>   >   > 

大人気ヨーグルトダイエットを徹底解説~乳酸菌の魅力~

  • Check

ヨーグルトダイエットの人気には理由があった!ヨーグルトのもつ効果と乳酸菌の魅力について徹底解説します!

ヨーグルトダイエット

ヨーグルトダイエット人気の理由

今、美容に敏感な女性の間で人気のヨーグルトダイエット。 既にヨーグルトダイエットが日常化している女性も多いのだとか…。一体、なぜそんなに人気なのでしょうか? 人気の理由には、ヨーグルトならではの3点が挙げられます。

1.手軽に低予算で始めることができる。
ヨーグルトは、どこのスーパーやコンビニでも販売していて、しかも安価。 400~450gのたっぷりサイズでも、1個130~200円程度で購入することができます。 誰でも手軽に低予算で始めることができるのです。
2.栄養価が高い。
ヨーグルトには、タンパク質やカルシウム、乳酸菌など、人間の体に必要な栄養素がたっぷり。栄養バランスを崩しがちなダイエット中も、ヨーグルトを使えば健康的にダイエットすることができます。
3.腸内環境を整え肌荒れ解消に繋がる。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内環境を整える作用があります。 腸内環境が悪くなると、便秘になって老廃物の排出が滞ることから毒素が体内に溜まり、溜まった毒素は血中に溶けて皮膚にダメージを与えます。 逆に腸内環境が整うと、肌トラブルを回避でき、さらにはビタミンやミネラルなどの吸収力も高まるため、今ある肌荒れは解消し、美肌へと繋がるのです。

ヨーグルトには良いことばかり。ヨーグルトを使ったダイエットが人気なのも頷けるのではないでしょうか。さっそく、ヨーグルトダイエットを始めてみましょう。

ヨーグルトダイエットってどんな方法?

ヨーグルトダイエットにも様々なやり方があります。
自分に合うヨーグルトダイエットを見つけましょう。

ホットヨーグルト

ヨーグルトをレンジで1分程度温めたものを食べる方法です。お好みによって、お湯やはちみつ、ココアを入れてもOK。
ホットヨーグルトは身体を冷やさないので、冷え性の方やお腹を壊しやすい方も安心です。
また、冷たいヨーグルトよりもホットヨーグルトの方が、乳酸菌やカルシウムの吸収がアップするため、ヨーグルトの栄養価を最大限に得たいならおすすめです。

食前ヨーグルト

食事を摂る前にヨーグルトを食べる方法です。
食前にヨーグルト食べると、空腹が満たされ、その後の食事量を減らすことができます。 また、食前ヨーグルトは、血糖値を下げるインスリンの分泌力をアップさせる作用があるため、血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

一食置き換え

一日三食のうち、一食をヨーグルトにシフトする方法です。
ヨーグルトは胃腸への負担が少ないため、一食置き換えることで胃を休めることが可能です。胃が休まると、体内に溜まっている老廃物が排出されやすくなるため、痩せやすい体へと変えることが可能に。 また、一食置き換えは一時的に体内を飢餓状態にすることから、身体が持つ本来の機能を目覚めさせ、自律神経をリフレッシュする働きがあるとも言われています。

夜ヨーグルト

就寝の3時間前までにヨーグルトを食べる方法です。
小腸の動きが活発になる就寝前にヨーグルトで乳酸菌を補給してあげることで、眠っている間に積極的に腸内環境が整えられ、デトックス効果を上げることができるからです。

自分のライフスタイルに合わせて、取り入れやすく続けやすい方法を選びましょう。

乳酸菌の効果とは?

