>   >   > 

保湿パックの効果的な使い方とは?選び方のコツも紹介

  • Check

監修:シロノクリニック横浜院 佐藤 美院長

肌をしっかり保湿したいときには、保湿パックを使うといいでしょう。スペシャルケアとして保湿パックをすることで、肌の乾燥を防ぐことができます。シートやクリーム、ジェルなど様々な種類があるため、どれを使うか迷っている方もいるでしょう。ここでは保湿パックの種類や効果的な使い方、選び方のコツについて詳しくご紹介します。

保湿パックの選び方のポイントとは

保湿パックには、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの成分が含まれています。配合成分や配合量で保湿パックを選びましょう。保湿パックの種類によって、成分の配合量が異なります。それぞれタイプ別に特徴をご紹介します。

シートタイプ

シートに美容液やジェルがついている保湿パックです。目や鼻の部分がくり抜かれており、そのまま顔に貼るだけで使えます。中には、自分で好みの化粧水や美容液を含ませて使えるシートマスクもあるなど、自由度が高い保湿パックです。

クリームタイプ

保湿に特化しています。乾燥が気になるところにつけるといいでしょう。肌がベタついており、保湿ケアしたくない部位がある場合に向いています。

ジェルタイプ

クリームタイプと同じく、保湿に特化しています。乾燥しているところにだけ使いたい場合におすすめです。クリームタイプと大きな違いはないため、好みで選ぶといいでしょう。

泡タイプ

泡で顔をパックするタイプです。入浴中に使用できるため、入浴後の肌の乾燥を抑えることができます。

なぜ保湿パックはした方がいいの?

保湿パックは、デイリーケアとして行う必要はありません。スペシャルケアとして定期的に使うといいでしょう。保湿パックをするかどうかで肌の状態が変わります。なぜ保湿パックをした方がいいのか、みていきましょう。

保湿効果を高めるため

保湿パックによって保湿成分を肌へ浸透させることができます。化粧水や乳液だけでのケアよりも高い保湿効果が期待できるのです。乾燥肌の傾向がある場合に使うことで、乾燥による肌トラブルを未然に防げるかもしれません。

肌のコンディションが悪いときの緊急ケア

肌は体調やストレス、食事、空気の乾燥、エアコンの風など様々な影響を受けます。そのため、昨日は肌の調子がよかったのに、今日はカサついているといったことは珍しくありません。肌のコンディションが悪いまま放置すると、肌トラブルが起こる可能性があります。肌のコンディションが悪いときには、緊急ケアとして保湿パックを使うことが大切です。

保湿パックの正しい使い方とは?

保湿パックは、使い方を誤ると肌に刺激を与える可能性があります。そのためタイプごとに保湿パックの正しい使い方を確認しておくことが大切です。それぞれの使い方は次のとおりです。

シートタイプ

顔に貼るときは、髪につかないようにピンなどで留め、フェイスラインを出しましょう。シートの両端を持ち、顔に貼ってください。商品の使用方法を確認し、記載されている時間放置して剥がしましょう。時間が長すぎるとかえって乾燥を招きますので、時間内に剥がすことが大切です。1回で1枚のシートを使うためクリームやジェルとは違い、使いすぎて肌に負担をかける心配がありません。ただし放置時間は製品で異なるため、説明書をよく確認しましょう。また、ほてりがあるときやシェービングの後には使わないことが大切です。肌の状態が悪いときに使うと負担がかかる恐れがあります。

    

クリームタイプ

乾燥が気になる部分や顔全体に塗りましょう。中指と薬指を揃え、両方の第一関節までの量を1回で使います。何回かくり返して、目当ての部分にしっかり塗ってください。目安として10円玉程度の厚みに塗りましょう。
乾燥しやすい頬から順に、額や顎、鼻につけていきます。目の周りや生え際、唇は避けましょう。塗ってから数分放置して洗い流します。塗る範囲が狭い場合は、ふき取ることもできるため手軽です。放置時間は製品で異なるため、販売員に確認するか説明書を読みましょう。

    

ジェルタイプ

クリームタイプと同じように使いましょう。中には寝る前につけるタイプのジェルパックもあります。製品によって使い方が異なるため、説明書の指示に従って塗りましょう。説明書が添付されていない場合は、店頭で確認しておくと安心です。

効果的な使い方って?

