>   >   > 

潤い重視で化粧水を選ぶなら、おすすめ保湿成分を知ろう

  • Check

しっかり潤う化粧水を探している方は、まず保湿成分を知ることから始めましょう!おすすめの保湿成分をご紹介します。

潤い化粧水

しっかり潤う化粧水とは

スキンケアの中でも、重視したいポイントである“潤い”。季節を問わず、お肌にキープしておきたいところですね。
肌の潤いをしっかり保つ化粧水とはどのようなものなのかをご紹介する前に、まずはお肌の表面の構造からご説明することにしたいと思います。
わたしたちの肌の表面には角質層があります。わずか0.02ミリほどの厚みしかないこの部分には、古い細胞(「角質細胞」と言います)が層になって重なっています。積み重なった角質細胞同士の隙間を埋めているのが「細胞間脂質」です。この細胞間脂質の40%ほどを構成しているのがセラミドという保湿成分です。また、角質細胞の中にはアミノ酸や尿素などから構成されているNMFという保湿成分が存在します。
角質層は、NMFを含む角質細胞と細胞間脂質であるセラミドなどから成り立っており、外部からの刺激から皮膚を守ったり、皮膚内部の水分が蒸発しないようにガードしたりする役割を担っている部分だと言えます。
ところが、NMFやセラミドは、洗顔やクレンジングなどで流出してしまうことがあるのです。こうなってしまっては保湿成分が不足し、角質層は本来の役割を果たせなくなってしまいます。
少し長くなってしまいましたが、ここでようやく“しっかり潤う化粧水”とは?という点について考えてみることにしましょう。
上でご説明したような点を踏まえると、しっかり潤う化粧水、つまり、肌の潤いをしっかり保つ化粧水とは、「洗顔やクレンジングで保湿成分を失った角質層に水分を補い、角質細胞同士に隙間ができるのを防いでくれる化粧水」であると言うことができそうです。

乾燥肌でお悩みの方に!正しい保湿化粧水の使い方

冷暖房ですぐにカサカサしてしまったり、季節によってひどい乾燥を引き起こしてしまったり…。いろいろ試してはいるけれど、何を使ってみても改善されないとお悩みの方は多くいらっしゃいます。
元々の肌質やスキンケアアイテムとの相性といった問題もありますが、もしかしたらその乾燥肌は化粧水の使い方が原因かもしれません。せっかく選んだ化粧水、パシャパシャとつけてムラになっていたり、ローションだけでケアを終えたりしていませんか?
少しでも心当たりのある方は、次のような点に気をつけて保湿化粧水を使ってみてください。

正しい保湿化粧水の使用方法

・洗顔は水かぬるま湯でこすらずに
化粧水でお手入れをする前に、洗顔も見直してみましょう。体温より高いお湯は皮脂の取りすぎにつながるため、避けた方が無難です。必要以上にゴシゴシこすってしまう洗い方も、NMFやセラミドを流出させたり肌にダメージを与えたりする原因になります。洗顔は、どうぞやさしい力加減で。
・洗顔後、なるべく間を空けずに
洗顔の後はほうっておくとどんどん肌の乾燥が進んでしまいますので、化粧水をつけるタイミングは洗顔後できるだけ早い方がベターです。洗面台の近くにミニサイズの化粧水を置いておくなどの工夫をするのも良いでしょう。
・つけっぱなしにせず、ハンドプレスやコットンパックを
手のひらでササッと化粧水をつけて終わり、なんてスキンケアではせっかくの保湿化粧水が台無しです。化粧水を肌に乗せたら丁寧にハンドプレスをする、化粧水を含ませたコットンでパックをするなどして、保湿成分をお肌に浸透させましょう。尚、化粧水によるパックは長時間行うと逆に乾燥を招く場合もあるため、5分程度に留めるようにしてください。
・化粧水の後には水分を逃がさない工夫を
化粧水でケアを行った後は、せっかく補給した水分を逃がさないためにゲル、クリーム、乳液など油分を含んだものを塗りましょう。肌の表面にフタをし、潤いを閉じ込める役目をしてくれます。
・シーズンやバイオリズムで使い分けを
苦労して探した保湿化粧水だからと言って、一年中毎日同じものを使ってケアをしなければならないということはありません。季節や体調が移り変わってゆくのと同じで、肌の状態だって日々変わるもの。冬場にはより保湿力の高い化粧水に切り替える、生理の前後は敏感肌用の化粧水を使うなど、上手に使い分けをしてみましょう。

おすすめの保湿成分一覧

潤いを重視して化粧水を選ぶ際、欠かせない成分たちをご紹介します。
これらの成分が入っていたら、その化粧水の保湿力には期待しても大丈夫。ぜひチェックしてみてください。

