>   >   > 

運動でダイエットする~効果的に消費カロリーをUPしよう~

運動系ダイエットは何もスポーツをするだけではありません。普段の生活から効果的に消費カロリーをUPしてダイエットを成功に導く方法もご紹介します。

運動ダイエット

運動系ダイエットの考え方

自己流の筋トレで「やった気」になっていたのに、肝心の体重がちっとも落ちない!落ちたのはやる気だけ…なんてことありませんか?体を動かすことでダイエットするには、まずその動きでどれくらいのカロリーを消費するかを考えなければいけません。効果の出ない方法でいくら運動しても、疲れるだけで痩せないからです。

筋肉をつける=脂肪を減らすではない

「部分痩せ」は、痩せたい部分の筋肉を増やし、脂肪をつきにくくする・燃えやすくするという考え方です。しかし、筋肉をつける=痩せるという単純な仕組みではないのです。

運動には2種類あるのをご存知ですか?「有酸素運動」と「無酸素運動」です。

有酸素運動は、ジョギングや水泳、ダンスなど、酸素を吸ったり吐いたりしながら比較的長い時間行う運動です。目安は「話しながらでも続けられる」ぐらい、息が弾む程度です。 無酸素運動は、息を吸い込んでから「グッ」と瞬発的に行う運動です。腕立てや腹筋、器具を使ったウェイトトレーニング、短距離のダッシュなどがこれにあたります。

それぞれのアスリート体型を比べてみましょう。有酸素運動のマラソン選手と、無酸素運動の100m走選手、全体的にスリムに見えるのはどちらでしょうか。もうおわかりですね?答えは有酸素運動です。

痩せたい=体重・皮下脂肪を減らしたい方は有酸素運動?

脂肪燃焼効果が高い有酸素運動。その効果は3つあります。

  • 消費カロリーを増やす
  • 脂肪燃焼を促進する
  • 心肺能力を向上させ、代謝を良くする

なにか物を燃やすときに酸素が必要なのは、脂肪も同じです。有酸素運動は血液中に酸素が充分にある状態で行うので、脂肪が酸素と結合し、燃えやすくなります。よく「筋肉をつければ代謝が上がって痩せやすくなる」といいますが、ハードな筋トレだけをしても、体重はなかなか減りません。でも有酸素運動と併せて行えば、メリハリ体型を手に入れるのに効果的。まず体重を落とした後のボディラインづくりで、筋トレを取り入れてみましょう。

ダイエットに向いている運動とは

どうせやるならより効果的に!そこで、脂肪を減らしやすい運動をまとめました。

ここでひとつ注意点があります。有酸素運動で脂肪が燃焼し始めるのは15分以降といわれています。最低でも30分、できれば1時間程度続けましょう。「え!そんなに?」と思うかもしれませんが、逆にいえば「1時間続けられるほどの、軽くて楽しめる運動」でかまわないのです。

ウォーキング

ポイントは(1)背筋を伸ばして、(2)いつもより大股で、(3)少し早足で歩くこと。 ひざの裏を伸ばすことと、ふくらはぎを動かすことを意識してください。「第二の心臓」と呼ばれるふくらはぎは、全身に送られた血液を、重力に逆らって心臓に押し戻す役割をしています。意識的に動かすと、基礎代謝がグンとアップ!血行もよくなるので、ダイエットだけでなく、むくみや冷え性、肌荒れ、便秘の解消にも効果的です。

スロージョギング

最近人気のダイエット法が、ゆーっくり小幅に走る「スロージョギング」。提唱者の福岡大学スポーツ科学部・田中宏暁教授によると、つらくないのにウォーキングと比べて約2倍のカロリーを消費できるので、ダイエット効果も高いそうです。

(1)笑顔を保てるくらいにとにかくゆっくり、(2)歩幅はうんと小さく(目安は足の大きさの約半分)、(3)かかとではなく指のつけ根で着地(軽くジャンプしたときと同じく、指のつけ根で着地すると、ひざや腰に負担が少ない)がポイントです。

水泳

水の抵抗を受ける水泳、とくにクロールは消費カロリーが高いのが魅力です。陸上の運動と比べて関節などのケガをしにくいという、安全性でも優れています。とはいえストレッチはしっかり行ってから泳ぎましょう。

(1)週2~3日、(2)息継ぎを意識しながら自分のペースで45~60分くらい、(3)合計距離は500~600mが理想です。

スポーツは嫌い!普段の生活で消費カロリーを上げる方法

運動系ダイエットをしたいけど、スポーツに時間をとられたくない…。それならスキマ時間に「ついでダイエット」はいかがでしょうか。

一駅歩くダイエット

通勤をしている方におすすめの方法です。あえて一駅となりの駅からの定期券を買いましょう。先ほどのウォーキング、スロージョギングの要領で移動すれば、仕事の疲れもリフレッシュできるかも?音楽を楽しむ時間としても最適です。

階段ダイエット

階段ダイエット

駅やオフィス、自宅マンションなどのエレベーター、エスカレーターを階段に変えましょう。実はその時間分、ジョギングと同じぐらいのカロリー消費になるのです!昇降運動は、とくに足首、太もも、ヒップの引き締めにも効果的です。

全身浴ダイエット

ご存知ですか?実は全身浴はすごくカロリーを消費するのです。80kcalを消費するのに、ジョギングなら20分かかるところ、全身浴ならたった10分!方法は42℃程度のお風呂に肩までつかるだけ。体にかかる水圧を合計すると500kg~1tと大きい分、リンパ液や血液を上半身に戻そうという力も働くので、血行など健康でのプラス面もあります。ただし、心臓に疾患がある方には向きません。のぼせやすく長湯ができない方は、分割して入るのがおすすめです。

食べるカロリーを減らして、消費カロリーを増やせば痩せる。ダイエットをシンプルに考えると、普段の軽い運動を、軽い食事制限と組み合わせると、さほどつらくなく効果アップが期待できます。

雑穀、野菜、果物など30品目も一気にとれて栄養価が高いのに、1食わずか54.8kcalの美禅食は朝食の置き換えにぴったり!腹持ちもいいので、軽く体を動かしてもランチまで余裕のスグレモノです。

美禅食
運動と合わせて効果UP!ダイエット美容食

また、軽い運動による脂肪燃焼をさらにアップさせるには、カプサイシン&カルニチンのタブレットがおすすめです。年齢とともに衰えがちな代謝を補って、「燃えやすい体」づくりをサポートしてくれます。普段の生活で「ぽかぽか感」を実感している愛用者の口コミも、ぜひチェックしてみてください。

カプサイシン&カルニチン
ぽかぽかダイエットサポートサプリ

運動でダイエットする~効果的に消費カロリーをUPしよう~の関連ページ

運動でダイエットする~効果的に消費カロリーをUPしよう~ ページトップへ