保湿パックの効果を引き出すために、次のようなポイントを押さえましょう。

    

説明書通りの時間だけつける

製品によって放置時間が異なるため、説明書の指示に従うことが大切です。化粧品が販売されるまでには、様々な試験が行われています。説明書に記載されている放置時間は、その製品の効果が最も高くなる時間となっています。放置時間を大きく超えて使用すると、肌に負担がかかり、トラブルが起こる恐れがあるため注意が必要です。
普段よりも乾燥しているからといって、放置時間のルールを破らないようにしましょう。

    

使用頻度は週1回に

保湿パックの使用頻度の目安は、週1回です。それ以上の頻度で使うと、肌への負担が大きくなります。肌のコンディションが悪い日に使用するといいでしょう。

 

肌あれの際はなるべく避ける

肌があれているときは、肌のバリア機能が低下しているため保湿パックが刺激になって症状が悪化する恐れがあります。そのため肌があれているときは、できるだけ使用を避けましょう。肌が乾燥している状態では、いつ肌あれが起こるかわかりません。肌の状態を入念にチェックしてから保湿パックしましょう。

まとめ

保湿パックには、シートやクリーム、ジェルなど様々なタイプがあります。いずれも肌のコンディションが悪い日の緊急ケアとして使うことができます。デイリーケアに加えて保湿パックを定期的に使うことで、肌の水分をしっかり保てるようになるでしょう。ただし保湿パックは週1回を目安に使うことが大切。また肌あれが起きているときは避けましょう。いずれも肌に負担がかかり、トラブルに繋がる恐れがあります。保湿パックを正しく使って、うるおいのある美肌をキープしましょう。

監修:シロノクリニック横浜院 佐藤 美院長

肌をしっかり保湿したいときには、保湿パックを使うといいでしょう。スペシャルケアとして保湿パックをすることで、肌の乾燥を防ぐことができます。シートやクリーム、ジェルなど様々な種類があるため、どれを使うか迷っている方もいるでしょう。ここでは保湿パックの種類や効果的な使い方、選び方のコツについて詳しくご紹介します。

保湿パックの選び方のポイントとは

保湿パックには、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの成分が含まれています。配合成分や配合量で保湿パックを選びましょう。保湿パックの種類によって、成分の配合量が異なります。それぞれタイプ別に特徴をご紹介します。

シートタイプ

シートに美容液やジェルがついている保湿パックです。目や鼻の部分がくり抜かれており、そのまま顔に貼るだけで使えます。中には、自分で好みの化粧水や美容液を含ませて使えるシートマスクもあるなど、自由度が高い保湿パックです。

クリームタイプ

保湿に特化しています。乾燥が気になるところにつけるといいでしょう。肌がベタついており、保湿ケアしたくない部位がある場合に向いています。

ジェルタイプ

クリームタイプと同じく、保湿に特化しています。乾燥しているところにだけ使いたい場合におすすめです。クリームタイプと大きな違いはないため、好みで選ぶといいでしょう。

泡タイプ

泡で顔をパックするタイプです。入浴中に使用できるため、入浴後の肌の乾燥を抑えることができます。

なぜ保湿パックはした方がいいの?

保湿パックは、デイリーケアとして行う必要はありません。スペシャルケアとして定期的に使うといいでしょう。保湿パックをするかどうかで肌の状態が変わります。なぜ保湿パックをした方がいいのか、みていきましょう。

保湿効果を高めるため

保湿パックによって保湿成分を肌へ浸透させることができます。化粧水や乳液だけでのケアよりも高い保湿効果が期待できるのです。乾燥肌の傾向がある場合に使うことで、乾燥による肌トラブルを未然に防げるかもしれません。

肌のコンディションが悪いときの緊急ケア

肌は体調やストレス、食事、空気の乾燥、エアコンの風など様々な影響を受けます。そのため、昨日は肌の調子がよかったのに、今日はカサついているといったことは珍しくありません。肌のコンディションが悪いまま放置すると、肌トラブルが起こる可能性があります。肌のコンディションが悪いときには、緊急ケアとして保湿パックを使うことが大切です。

保湿パックの正しい使い方とは?