■コラーゲン
目、髪、爪、骨…と、全身に存在するコラーゲン。美肌成分として有名な理由は、肌のハリを生み出す作用を持っているからと言えます。イキイキとしたハリのある肌作りに役立っています。
■ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は細胞と細胞の間にしっかりと水分を蓄える役割を果たしています。自身の6000倍もの保水力でお肌の水分をキープし、弾力のある肌へと導きます。
■リピジュア®
ヒアルロン酸よりもさらに保水性に優れた人工成分です。人工臓器のために人体の成分に似せて開発されたという経緯があるため、アレルギー反応の心配などもほとんどないとされています。水に強いという特性を持っていて、洗顔後の乾燥などを防ぐ効果も認められています。
■セラミド
肌表面の構造の部分でもご説明した通り、角質細胞同士の隙間を埋めている保湿成分です。水分・油分を吸収し、肌を守る働きがあります。ヒアルロン酸と一緒になって肌の機能を正常に整える作用も持っています。
■フラーレン
フラーレンとは、ダイヤモンドと同じような炭素の同素体です。発見されたのが近年であるため、化粧品に使用されてからそれほど年数が経っていません。保湿の他、抗酸化作用や美白にも効果を発揮する点、コラーゲンの生成作用が高い点などからも注目されている美容成分です。

おすすめ保湿成分配合の化粧水

これらの保湿成分が配合されている化粧水の中でも特におすすめのものをご紹介します。

エンリッチリフトモイスチャーローション

コラーゲン*1とヒアルロン酸*2が贅沢に配合され、つけた瞬間からハリと弾力を実感できるリフトケアローションです。 *1;(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、水溶性コラーゲン、サクシニルアテロコラーゲン、加水分解コラーゲン[保湿成分]
*2;ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸ジメチルシラノール、加水分解ヒアルロン酸[保湿成分]

エンリッチリフトモイスチャーローション
ハリと弾力を実感リフトケアローション

フォトホワイトC薬用ホワイトニングローション

話題の成分リピジュア*3と3種類のヒアルロン酸*4が配合された薬用美白化粧水です。しっかりとした美白・保湿効果に加え、柑橘系の香りでリラックスしながらお使いいただけます。
*3;2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル 酸ステアリル共重合体 [保湿成分]
*4;加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、 アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム[保湿成分]

フォトホワイトC薬用ホワイトニングローション
薬用美白化粧水

VC100エッセンスローション

コラーゲン*6、ヒアルロン酸*7、リピジュア*8、フラーレンが配合された、濃密なビタミンC*9ローションです。肌の奥※までスムーズに浸透し、リッチな潤いとお肌のハリ・ツヤをもたらしてくれます。
*6;水溶性コラーゲン・ココイル加水分解コラーゲンK・加水分解コラーゲン[保湿成分]
*7;ヒアルロン酸Na・ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム・加水分解ヒアルロン[保湿成分]
*8;ポリクオタニウム-51[保湿成分]
*9;パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na[整肌成分]
※浸透は角層まで

VC100エッセンスローション
濃密なビタミンC*9ローション

コラーゲンミスト

コラーゲン*10、ヒアルロン酸*11、セラミド*12をそれぞれ3種類ずつぎゅっと閉じ込めた、保湿ケア用ミストスプレーです。ポーチINも余裕、機内持ち込みもできるコンパクトなサイズなので、日常のいろいろなシーンで活躍してくれます。天然由来のローズの香りで、リラックスや気分転換にもぴったりです。
*10;(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン・水溶性コラーゲン・加水分解コラーゲン[保湿成分]
*11;アセチルヒアルロン酸・ヒアルロン酸Na・加水分解ヒアルロン酸[保湿成分]
*12;セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱ[保湿成分]

コラーゲンミスト
保湿ケア用ミストスプレー

保湿成分をしっかり浸透させるおすすめ裏ワザ

化粧水の保湿力を最大限に発揮させるには、何と言っても「肌にきちんと浸透させること」が大切です。先ほどはハンドプレスやコットンパックといった方法をご紹介しましたが、さらに保湿化粧水を使う前のひと手間をプラスすることでさらなる浸透力アップを目指すことができます。
そのひと手間とは、ふきとり用のローションで古い角質をオフすることや、導入美容液・プレローションのようなものを活用すること。
肌が美容成分を受け入れやすい状態に整えることで、保湿効果もより高めることができるというわけなんです。
化粧水のプレケアにぴったりのアイテムをご紹介します。

化粧水の保湿力を発揮させるための導入※1美容液

アクアインダームスーパーエッセンス

スキンケアの前にさっとひと塗りするだけで、化粧水がぐんぐん肌に入ってゆくのが実感できる導入※1美容液です。保湿化粧水の成分がお肌の奥※2まで届くのをしっかりサポートしてくれます。
※1;洗顔後の最初のステップ
※2;浸透は角層まで

アクアインダームスーパーエッセンス
浸透力を高める導入美容液

  • Check

潤い重視で化粧水を選ぶなら、おすすめ保湿成分を知ろうの関連ページ

潤い重視で化粧水を選ぶなら、おすすめ保湿成分を知ろう ページトップへ