>   >   > 

毛穴タイプ別のピーリングが決め手!効果をあげる選び方

定期的なピーリングは、毛穴トラブル改善の第一歩です。ご自身の毛穴のタイプを知って、適切にケアしましょう。

スキンケア

あなたの毛穴タイプはどれ?まずは原因を知ることから

ピーリングは、肌に蓄積した古い角質を除去して、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促すケア。ピーリング化粧品に配合されたAHA(フルーツ酸)などが、厚く硬くなった古い角質を分解し、落としやすくします。肌の透明感を引き出したり、肌をなめらかに整えたりするほか、毛穴を目立たなくする効果も期待できます。

しかし、毛穴が目立つ原因は一つではありません。自宅でピーリングを行うときは、毛穴のタイプに応じたアイテムを選択することがポイントです。

角栓毛穴

角栓とは、古い角質、メイク汚れ、皮脂などが毛穴の中で混ざり合ったもの。角栓が毛穴の入り口を広げることで、目立ってしまいます。角栓の約70%は古い角質であり、皮脂はわずか30%。そのため、クレンジングオイルなどで肌をこすっても、角栓を溶かすことはできません。

黒ずみ毛穴

長時間空気にさらされ続けた皮脂は、酸化して黒ずみます。さらに、酸化した皮脂が皮膚に刺激を与えることで、毛穴の周りにメラニンが過剰に生成され、黒ずんで見えることがあります。クレンジングや洗顔をせずに寝るのはもちろん、紫外線、ストレス、タバコなども酸化の原因になります。

ゆるみ毛穴

肌には網目状に細かい溝があり、三角形や四角形などの模様を描いています。溝のことを皮溝(ひこう)、三角形や四角形の部分を皮丘(ひきゅう)といいます。キメの細かい肌は、皮溝が深く狭く、皮丘の一つ一つが小さくふっくらとしている状態。皮溝が交差したところにある毛穴は、キュッと引き締まっています。

しかし、ターンオーバーが乱れ、古い角質がたまった肌は、キメが粗く皮丘がしぼんだような状態。皮溝は浅く広くなるため、毛穴が開いて目立ちやすくなるのです。

より効果的にピーリング!毛穴タイプ別ケア方法

スキンケアする女性

角栓毛穴に適したピーリング

鼻パックは、角栓とともに必要な角質まで剥がしてしまいます。肌に負担が少ない角栓ケアは、美顔器によるピーリング。超音波による振動で汚れを浮かし、化粧水や水とともに角栓や古い角質を除去できます。1回で劇的に角栓がとれるわけではありませんが、肌を傷めにくく、顔全体に使用できるのがメリット。とれた汚れが目で確認できるのも特徴です。

黒ずみ毛穴に適したピーリング

黒ずみの正体がメラニンである場合は、メラニンの生成を抑える有効成分が含まれた、美白化粧品でのケアを行います。ただし、古い角質が肌に残ったままでは、美白成分が肌の奥まで浸透しません。AHAが含まれたピーリング石鹸やピーリングジェルなどで、古い角質を除去しましょう。ターンオーバーが促され、メラニンが排出されやすくなる効果も期待できます。

ピーリング石鹸は、洗顔するだけで古い角質が落ちるため、もっとも簡単なピーリングといえます。ピーリングジェルは、肌にジェルをなじませ、指先で軽くマッサージし、古い角質をからめとるもの。どちらも、使用してすぐに、つるんとしたなめらかな肌を実感できるでしょう。顔全体はもちろん、気になる部位だけケアしたいときにも適しています。

ゆるみ毛穴に適したピーリング

ピーリング石鹸やピーリングジェル、美顔器で古い角質を落とすケアも効果的ですが、古い角質を「ためにくい肌」へと整える、ピーリング美容液もおすすめです。

美容液に含まれるAHAが、ゆっくりと古い角質をやわらかくし、自然に剥がれ落ちやすい状態に。毎日使い続けることで、ターンオーバーが乱れにくい肌をはぐくみます。それにより、健康な細胞が定期的に生まれてくるため、肌表面のキメが細かくふっくらとし、毛穴が目立ちにくくなります。

ピーリング以外に重視したいケア

洗顔する女性

毛穴トラブルの予防と改善には、ピーリングだけではなく、基本的なスキンケアを正しく行うことが大切です。まずは、洗顔で汚れをしっかり落とすことが基本。寝ているうちに分泌された汗や皮脂で、朝の肌も実は汚れています。石鹸や洗顔料をよく泡立てて、肌をこすらずやさしく洗いましょう。

洗顔後には、丁寧に保湿して肌を乾燥させないことも大切。乾燥はターンオーバーを乱し、古い角質をためこませる原因の一つです。化粧水や美容液、ゲルなど複数の化粧品を使うときは、一つ一つのアイテムが肌にしっかりなじんでから次のステップへ。手のひら全体を使って、ゆっくりとプレスするようになじませます。ピーリングの後は肌が乾燥しやすいため、とくに丁寧に行いましょう。

まとめ

毛穴の目立ちに効果的なピーリング。原因をしっかり見極めて、適切なアイテムを選ぶことが大切です。頻繁に行うと、肌に必要な角質まで取ってしまうことがあるため、注意してください。説明書をよく読み、使用頻度の目安を守って行いましょう。

毛穴タイプ別のピーリングが決め手!効果をあげる選び方の関連ページ

毛穴タイプ別のピーリングが決め手!効果をあげる選び方 ページトップへ