>   >   > 

保湿のやり方、 正しくできていますか? 肌の保湿方法をおさらい!

  • Check

監修:シロノクリニック銀座院 笠井 美貴子副院長

美容を心がけている方にとっては、保湿ケアは基本と言えるでしょう。しかし正しく保湿ケアができておらず、肌トラブルが起こりやすくなっていることもあるので正しい保湿ケアの方法を確認しておくことは大切です。保湿が必要な理由や、正しい保湿と間違った保湿など、保湿ケアの基本についてみていきましょう。

正しい保湿の方法とは

保湿といえば、化粧水でケアするだけでいいと思いがちですが、それだけでは肌の水分を保つことはできません。間違った保湿の方法と、正しい保湿の方法をみていきましょう。

間違った保湿の方法

やってしまいがちな間違った保湿方法は、次のとおりです。

・化粧水しか使わない
保湿ケアと言えば化粧水のイメージがあるかもしれませんが、化粧水は肌に水分を補給するためのもの。肌の水分の蒸発を抑える働きはないため、乳液やクリームをつける必要があります。乳液とクリームは、肌の表面に油分の膜を張り、水分の蒸発を防ぎます。オールインワンゲルなら、ひとつで化粧水から乳液、クリームの役割を担ってくれて便利です。

・保湿ケアのタイミングを間違えている
保湿ケアは洗顔後にできるだけ早く行います。洗顔後しばらくしてから保湿ケアをしても、十分な効果は期待できません。洗顔後は水分をやさしくふき取ってすぐに保湿ケアをしましょう。時間が経つと肌の水分が失われて肌トラブルのリスクが上がります。

・保湿ケアの順番を間違えている
保湿ケアの基本は、化粧水、美容液、乳液(またはクリーム)の順につけることです。化粧水で水分を補給し、乳液やクリームで水分の蒸発を防ぎます。先に乳液やクリームをつけると、油分に邪魔されて化粧水の成分が肌に浸透しません。保湿効果が高い化粧水を使用しても、順番を間違えると効果が期待できないため注意しましょう。

・肌質に合わない保湿ケアをしている
保湿ケアは、肌質に合わせてアイテムや方法を変えることが大切です。たとえば乾燥肌なのに脂性肌のケアをすると、べたつきが気になる可能性があります。

正しい保湿の方法

正しい保湿の方法は、肌質によって異なります。乾燥肌、脂性肌、混合肌の正しい保湿ケアについてみていきましょう。

・乾燥肌
乾燥肌は、肌が乾燥して刺激を受けやすくなった状態です。水分だけではなく皮脂も不足しているため、化粧水だけでケアをしてもすぐに乾燥してしまいます。化粧水、美容液、乳液(またはクリーム)を順番に丁寧につけていきましょう。顔を温めるイメージでやさしくハンドプレスすることが大切です。

・脂性肌
脂性肌は皮脂が過剰に分泌されている状態です。乳液とクリームの両方をつけると、べたついてしまいます。さっぱりタイプの化粧水と美容液、そして乳液をつけましょう。クリームは乳液よりも油分が多いため脂性肌には向きません。乳液も必要以上につけるとべたつくので注意しましょう。

・混合肌
混合肌は、乾燥肌の部分と脂性肌の部分が混在した状態です。おでこや鼻の周りは脂っぽいのに、口周りやフェイスラインは乾燥していることが特徴です。化粧水を顔全体につけて、乾燥しているところに重ねづけします。化粧水の後は必ず乳液やクリームでフタをしましょう。

肌の保湿力が落ちる理由って?

ターンオーバーの乱れ、加齢、睡眠不足などが原因で肌の保湿力が低下します。詳しくみていきましょう。

・肌のターンオーバーの乱れ
肌は、表皮と真皮、皮下組織で構成されており、表皮はさらに4つの層に分かれています。表皮の最上層の角質層で乾燥を防ぎ、水分を保ちながら紫外線などの外的刺激から肌を守るバリア機能として働いています。

表皮の最下層で作られた肌細胞は、表皮の最上層である角質層へと押し上げられていき、古い角質が剥がれて新しい角質と置き換わります。この一定のサイクルで起こる肌の生まれ変わりの仕組みのことをターンオーバーといいます。ターンオーバーが正常に働くことで、健康な肌が保たれているのです。しかしターンオーバーはストレスや生活習慣、加齢の影響を受けて乱れてしまいます。その結果、古い角質が剥がれずに肌に残ってしまうのです。古い角質が肌に留まることで、肌細胞でセラミドや天然保湿因子が生成されにくく、水分を保つ能力が低いため、化粧水で保湿ケアをしても乾燥しやすくなります。

・加齢
加齢とともにセラミドや天然保湿因子が減少します。そのため肌の水分量が低下するのです。また水分の蒸発を防ぐ皮脂の分泌も減少します。そのため加齢とともに水分を与え、しっかりとフタをする保湿ケアの重要性が高くなっていきます。

・睡眠不足
睡眠中には、身体の細胞を修復・再生するために必要な成長ホルモンが多く分泌されます。そのため睡眠不足だと肌が十分に修復されず、バリア機能が低下して乾燥しやすくなるのです。

肌に保湿が必要な理由

肌には、もともと水分を保つ機能があります。そのため、なぜ保湿が必要なのか疑問に思っている方もいるでしょう。保湿が必要な理由と、保湿しないとどうなるのかみていきましょう。

なぜ肌には保湿が必要?

