>   >   > 

体重が減らない時期がある!ダイエット効果休止期間の対処法

  • Check

順調に減っていた体重が減らない…。ダイエットをしていれば必ず訪れる停滞期。どのように乗り越えれば良いのでしょうか?上手な対処法を教えます!

体重・減らない

体重が減らない理由とは

ダイエットには必ず停滞期があります。
順調に体重が落ちていたのに、突如停滞期に入ると、ダイエットに対するやる気も失せてしまいがち。でも停滞するには理由があります。
体重が減らない理由を知れば、ダイエットの方法を見直すキッカケにもなり、停滞期を抜け出すための対処法も見つかります。

食事制限の場合

食事制限を初めてから数日後に体重が停滞するという話はよく聞きますが、その理由は、そもそも最初の体重の減少は脂肪が減っているわけではないためです。
食事量が減ると、代わりに体内の糖がエネルギーとして使われるため、同時に蓄えられている水分が減り、ストンと体重が落ちます。
しかしそれ以降は体脂肪を減らさなければ体重は減少していきません。脂肪を燃焼させて体重を減らすには時間がかかるため、停滞期に感じられてしまいます。

筋肉トレーニングの場合

筋トレダイエット中に停滞する理由は、筋肉の重さと脂肪の重さに関係します。
実は、筋肉は脂肪よりも1.2倍重く、筋トレを続ければ続けるほど筋肉は増えるため、体脂肪が減ったとしても、体重は減らないか、むしろ増えてしまうのです。
この現象は、今まで筋トレをしていない方に起こることが多く、最初は筋トレによるカロリー消費によって脂肪が落ち、ダイエットが成功しているように感じますが、筋肉が付いてくると筋肉の重みのせいで体重が変わらないか、むしろ増えます。これが筋トレダイエットで感じる停滞です。
しかし、筋肉は脂肪より重いものの、体積は脂肪よりスリム。
つまり、体重は変わらないか、増えたとしても、見た目は引き締まって見えているので、筋トレによる停滞はあまり気にする必要はありません。

生理前の黄体ホルモンの影響

どんなダイエットをしていても、必ず「停滞期」として立ちはだかるのが黄体ホルモンです
それは、黄体ホルモンの分泌量が増える排卵後~生理開始日の期間は、身体が水分や塩分を溜め込もうと働き、大腸の蠕動運動を低下させるためです。
さらに、自律神経のバランスも崩れてしまい、ダイエット阻害に拍車をかけます。
そのため、黄体期にどれほど効果があると言われるダイエットをしても、期待する効果は出ず、今まで順調に体重が減っていたとしても、ホルモンの働きによって停滞してしまうのです。

ダイエット中は、ついつい体重計の数字にばかり気を取られてしまいますが、本当に大切なのは、体重を減らすことではなく脂肪を減らすことです。
あまり数字にとらわれず、停滞期を乗り切る対処法を見つけましょう。

体重が減らない時期の対処法

停滞期に入ってしまったら、今のダイエット法だけにこだわるのではなく、新しい要素を取り入れてみるのも手です。気分転換になるだけでなく、ダイエット法の見直しや、今のダイエット法との相乗効果によって停滞期を抜け出し、順調にダイエットが進む可能性もあります。

ミネラルの多い水を1日1リットル以上飲む

ミネラルウォーターはダイエットに有効です。
それは、ミネラル成分が体内を循環し、新陳代謝をアップさせるためです。
新陳代謝が活発になると、体内の老廃物は流れやすくなり、便秘解消やむくみ解消に繋がります。また、デトックスによって、美肌効果も実感できるようになります。
停滞期でなくても、普段からミネラルの多い水を1日1リットル以上は飲むようにしましょう。
とくにダイエット中は、ミネラルが豊富な硬水~超硬水を選ぶようにするのがポイントです。
ただ、硬水~超硬水は、軟水に慣れている日本人にとっては飲みにくいと感じることもあります。そんな場合は、無理をせずに、サプリメントを使って簡単にミネラル補給しましょう。

ミネラル摂取におすすめなのが、「鉄&カルシウム マルチミネラル」です。

鉄&カルシウム マルチミネラル
鉄&カルシウム マルチミネラル

1日分で10種類*ものミネラルを摂取することができます。
* 酵母(マンガン含有)、酵母(ヨウ素含有)、酵母(クロム含有)、酵母(セレン含有)、酵母(モリブデン含有)、貝カルシウム、酸化マグネシウム、グルコン酸亜鉛、ステアリン酸カルシウム、ピロリン酸第二鉄