保湿パックは、使い方を誤ると肌に刺激を与える可能性があります。そのためタイプごとに保湿パックの正しい使い方を確認しておくことが大切です。それぞれの使い方は次のとおりです。

シートタイプ

顔に貼るときは、髪につかないようにピンなどで留め、フェイスラインを出しましょう。シートの両端を持ち、顔に貼ってください。商品の使用方法を確認し、記載されている時間放置して剥がしましょう。時間が長すぎるとかえって乾燥を招きますので、時間内に剥がすことが大切です。1回で1枚のシートを使うためクリームやジェルとは違い、使いすぎて肌に負担をかける心配がありません。ただし放置時間は製品で異なるため、説明書をよく確認しましょう。また、ほてりがあるときやシェービングの後には使わないことが大切です。肌の状態が悪いときに使うと負担がかかる恐れがあります。

    

クリームタイプ

乾燥が気になる部分や顔全体に塗りましょう。中指と薬指を揃え、両方の第一関節までの量を1回で使います。何回かくり返して、目当ての部分にしっかり塗ってください。目安として10円玉程度の厚みに塗りましょう。
乾燥しやすい頬から順に、額や顎、鼻につけていきます。目の周りや生え際、唇は避けましょう。塗ってから数分放置して洗い流します。塗る範囲が狭い場合は、ふき取ることもできるため手軽です。放置時間は製品で異なるため、販売員に確認するか説明書を読みましょう。

    

ジェルタイプ

クリームタイプと同じように使いましょう。中には寝る前につけるタイプのジェルパックもあります。製品によって使い方が異なるため、説明書の指示に従って塗りましょう。説明書が添付されていない場合は、店頭で確認しておくと安心です。

効果的な使い方って?

保湿パックの効果を引き出すために、次のようなポイントを押さえましょう。

    

説明書通りの時間だけつける

製品によって放置時間が異なるため、説明書の指示に従うことが大切です。化粧品が販売されるまでには、様々な試験が行われています。説明書に記載されている放置時間は、その製品の効果が最も高くなる時間となっています。放置時間を大きく超えて使用すると、肌に負担がかかり、トラブルが起こる恐れがあるため注意が必要です。
普段よりも乾燥しているからといって、放置時間のルールを破らないようにしましょう。

    

使用頻度は週1回に

保湿パックの使用頻度の目安は、週1回です。それ以上の頻度で使うと、肌への負担が大きくなります。肌のコンディションが悪い日に使用するといいでしょう。

 

肌あれの際はなるべく避ける

肌があれているときは、肌のバリア機能が低下しているため保湿パックが刺激になって症状が悪化する恐れがあります。そのため肌があれているときは、できるだけ使用を避けましょう。肌が乾燥している状態では、いつ肌あれが起こるかわかりません。肌の状態を入念にチェックしてから保湿パックしましょう。

まとめ

保湿パックには、シートやクリーム、ジェルなど様々なタイプがあります。いずれも肌のコンディションが悪い日の緊急ケアとして使うことができます。デイリーケアに加えて保湿パックを定期的に使うことで、肌の水分をしっかり保てるようになるでしょう。ただし保湿パックは週1回を目安に使うことが大切。また肌あれが起きているときは避けましょう。いずれも肌に負担がかかり、トラブルに繋がる恐れがあります。保湿パックを正しく使って、うるおいのある美肌をキープしましょう。

  • Check

保湿パックの効果的な使い方とは?選び方のコツも紹介の関連ページ

保湿パックの効果的な使い方とは?選び方のコツも紹介 ページトップへ