>   >   > 

化粧品の成分表示名称の見方を教えます

  • Check

普段何気なく使っている化粧品の全成分表示を見たことがありますか?きちんと理解すれば化粧品の選び方が変わります!成分表示名称の見方のポイントをお教えします。

全成分表示

化粧品の全成分表示とは

化粧品の全成分表示とは、商品の容器または外装に全ての配合成分を表示することです。2001年4月から全成分表示が義務付けられました。たとえサンプルであっても、表示が必要です。この全成分表示の義務付けにより、供給側と購入側それぞれの責任をより明らかにした形になりました。

旧表示指定成分

旧表示指定成分とは、化粧品の場合、旧厚生省が指定した103種類の成分で、体質によって肌に有害な反応を起こす可能性がある成分のことです。

全成分表示の見方

化粧品の容器に記載されている全成分表示をじっくりと見ることはありますか?意識し始めてみるようにしている方の中でも、結局カタカナばかりでどの成分がいいのか分からないというのが現状ではないでしょうか。それでは全成分表示の見方について解説します。

どんな順番で記載されているの?

全成分表示にはルールがあり、配合量の多い順に記載されます。配合量が1%以下のものは順不同でよいことになっています。ただし、キャリーオーバー成分(成分自体の防腐や酸化防止目的などに使われ、最終商品に影響を与えないもの)は、記載の必要が無くてもよいことになっています。

どこに記載されている?

化粧品であれば、容器や化粧箱等分かりやすい場所に記載があります。メーカーや商品によっては、ホームページに全成分表示しているものもあります。ドクターシーラボの場合は下記の商品詳細ページでの確認も可能です。

薬用アクアコラーゲンゲルスーパーモイスチャー商品詳細ページはこちら

全成分表示

成分の気になる危険性

化粧品に使用される成分はその数なんと10,000種類を超えています。なかには体質によってはアレルギーや肌トラブルを引き起こす可能性のあるものも含まれています。本来、肌の健康を保つために毎日使用する化粧品が、健康さえも損ねるトラブルの原因になってしまっては本末転倒ですよね。化粧品に含まれる成分は、慎重に選びたいものです。

ドクターシーラボのフリー処方

ドクターシーラボの化粧品は、成分にも気を遣っています。ドクターズコスメだからこそ気になる成分ですが、ドクターシーラボではお客様に安心して商品をお使いいただくためにいくつものフリーを掲げて商品開発に取り組んでいます。以下がその一部になります。

■無香料
香料には大きく分けて3種類ありますが、合成香料を使用していないということです。
1.天然由来の香料・・・動植物から抽出されたもの。植物由来がほとんどです
2.合成香料・・・化学反応を利用した化合物で香水やオーデコロンにも使われている。
3.混合香料・・・上記の天然由来のものと合成香料を混合した香料。
■無合成着色料
着色料も大きく分けて3つあります。タール色素(合成着色料の一つ)、天然色素(自然界に存在する色素)、無機顔料(無機物質から出来ている)で、これらを使用していないということです。
合成着色料では、代表的なのはタール色素です。カキ氷シロップやジュースなどに使われています。
■無鉱物油
石油系成分である鉱物油を使用していないということです。
■パラベンフリー
旧薬事法で表示が義務付けられた旧表示指定成分に含まれる成分の一つであるパラベンを使用していないということです。パラベンはパラヒドロキシベンゾエート(=パラオキシ安息香酸エステル)の略称で、役割としては「防腐剤」の効果を果たしています。アレルギー、肌トラブル、などの原因とされています。
■アルコールフリー
エタノール、変性アルコール等を使用していないということです。
殺菌効果や、収れん効果もあるため、化粧品によく使用されますが、アルコールは肌への刺激が強く、肌の乾燥や肌刺激を誘発してしまうことがあります。

以上のように、皮膚の専門家がつくったドクターシーラボでは、いくつものフリーを掲げて、できる限り皆様に安心できる商品をお届けしています。化粧品を選ぶのであれば、効果だけではなく、商品を構成している成分の安心感にもこだわりたいですね。

アクアコラーゲンゲルの選び方

  • Check

化粧品の成分表示名称の見方を教えますの関連ページ

化粧品の成分表示名称の見方を教えます ページトップへ