を取りすぎてかえって乾燥をまねく可能性があります。女性が脱毛防止・育毛を考えるなら、洗顔料にも使われているやさしいアミノ酸系洗浄成分を配合したシャンプーを選びましょう。
「頭皮がベタベタしがち」「皮脂のにおいが気になる」という人でも、実は頭皮のインナードライが原因かもしれません。これは、皮膚内部の水分不足を何とかカバーしようと、かえって表面に皮脂がたくさん分泌されてしまう状態のこと。洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシ洗って皮脂を落とそうとすると、悪循環に陥ります。保湿もしっかりしてくれるリッチな泡で、やさしく洗ってあげましょう。

そこでおすすめしたいのは、エイジングに着目した「エスモEX 薬用シャンプー&トリートメント」。グリチルリチン酸2Kなどの薬用成分が頭皮を清潔に保ち、フケやかゆみを抑え、健康的な頭皮と髪に導きます。またヒアルロン酸・コラーゲンなどの潤い成分、さらにセンブリエキスなど、8種類の植物エキスが頭皮環境を整え、栄養をいきわたらせます。使い続けるうちに潤った健康な頭皮に変わり、髪にコシが出て、ふんわりボリュームアップした感触に気づくでしょう。

エスモEX 薬用シャンプー
エスモEX 薬用シャンプー

エスモEX 薬用トリートメント
エスモEX 薬用トリートメント

髪と頭皮を乾燥から守る洗髪とは

  • シャンプー前のブラッシングでホコリをはらう
  • 38~40度の熱すぎないお湯で、しっかり予洗いする
  • シャンプーは髪に直接塗らず、手で泡立てた後、頭皮にのせる
  • たっぷりの泡を指の腹でころがすように頭皮をやさしくマッサージ
  • すすぎは最低3分。やりすぎぐらいがちょうど良い

女性ならではの育毛剤の選び方

「まだ育毛剤なんて早いわ」…という20~30代の方も、顔と同じく頭皮に潤いを与えてあげることはとっても大切。頭皮は顔と直接つながっています。乾燥した頭皮をミスト化粧品などで毎日しっかり保湿してあげるだけでも、分け目や顔の印象まで変わることがあるのです。
試しに、あなたの頭皮を指でつまんでみてください。つまめないという方は、肌と同じように、年齢とともに弾力と保水力が落ちてしまっている可能性大です。ぜひ、女性専用の保湿力の高い育毛剤でケアしてあげましょう。
ここでも、なぜ「女性用」が良いのでしょうか?男性向けの育毛剤の多くは、スッキリするタイプ。つまりアルコールが含まれていることが多く、女性の頭皮に使うと水分や皮脂を奪いすぎてしまう可能性が高いのです。
薄毛・抜け毛に悩んでいる女性にイチオシの育毛剤は「エスモEX 薬用育毛ローション」です。「女性ホルモン様成分」である有効成分・エチニルエストラジオールがナノ化して含まれている点がポイント。また、同じく女性ホルモンと似た働きをするイソフラボン入りのダイズエキスにも注目を。これらが毛母細胞へ直接働きかけ、発毛をぐんぐん促します。こういった薄毛に悩む女性にうれしい成分を補いつつ、コラーゲンとヒアルロン酸のW効果で、頭皮の潤いもアップしてくれます。

エスモEX 薬用育毛ローション
エスモEX 薬用育毛ローション

薄毛・抜け毛予防のための食事・生活ルール

シャンプーや育毛剤でしっかり頭皮ケアを行っていても、ホルモンバランスの崩れが改善できなければ、薄毛・抜け毛もなかなかよくなりません。大切なのは生活習慣。特に食生活と質の高い睡眠、UVケアは、ツヤ髪づくりに欠かせないファクターです。

食事法

私たちが口から摂取した栄養素は、まず生命維持に欠かせない臓器に使われ、余った分が毛乳頭へ運ばれて、はじめて髪に栄養が与えられます。つまり、栄養不足の食生活では、髪に栄養が行きわたりません。いくら育毛剤で血行を促進しても、血液の中で運ばれる栄養が少なければ、髪に良い影響は与えられないのです。ですから、短期間の食事制限による過度なダイエットがおすすめできない理由がお分かりいただけると思います。