冷えを解消する

身体が冷えると、水分や脂肪が溜まりやすくなり、むくみやセルライトの原因に。ダイエットを少しでも進めたいなら、冷えを解消しましょう。
冷え解消に効果的なのは、半身浴や岩盤浴です。
半身浴や岩盤浴をすることで、血行を良くし、身体を内側から温めることができます。また、血行促進することで新陳代謝が活性化されるため、痩せやすい体づくりにも効果的です。
さらに岩盤浴においては、遠赤外線が持つ、「温熱作用」・「皮膚深達作用」・「共鳴共振作用」によって、半身浴以上に身体を芯から温めてくれるため、汗腺からは排出されることのない体外・体内毒素を皮脂から排出する効果も期待できます。

また、ダイエットサポートサプリメント「カロリースルー」を取り入れるのもおすすめです。

カロリースルー
カロリースルー

自分の体質を知る

話題のダイエットを頑張ったのに、なぜか自分には効果がなかったという経験はありませんか?
実は、人はそれぞれ「肥満遺伝子」のタイプが異なります。
それによって、太り方の傾向やダイエット効果の出やすさ、リバウンドのリスク、知らず知らずのうちに好んで食べている物などが分かれます。
より効率的にダイエットを進めるためには、生まれながらにして持っている肥満遺伝子のタイプを把握することが重要です。

ドクターシーラボでは、簡単に肥満遺伝子を検査することができるセットを準備しています。

Dr.Ci:Program 肥満遺伝子検査セット
Dr.Ci:Program 肥満遺伝子検査セット

肥満遺伝子は一生変わることはありません。 一度の検査だけで、将来を見据えた長期スパンの健康管理をすることも可能です。 ぜひ活用しましょう。

1食置き換えにチャレンジ

1食置き換えダイエットは、簡単に摂取カロリーを落とすことができるため、 ダイエットを加速させるには良い方法だと言えます。また、胃を休めることによって体内のデトックスができるため、便秘解消や美肌にも効果を期待することができます。
ただし、1食置き換えダイエット食品を選ぶ際に気を付けたいのが、 「低カロリーなのに栄養価が高いこと」、「満腹感を得られること」、「お手頃価格であること」です。
これら3つのポイントを押さえて選ぶと、無理なく1食置き換えダイエットをすることができます。

おすすめは、「美禅食」です。

美禅食
美禅食

美禅食は、穀物や雑穀、野菜や果物を約30種以上も含むのに、1食60kcal以下を実現。
しかも1日108円です。
また、水分を吸って膨らむ食物繊維を配合しているため、満腹感が得やすいのも魅力。
ダイエット停滞期の対処法としてはもちろん有効ですが、健康維持や美容のためにも美禅食はおすすめです。

停滞期を早く抜け、ダイエットを無理なく加速させる方法はいろいろあります。
取り入れやすいものから始めてみましょう。

大切なのはモチベーションを保つこと

ダイエットの効果は、選んだ方法や女性ホルモンの影響によって左右されますが、成功させるためにもっとも重要なのは、「モチベーションを保つこと」です。
せっかく美しくなりたいと希望を持って始めたダイエットも、モチベーションが下がると続けるのが苦痛になります。ダイエットにストレスを感じ始めると、ダイエットを余計に停滞させてしまうことに…。モチベーションを保つためには、ダイエットアプリを活用する、目標にしているモデルやタレントの写真を持ち歩く、痩せたら着てみたい服を買ってみる、などが効果的。
自分を前向きに奮い立たせることを見つけてみましょう。

ダイエットをしていると直面してしまう停滞期ですが、停滞期に入っても焦る必要はありません。
停滞期はダイエットにとって敵ではなく、むしろダイエットのやり方を見直すチャンスです。
思うように体重が減らないときこそ、今まで続けてきたダイエットを振り返りましょう。そして、ダイエットを成功させるために、うまく他の方法を取り入れてみてください。
自分の体質や状況に合わせて臨機応変にダイエットをすることで、結果的に停滞期が長引くのを防ぎ、より効果的なダイエットをすることができるでしょう。

  • Check

体重が減らない時期がある!ダイエット効果休止期間の対処法の関連ページ

体重が減らない時期がある!ダイエット効果休止期間の対処法 ページトップへ