>   >   > 

美肌の秘訣!正しい洗顔方法を極めよう!

  • Check

「保湿ケアを頑張ってもなかなか美肌になれない」とお悩みの方は、洗顔を見直してみませんか? 実は保湿ケアと同じくらい大切なのが洗顔です。間違った洗顔方法は、自分自身で肌へ負担をかけてしまっているということを肝に銘じましょう。正しい洗顔方法をマスターすれば、素肌そのものがキレイに、いつものスキンケアの効果も倍増するはずですよ。

洗顔 方法

正しい洗顔方法をマスターしましょう!

肌にいいと思ってやっているアナタの洗顔方法、本当に肌にとっていいのでしょうか? 一度よく洗顔後の自分の肌を観察してみましょう。つっぱっていたり、赤みが出たりしていませんか? 自己流の洗顔方法では、肌に負担をかけ、続けていると乾燥やくすみ、小じわなどの原因になりますよ。美肌になりたいなら、今すぐ正しい洗顔をマスターしましょう!

洗顔 方法

1.洗顔は朝と夜、2回が基本

洗顔は朝起きたときと、夜、メイクを落としたあとの2回が基本。朝は、寝ている間に蓄積した皮脂汚れを落とすことが目的です。 夜はメイク落としのあとに洗顔を行い、残っているクレンジング剤や皮脂汚れを落とします。ダブル洗顔不要のクレンジング剤なら、夜の洗顔は行わなくても大丈夫です。スッキリしたいからと何度も洗顔するのは、乾燥や過剰皮脂など肌トラブルの原因になります。

2.弾力のあるふわふわ泡でやさしく洗う。

力を入れてゴシゴシ洗うと、肌を傷めてしまいます。摩擦を最小限にとどめるためには、洗顔料はしっかり泡立て、泡をクッションにしながら洗いましょう。泡立てるのが苦手な人は、泡立て用の洗顔ネットなどを利用するのが手軽です。

3.ぬるま湯で20~30回すすぐ。

洗顔時のすすぎの温度も大切です。水が冷たすぎると、毛穴が閉じて汚れを排出しにくくなり、熱いと必要な皮脂まで落としてしまいます。 33~35℃くらいのぬるま湯で、すすぎ残しのないように洗顔料をしっかり落としましょう。 顔をこすらないよう、手のひらにためたお湯で20~30回、ヌルつきがなくなるまで丁寧にすすぎます。髪の生え際はとくに洗い残しが多い部分なので注意しましょう。

4.タオルで水分をやさしくふき取る

水分のふき取りは、タオルを肌にやさしく押し当てるようにして行います。

洗顔のポイントは、泡をしっかり立てる、タオルでこすらない、しっかりすすぎをすることです。

多少手間がかかるかもしれませんが、難しいことはありません。面倒な泡立ては洗顔ネットなどのグッズにまかせてしまえばいいし、肌触りのいい上質なタオルがあれば、洗顔タイムも楽しみになるはずですよ。

あなたもやっていませんか? 間違いだらけの洗顔方法をチェック!

間違った洗顔方法を続けていると、じわじわと肌ダメージが蓄積されていきます。美肌を目指すなら、今すぐに改めましょう。

洗顔 方法

1.毛穴の汚れをとりたいから、こすって洗う。

⇒毛穴の黒ずみなどの汚れは、力を入れてこすっても落ちるものではありません。肌への摩擦で、毛穴が広がって開いたり、色素沈着のもとになったりすることもあるのでやめましょう。毛穴の汚れには、酵素洗顔やピーリングなど、余分な角質を取り除くケアが有効です。

2.洗顔料をあまり泡立てていない。

⇒洗顔料を手にとり、手のひらで少し伸ばしたらすぐに顔にのせ、顔の上で泡立てながら洗っている人はいませんか? 肌を直接こすることで負担をかけて、将来的に、肌荒れやシミなどの原因になります。

3.時間をかけて丁寧に洗顔する。

洗顔に時間をかけすぎるのは逆効果です。必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥などの肌トラブルの原因になります。

4.すっきり汚れを落とすために、熱いお湯ですすぐ。

熱いお湯は、皮脂汚れだけでなく、肌に必要なうるおいまで流してしまい、肌にとって刺激になります。 とくに、入浴時に洗顔を行っている人は要注意です。つい、湯船と同じくらいの温度では、顔にとっては熱すぎます。湯温を調節することを忘れずに。

5.すすぎはささっと5回くらいで終了する。

⇒肌が乾燥するからと、すすぎは手っ取り早くすませて、その後の保湿ケアだけ念入りにやっている人は本末転倒です。すすぎ残しは、ニキビや毛穴詰まりなどの原因になり、その後の保湿ケアも浸透しにくくなります。とくに、フェイスラインや目尻、小鼻の脇、あご下などは、すすぎ残しが多い部位なので注意しましょう。

6.熱いシャワーですすぐ

⇒入浴中に洗顔をしている人がやりがちなのが、熱いシャワーを顔にかけてすすぐ行為。お風呂のシャワーは40℃くらいと熱めに設定されているため顔をすすぐ温度としては適しません。また、勢いのある水流で上から圧力がかかることでたるみの原因になるのでやめましょう。
入浴中に洗顔する場合は、洗う順番にも気をつけましょう。シャンプーなどのすすぎ残しを防ぐためにも、顔は最後に洗うのがベターです。

7洗顔は頬から洗う

⇒洗顔料を泡立てたら、まず顔のどこに泡をのせますか? なんとなく面積の広い頬から洗っている人が多いようですが、皮脂の多いパーツからスタートしましょう。 正しい洗顔の順番は、まず皮脂の多いおでこや鼻筋などのTゾーンから、次に頬やあごなどのUゾーン、最後に皮膚の薄い目元や口元です。

間違った洗顔方法を続けるとお肌はどうなるの?

間違った洗顔方法の怖さ、お分かりになっていただけましたか?
肌に汚れや皮脂が残っていると、ニキビや乾燥などの肌トラブルや肌の老化を招く原因になるだけではなく、あとにつけるスキンケアの浸透も悪くなります。 肌をまっさらな状態にしてこそ、美容液やクリームの効果がしっかり感じられるので、洗顔をおろそかにしてはいけません。

それでも若い頃は、ターンオーバーも正常におこなわれているので、多少無茶な洗顔をしていても、ダメージが少なかったかもしれません。 しかし、年齢を重ねるにつれて肌の新陳代謝は衰えるものです。20代は約28日間だったターンオーバーが、30~40代では約40日間もかかると言われています。 長年間違った洗顔でダメージを受けた角層は、バリア機能が弱まって肌が敏感になっているので外的刺激から肌を守れず、肌内部の水分が蒸発するのを防ぐことができなくなり、シミやくすみ、乾燥などの肌トラブルに悩まされるようになります。しかも、肌の土台そのものが弱っている状態なので、いくら高級な美容液やクリームを使っても効果が得にくいなど、負のスパイラルに陥ってしまう悲しいことになります。
美肌のための保湿ケアはもちろん大事です。しかしまず、落とすケアがあってこその保湿ケアと心得ましょう。

まとめ

美肌になるために、つい保湿ケアばかりに気をとられしまいがちですが、洗顔=落とすケアこそスキンケアの基本です。正しい洗顔方法ができれば、いつものスキンケアの効果も上がり、素肌そのものが美しくなります。すっぴん美人度がアップすること間違いなしですよ。

  • Check

美肌の秘訣!正しい洗顔方法を極めよう!の関連ページ

美肌の秘訣!正しい洗顔方法を極めよう! ページトップへ