>   >   > 

ビタミンC誘導体の化粧水選びのために知っておきたいこと

美白やエイジングケアで大人気の美容成分「ビタミンC誘導体」の化粧水。どんな特徴があるの?どんなところに注目して選べばいいの?まずは基本的なポイントからおさらいしましょう。

ビタミンC

そもそも、ビタミンC誘導体って何にいいの?

ビタミンC(ビタミンC誘導体)は、美白化粧品でもよく見られる成分ですが、開いた毛穴を引き締めたり皮脂の分泌を抑えることも期待できるのです。その上、肌のキメを整え、肌をふっくらさせるなど、幅広く力を発揮。だからエイジングケア化粧品に多く含まれているのです。

ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性が存在する

ビタミンCの弱点は、とっても酸化しやすいこと。そのため、化粧品に配合する時はさまざまな分子と結合させた「ビタミンC誘導体」として安定性を保っています。また、水溶性と油溶性があり、それぞれ性質に合わせた化粧品に配合されています。

水溶性ビタミンC誘導体

主に化粧水や美容液に配合されている。短期間で吸収され、即攻性がある。混合肌/脂性肌の人の皮脂分泌をコントロールするので脂性肌用化粧品にも使われます。

油溶性ビタミンC誘導体

水溶性に油分を結合させて、クリームやゲルなどに配合できるようにしたもの。肌への刺激が少なく、乾燥肌/敏感肌でも安心。肌の表面にとどまっている時間が長いため、表皮や角質層で吸収されやすい反面、浸透が遅い。

化粧水の美容成分を肌の隅々まで届けるには両方入っていることが必要

ここで、お肌の特性を考えて見ましょう。お肌には潤いを保つ水分と、皮脂の油分の両方が含まれていますよね?つまりビタミンC誘導体を肌の隅々まで届けたいと思ったら、水溶性、油溶性、両方の性質を持つ化粧品の方が、肌全体に浸透するということです。
たとえばドクターシーラボの薬用美白化粧水・フォトホワイトC薬用ホワイトニングローションは、水溶性と脂溶性のビタミンC誘導体を配合。肌なじみが良いだけでなく、長く深く働き、毛穴の引き締まった透明肌へ導きます。

薬用美白化粧水・フォトホワイトC薬用ホワイトニングローション
ビタミンC誘導体の薬用美白化粧水

こういった油溶性・水溶性両方のメリットを持ち、安定性・安全性・持続性にも優れた高浸透型のビタミンC誘導体が、近年開発されました。それが「APPS(アプレシエ(R))」です。

最新のビタミンC誘導「APPS」が人気の理由

水溶性と油溶性の性質を併せ持つビタミンC誘導体APPSは、透明肌を叶えるだけでなく肌をふっくらさせる効果の高い魅力的な成分です。最大の魅力は「浸透力」。なんと通常のビタミンCの100倍の浸透力と言われ、肌の奥まで届いて力を発揮します。

APPS

活性酸素など、肌にとってマイナスになる要素は、肌の奥だけで起こっているわけではありません。肌の表面に効くビタミンC誘導体と、奥に届くAPPS、両方を配合し、全体にビタミンCパワーが行き渡る化粧水はより効果が期待できるということです。
そこでイチオシの化粧水が、口コミNo.1(@コスメ化粧品部門2012年第1位)のエイジング毛穴化粧水・VC100 ポアホワイトローションです。話題のAPPSに加え、フラーレンなど効果をアシストする豊富な美容成分との相乗効果で、わずか20秒で肌の奥深くまでグングン浸透するのが特徴。毛穴を引き締め、肌全体のハリや透明感を高めます。

VC100 ポアホワイトローション
100倍浸透型ビタミンC誘導体+3種のビタミンC誘導体 の化粧水

他の美容成分

EGF
肌にハリと弾力を与えます。
フラーレン
紫外線などの肌ダメージにアプローチ。APPSを守るサポート的役割も!
フルーツ酸(AHA)
毛穴の開きの原因となる古い角質をやさしく取り除きます。
19種類のアミノ酸
キメの整ったなめらかな肌に導きます。

べたつかないのに、トロっとした独特のテクスチャーの中には、3種類のヒアルロン酸とコラーゲン+リピジュア(R)などうるおい成分たっぷり。またハリと弾力を高める年齢肌に嬉しい美容成分として、コエンザイムQ10、水溶性プロテオグリカン、CyPA(R)なども配合されている点も見逃せません! 
加齢による毛穴の開きや肌のざらつき、年齢肌特有の悩みが多い方にぜひお試しいただきたいビタミンC化粧水です。

ビタミンC誘導体の化粧水選びのために知っておきたいことの関連ページ

ビタミンC誘導体の化粧水選びのために知っておきたいこと ページトップへ