肌には、もともと水分を保つ機能がありますが、ターンオーバーの乱れや加齢、睡眠不足などで水分を保つ機能が低下するため、保湿ケアで補う必要があります。また洗顔後は肌がデリケートな状態であるため、水分を与えてバリア機能を高めなければなりません。

十分にうるおっている状態の肌は外的刺激に強くなります。逆に水分が足りていないと、少しの刺激で肌の状態が悪くなるのです。

保湿しないと肌はどうなる?

保湿しないと肌の水分が失われ、少しの刺激でダメージを受けるようになります。また次のような肌トラブルのリスクが上がります。

・シミ
肌のバリア機能が低下した状態で紫外線などの外的刺激を受けることで、シミのもとであるメラニン色素が大量に発生します。ターンオーバーで排出しきれなかったメラニン色素は、肌に沈着してシミとなるのです。

・ニキビ
ニキビは、毛穴に古い角質と皮脂が混ざったものが詰まることで発生します。乾燥によって角質が古く硬くなると、毛穴は小さく細くなり、少しの皮脂でも毛穴に詰まるようになります。

・赤み
角質が薄くなり、赤みとして現れることがあります。

・たるみ毛穴
乾燥によって肌のハリが失われ、重力に負けて毛穴が縦長に広がります。進行すると毛穴同士が繋がり、毛穴が目立つようになります。

・小ジワ
表皮の水分が不足して、角質細胞と角質細胞の間を埋めているセラミドなどの成分が減少し小ジワができてしまいます。皮膚が薄い目元や口元にできやすいことが特徴です。

まとめ

保湿ケアは肌を外部刺激から守り、乾燥を防ぐために欠かせません。ターンオーバーの乱れ、睡眠不足、加齢などの原因で保湿力が低下するため、毎日の保湿ケアで水分を補うことが大切です。保湿ケアをしないでいると、肌が乾燥してバリア機能が低下し、様々な肌トラブルのリスクが上がります。きれいな肌を保つためにも毎日正しい方法で保湿ケアをしましょう。

監修:シロノクリニック銀座院 笠井 美貴子副院長

美容を心がけている方にとっては、保湿ケアは基本と言えるでしょう。しかし正しく保湿ケアができておらず、肌トラブルが起こりやすくなっていることもあるので正しい保湿ケアの方法を確認しておくことは大切です。保湿が必要な理由や、正しい保湿と間違った保湿など、保湿ケアの基本についてみていきましょう。

正しい保湿の方法とは

保湿といえば、化粧水でケアするだけでいいと思いがちですが、それだけでは肌の水分を保つことはできません。間違った保湿の方法と、正しい保湿の方法をみていきましょう。

間違った保湿の方法

やってしまいがちな間違った保湿方法は、次のとおりです。

・化粧水しか使わない
保湿ケアと言えば化粧水のイメージがあるかもしれませんが、化粧水は肌に水分を補給するためのもの。肌の水分の蒸発を抑える働きはないため、乳液やクリームをつける必要があります。乳液とクリームは、肌の表面に油分の膜を張り、水分の蒸発を防ぎます。オールインワンゲルなら、ひとつで化粧水から乳液、クリームの役割を担ってくれて便利です。

・保湿ケアのタイミングを間違えている
保湿ケアは洗顔後にできるだけ早く行います。洗顔後しばらくしてから保湿ケアをしても、十分な効果は期待できません。洗顔後は水分をやさしくふき取ってすぐに保湿ケアをしましょう。時間が経つと肌の水分が失われて肌トラブルのリスクが上がります。

・保湿ケアの順番を間違えている
保湿ケアの基本は、化粧水、美容液、乳液(またはクリーム)の順につけることです。化粧水で水分を補給し、乳液やクリームで水分の蒸発を防ぎます。先に乳液やクリームをつけると、油分に邪魔されて化粧水の成分が肌に浸透しません。保湿効果が高い化粧水を使用しても、順番を間違えると効果が期待できないため注意しましょう。

・肌質に合わない保湿ケアをしている
保湿ケアは、肌質に合わせてアイテムや方法を変えることが大切です。たとえば乾燥肌なのに脂性肌のケアをすると、べたつきが気になる可能性があります。

正しい保湿の方法

正しい保湿の方法は、肌質によって異なります。乾燥肌、脂性肌、混合肌の正しい保湿ケアについてみていきましょう。

・乾燥肌
乾燥肌は、肌が乾燥して刺激を受けやすくなった状態です。水分だけではなく皮脂も不足しているため、化粧水だけでケアをしてもすぐに乾燥してしまいます。化粧水、美容液、乳液(またはクリーム)を順番に丁寧につけていきましょう。顔を温めるイメージでやさしくハンドプレスすることが大切です。