女性の薄毛

では、髪に良い栄養とはどのようなものでしょうか。 大豆や鶏肉などからとる良質のタンパク質、緑黄色野菜や果物などからとるビタミン、海草や魚類、乾物からとるミネラルは、健康づくりの三大要素です。加えて、ミネラルの一種である亜鉛は、ツヤ髪のもとにもなる栄養素。育毛目的で亜鉛サプリをとる人もたくさんいます。ドクターシーラボ「亜鉛&マカ」は、古くから滋養強壮で知られるマカと、代謝サポート成分の亜鉛に、疲れると不足しやすいクエン酸とビタミンをプラスしたサプリ。あなたの元気と輝く髪を応援してくれます。

亜鉛&マカ
亜鉛&マカ

生活法

お肌同様、頭皮の健やかなターンオーバーを考えるなら、夜10~2時にしっかり質の良い睡眠をとるのがおすすめです。また、頭皮の血行促進のためには冷え性の改善、適度な運動も大切。薄毛・抜け毛が気になる方は、これを機にウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか?

その時に気になるのが髪と頭皮を直撃する紫外線です。紫外線は、肌に活性酸素を増やし、皮膚老化をまねく大敵。そこで、これ一本で髪の毛から足の先までしっかりガードしてくれる「UVプロテクトスプレー100 SPF50+PA++++」を使ってみてはいかがでしょうか。白浮きせずにしっかりと紫外線をカットしてくれる上に、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分も含まれているので、気になる髪の分け目にも安心して使用できます。

UVプロテクトスプレー100 SPF50+PA++++
UVプロテクトスプレー100 SPF50+PA++++

また、頭皮の乾燥防止を考えるなら、ドライヤーの熱風を近くで当てるのもNGです。根元から乾かした後、最後に冷風でクールダウンさせると頭皮も落ち着き、角質層のはがれやキューティクルの広がりも防げるのでおすすめです。

女性も病院へ!?女性のための発毛施術や薄毛治療最前線!

「AGAはお医者さんへ」というテレビCMのイメージから、どうにも男性向けのイメージが強い薄毛外来。ところが女性の発毛施術をするサロンや薄毛治療に取り組む病院は増えており、こんな治療が受けられるのです。

女性の薄毛 代表的な治療内容

・ミノキシジル(発毛促進剤)の処方
男性のAGAで一般的に使われる薬が「プロペシア」ですが、これを女性が使うことはできません。ホルモンへの重大な副作用が考えられるため、特に妊娠中、授乳中の女性は触れることもできないほどです。 そのかわり、女性の発毛促進剤にもよく処方されるのが「ミノキシジル」という薬です。血流が改善されることにより、毛母細胞の活性化が期待できます。一方で副作用として全身の毛が濃くなる可能性があること、またまれに頭皮のかゆみやかぶれが見られることもあります。
・発毛セラピー
女性の薄毛・抜け毛を専門にした「レディース頭髪外来」をもつシロノクリニックでは、レーザー育毛、育毛メソセラピー、キレーション療法、プラセンタ注射・点滴、内服タイプの発毛促進剤の5つのステップを組み合わせ、女性の薄毛問題を解決していきます。

女性の薄毛

レーザー育毛では、ダイオードレーザーや光治療の一種・バイオプトロンで、毛母細胞の細胞分裂を促します。また、育毛効果の高いミノキシジルを頭皮内へ直接注入することで、抜け毛を防いで毛髪再生を促進させ、髪をよみがえらせる頭皮注射のメソセラピーも行っています。さらには、合成アミノ酸の一種であるEDTAという成分を投与することにより、発毛を妨げている血液中の金属を挟み込むようにキャッチし、尿として体外へ排出させるキレーション療法も人気。同クリニックでは、「治療は結果で応えるもの」という方針のもと、治療メニューや塗り薬、内服薬も患者さん一人ひとりに合わせて組み合わされています。

シロノクリニックの「レディース頭皮外来」はこちら

意外に進んでいる女性の薄毛・抜け毛治療の最前線、いかがでしたか?女性ホルモンが髪の悩みに直結するケースが多いことがお分かりいただけたかと思います。まずは日ごろの生活習慣を見直すことが大切です。それでも薄毛が気になるようなら、原因をはっきりと知って対策するためにも、気軽に専門医のカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

女性の薄毛対策総合情報~シャンプー選びから育毛・生活法まで~の関連ページ

女性の薄毛対策総合情報~シャンプー選びから育毛・生活法まで~ ページトップへ