乳酸菌は私たちの健康維持に大いに関わっています。
ここでは、もう少し詳しく乳酸菌の効果をチェックしてみましょう。

免疫力の強化

乳酸菌は免疫力を強化します。
それは、乳酸菌が、人間の免疫システムを担う中でももっとも大きな働きをするNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化するためです。
NK細胞は、ウイルスが体内に入ってきたらすぐに攻撃して壊すほどのパワーを持っており、とりわけNK細胞は風邪のウイルスや花粉に強いと言われています。 風邪をひきやすい方や花粉症にお悩みの方は日頃から乳酸菌を摂取しましょう。

便秘の予防・改善

乳酸菌は、便秘を予防し、かつ今の便秘症状を緩和します。
それは、乳酸菌が産出する乳酸や有機酸が悪玉菌の増殖を抑え、腸の蠕動運動を活発にするためです。便秘と無縁になることで、お腹はスッキリ軽くなり、美肌効果も期待できます。

血糖値の上昇を抑える

乳酸菌は、血糖値の上昇を抑制します。それは、乳酸菌が産出する多糖成分が糖の吸収を抑えるためです。血糖値上昇が抑制されることで、糖尿病や高血圧、高脂血症や肥満などの生活習慣病を未然に防ぐことができます。

乳酸菌は、このようにアレルギー症状や深刻な病気を遠ざけ、体内をデトックスし、身体の中から美しく健康に変えてくれます。

乳酸菌の種類

実は、乳酸菌と一口にいっても、効果や特徴によって細かく分類されており、現時点でわかっているものだけでも350種を超えます。 ここでは、350種の中から、私たちの日常に嬉しい効果がもたらしてくれる有名な乳酸菌5種を紹介します。

■乳酸菌シロタ株(正式名:ラクトバチルス属カゼイ菌YIT9029株)
乳酸菌飲料である「ヤクルト」に使われている乳酸菌です。 生きたまま腸に届き、腸内に住むビフィズス菌を増やして大腸菌を減少させる効果があります。 さらには、有害物質の生成を抑制する力もあります。
■KW乳酸菌(正式名:ラクトバチルス属パラカゼイ菌KW3100株)
キリングループによって発見された乳酸菌です。 免疫細胞のバランスを整える作用があるため、とくにアレルギーに強い効果を発揮します。
■LG21乳酸菌(正式名:ラクトバチス属ガセリ菌OLL2716株)
明治が保有する2,500種以上の乳酸菌ライブラリーから発見した乳酸菌です。 LG21乳酸菌はピロリ菌の活動を抑え、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、さらには胃癌を防ぐと言われています。
■ガセリ菌SP株(正式名:ラクトバチルス属ガセリ菌SBT2055株)
ガセリ菌SP株は雪印メグミルクが発見した日本人由来の乳酸菌です。 生きて腸まで到達するだけでなく、腸に長く留まることが立証されており、 腸内環境の大幅改善が期待できます。
■ラブレ菌(正式名:ラクトバチルス属コアギュランス菌)
京都の漬物から発見された植物性の乳酸菌です。 生きたまま腸まで届き、悪玉菌増殖の抑制、免疫力強化、さらにはコレステロール低下、美肌まで期待できます。

このように、乳酸菌は私たちの健康を高める嬉しい効果を持っています。 しかしながら、乳酸菌は、人によって合う・合わないがあるため、自分に合うものを探すためにも、 まずは、どれか1種を2週間続けてみてください。

また、乳酸菌を手軽に摂取する方法としては、サプリメントを取り入れるのもおすすめです。 乳酸菌サプリメント「10兆個の乳酸菌」は、たった1粒に340個分もの乳酸菌(※ヨーグルト1個100mlあたり10憶個の乳酸菌が含有されているとして算出した場合)が含まれています。

10兆個の乳酸菌
10兆個の乳酸菌

ライフスタイルや得たい効果によって乳酸菌を選び、自分に合う乳酸菌を見つけましょう。

ヨーグルトダイエットは、手軽で栄養価が高く、さらには肌トラブルまで解消してくれることから、今とても人気のダイエット方法ですが、それだけではありません。実はヨーグルトに含まれる乳酸菌には、ダイエット効果の他にも、免疫力の強化や便秘の予防・改善、血糖値上昇の抑制など、私たちの身体を守る効果がたくさん含まれています。
自分に合う乳酸菌を見つけ、ヨーグルトとサプリメントをうまく活用しながら、美容も健康も叶えましょう。

  • Check

大人気ヨーグルトダイエットを徹底解説~乳酸菌の魅力~の関連ページ

大人気ヨーグルトダイエットを徹底解説~乳酸菌の魅力~ ページトップへ