・脂性肌
脂性肌は皮脂が過剰に分泌されている状態です。乳液とクリームの両方をつけると、べたついてしまいます。さっぱりタイプの化粧水と美容液、そして乳液をつけましょう。クリームは乳液よりも油分が多いため脂性肌には向きません。乳液も必要以上につけるとべたつくので注意しましょう。

・混合肌
混合肌は、乾燥肌の部分と脂性肌の部分が混在した状態です。おでこや鼻の周りは脂っぽいのに、口周りやフェイスラインは乾燥していることが特徴です。化粧水を顔全体につけて、乾燥しているところに重ねづけします。化粧水の後は必ず乳液やクリームでフタをしましょう。

肌の保湿力が落ちる理由って?

ターンオーバーの乱れ、加齢、睡眠不足などが原因で肌の保湿力が低下します。詳しくみていきましょう。

・肌のターンオーバーの乱れ
肌は、表皮と真皮、皮下組織で構成されており、表皮はさらに4つの層に分かれています。表皮の最上層の角質層で乾燥を防ぎ、水分を保ちながら紫外線などの外的刺激から肌を守るバリア機能として働いています。

表皮の最下層で作られた肌細胞は、表皮の最上層である角質層へと押し上げられていき、古い角質が剥がれて新しい角質と置き換わります。この一定のサイクルで起こる肌の生まれ変わりの仕組みのことをターンオーバーといいます。ターンオーバーが正常に働くことで、健康な肌が保たれているのです。しかしターンオーバーはストレスや生活習慣、加齢の影響を受けて乱れてしまいます。その結果、古い角質が剥がれずに肌に残ってしまうのです。古い角質が肌に留まることで、肌細胞でセラミドや天然保湿因子が生成されにくく、水分を保つ能力が低いため、化粧水で保湿ケアをしても乾燥しやすくなります。

・加齢
加齢とともにセラミドや天然保湿因子が減少します。そのため肌の水分量が低下するのです。また水分の蒸発を防ぐ皮脂の分泌も減少します。そのため加齢とともに水分を与え、しっかりとフタをする保湿ケアの重要性が高くなっていきます。

・睡眠不足
睡眠中には、身体の細胞を修復・再生するために必要な成長ホルモンが多く分泌されます。そのため睡眠不足だと肌が十分に修復されず、バリア機能が低下して乾燥しやすくなるのです。

肌に保湿が必要な理由

肌には、もともと水分を保つ機能があります。そのため、なぜ保湿が必要なのか疑問に思っている方もいるでしょう。保湿が必要な理由と、保湿しないとどうなるのかみていきましょう。

なぜ肌には保湿が必要?

肌には、もともと水分を保つ機能がありますが、ターンオーバーの乱れや加齢、睡眠不足などで水分を保つ機能が低下するため、保湿ケアで補う必要があります。また洗顔後は肌がデリケートな状態であるため、水分を与えてバリア機能を高めなければなりません。

十分にうるおっている状態の肌は外的刺激に強くなります。逆に水分が足りていないと、少しの刺激で肌の状態が悪くなるのです。

保湿しないと肌はどうなる?

保湿しないと肌の水分が失われ、少しの刺激でダメージを受けるようになります。また次のような肌トラブルのリスクが上がります。

・シミ
肌のバリア機能が低下した状態で紫外線などの外的刺激を受けることで、シミのもとであるメラニン色素が大量に発生します。ターンオーバーで排出しきれなかったメラニン色素は、肌に沈着してシミとなるのです。

・ニキビ
ニキビは、毛穴に古い角質と皮脂が混ざったものが詰まることで発生します。乾燥によって角質が古く硬くなると、毛穴は小さく細くなり、少しの皮脂でも毛穴に詰まるようになります。

・赤み
角質が薄くなり、赤みとして現れることがあります。

・たるみ毛穴
乾燥によって肌のハリが失われ、重力に負けて毛穴が縦長に広がります。進行すると毛穴同士が繋がり、毛穴が目立つようになります。

・小ジワ
表皮の水分が不足して、角質細胞と角質細胞の間を埋めているセラミドなどの成分が減少し小ジワができてしまいます。皮膚が薄い目元や口元にできやすいことが特徴です。

まとめ

保湿ケアは肌を外部刺激から守り、乾燥を防ぐために欠かせません。ターンオーバーの乱れ、睡眠不足、加齢などの原因で保湿力が低下するため、毎日の保湿ケアで水分を補うことが大切です。保湿ケアをしないでいると、肌が乾燥してバリア機能が低下し、様々な肌トラブルのリスクが上がります。きれいな肌を保つためにも毎日正しい方法で保湿ケアをしましょう。

  • Check

保湿のやり方、 正しくできていますか? 肌の保湿方法をおさらい!の関連ページ

保湿のやり方、 正しくできていますか? 肌の保湿方法をおさらい! ページトップへ